メタルジグを簡単に自作する方法とは?やり方や収納ケースの自作方法もご紹介

釣りをする際にメタルジグを愛用している人も多いのではないでしょうか?実はメタルジグは自作することができます。オリジナルのメタルジグで釣りを楽しみましょう。今回、釣りラボでは、簡単なメタルジグの自作方法などをご紹介いたします!

ライン・釣り糸
スポンサーリンク

そもそもメタルジグとは?

メタルジグ

出典:写真AC

メタルジグは、鉛や鉄、アルミ、ステンレス、タングテンなどの金属素材のボディにカラーリングが施されたルアーです。
メタルジグは淡水、海水を問わず人気のルアーで色々な種類があります。
主なタイプは以下通りです。

  • ノーマルタイプ
  • ショートタイプ(全長が短いタイプ)
  • スロータイプ(平べったい形状)

重さも、数グラムものものから深場用の400グラムといった重いものまであり、魚種や釣り方によってさまざまなタイプがラインナップされています。

スポンサーリンク

実際にメタルジグを自作してみよう!簡単に作成する方法をご紹介

メタルジグ

出典:写真AC

メタルジグを作るには、フック、針金、ボティ素材、カラー塗料、ホログラムシートなどの材料が必要です。
また元となる型を作る必要もあり、型の作成や金属加工など少々技術が必要な作業もありますが、出来るだけ簡単にメタルジグを自作する方法を紹介します。

1.デザインを考える

メタルジグを自作するにあたって、一番最初に決めないといけないのはデザインです。
完全オリジナルのデザインでメタルジグを自作するというのも楽しいものですが、実際には重量バランスや左右バランスなどをしっかりと取る必要があり、少々難しい面があります。

技術面については経験を重ねることでクリア出来るようになりますが、最初は市販されているメタルジグをコピーして自作することが一番簡単です。
メーカーから販売されているメタルジグは、釣果実績が高い色やデザインのものが多く、人気のあるメタルジグのデザインをコピーすれば、最初から釣果を期待できるメタルジグを自作することが出来ます。

2,材料を調達する

メタルジグを自作するには、まずさまざまな材料を準備する必要があります。
主な材料は以下の通りです。

  • ボティの素材(鉛、鉄、アルミ、タングステン、ステンレスなど)
  • フックを取り付けるための針金(ステンレス)
  • ウレタン系カラー塗料
  • ホログラムシート
  • ウレタンコート
  • フック

ボディ素材は鉛以外にも数種類ありますが、加工のし易さを考えると鉛を使用するほうがよいようです。
フックを取り付けるための針金はステンレス製の0.8ミリから1ミリ程度のものを使用します。

メタルジグの塗装用のカラー塗料やホログラムシートなどは、ホームセンターや100均ショップで販売されています。
鉛やフックについては、釣具を取扱っているダイソーでも購入すること出来ます。
鉛については、一度溶かしますのでダイソーで鉛のオモリを購入しましょう。

3.型を作る

メタルジグを自作するためには、土台を作るための型を作る必要があります
市販のメタルジグのデザインをコピーする場合は、元になるメタルジグをそのまま型として使用するか、メタルジグから新しく型を作ります。
新しく型を作る場合は、粘土などでメタルジグの型を取り、そこにシリコンや石膏などを流し込んで型を作ります。

オリジナルデザインの型を作る場合は、おゆまるくんなどのプラスチック粘土を成形するかバルサ材を削りだして型を作ります。

4.アイを作る

アシストフックやラインを取り付けるためのアイは、ステンレスワイヤーを使って自作します。
メタルジグのデザインに合せてカットしたワイヤーを使い、先丸ペンチを使って丸く曲げてアイを作成します。

中通しオモリを叩いてメタルジグを自作する方法も場合は、ステンレスワイヤーをオモリに通してハンマーなどで叩いて固定してからアイを作成します。

5.型を取って土台を作る

作成した型を使って、ホディを素材を作るための土台を作成します。
メタルジグの素材は、溶かした鉛やアルミなどを土台にな流し込んで作るため、土台には耐熱性の粘土や石膏、シリコンなどを使用します。
なお、土台には離型剤パテを塗っておくと、使った型を簡単に取り出すことが出来ます。

6.完成したメタルジグに塗装をする

型枠で作ったメタルジグに塗装をします。
ウレタン系塗料は耐久性が高く、メタルジグの塗装にはおすすめの塗料です。
塗装は、以下の順序で行います。

  • メタルジグのバリなどをヤスリを使って滑らかにする
  • 塗装の乗りを良くするため、表面の汚れを良く拭き取る
  • メタルジグにホログラムシートを貼る
  • 好みのカラーで塗装する
  • コーティング用のウレタン塗料で、表面をコーティングする

表面のウレタンコーティングは、数回に分けて行うと耐久性があがり効果的です。

ボロボロになったメタルジグを再塗装する動画です。

ボロボロになったダイソーメタルジグの再塗装 / Repaint a DAISO metal jig

スポンサーリンク

初めてメタルジグを自作するなら色を付けるだけでもOK

メタルジグ

出典:写真AC

鉛などの金属を型に流し込んでメタルジグを作るのは、少しハードルが高いという場合は、無塗装のメタルジグをネットで購入してオリジナルカラーのメタルジグを自作するのが簡単な方法です。
また、型取りからやりたいけど材料を揃えるのが面倒という方には、メタルジグ作成キットなども販売されていますので、キットを購入して自作する方法もあります。

スポンサーリンク

メタルジグの収納ケースも自作することができる?

メタルジグ

出典:写真AC

メタルジグを収納するケースも簡単に自作できます
ダイソーなどの100均ショップやホームセンターで、仕切りが自由に変えられるタイプのプラスチックケースを使った収納ケースを購入し、メタルジグのサイズやフック、スプリットリングなど区分けして入れられるように仕切れば自作収納ケースの完成です。
また、セキ糸やフック、Oリングなどもを使えばアシストフックの自作も可能です。

スポンサーリンク

メタルジグの自作方法についてまとめ

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「メタルジグを簡単に自作する方法とは?やり方や収納ケースの自作方法もご紹介」というテーマに沿って、

  • そもそもメタルジグとは?
  • 実際にメタルジグを自作してみよう!簡単に作成する方法をご紹介
  • 初めてメタルジグを自作するなら色を付けるだけでもOK
  • メタルジグの収納ケースも自作することができる?

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2021年】釣れるおすすめのメタルジグ8選!選び方・付け方・自作方法もご紹介
メタルジグは海釣りのルアーとして欠かすことのできないアイテムの一つです。今回、釣りラボでは、メタルジグの種類や選び方につ…
アジング用メタルジグおすすめ5選!選び方・タックル・仕掛け・アクションも解説
メタルジグは、アジングにおいて欠かせない仕掛けの一つです。今回、釣りラボでは、アジング用のメタルジグを使うメリットや選び…
【2021年】おすすめのメタルジグケース12選!選び方・自作方法も解説!
メタルジグをそのまま持ち歩いては、コーティングや塗装が剥げる原因になります。それを防ぐには、メタルジグのケースを購入する…
【2021年最新】シーバス用メタルジグおすすめ7選!使い方やアクションも解説!
シーバス釣りで飛距離を出したいときに便利なメタルジグですが、まだまだ他にもメリットがあります。そこで今回、釣りラボでは、…
アシストフックを簡単に低コストで自作する方法を動画付きでご紹介!
アシストフックは、青物などを狙うジギングの際に必要不可欠なフックです。今回、釣りラボでは、アシストフックを自作することに…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン