マズメ(MAZUME)のおすすめバッカンと選び方を紹介!

フィッシングウェア・アイテムで釣り人から高い人気を誇る「マズメ(MAZUME)」。今回、釣りラボでは、マズメ(MAZUME)から販売されているおすすめバッカンをご紹介します。

ロッド・釣竿
スポンサーリンク

マズメ(MAZUME)バッカンのラインナップと選び方

マズメ(MAZUME) オカッパリバッカン MZBK-430-02 ホワイト

マズメ(MAZUME)は、スタイリッシュかつ洗練されたデザインと、高い実用性を兼ね備えたブランドとして幅広い釣り人から人気を集めています。

そんなマズメから発売されているバッカンについても非常に優秀な性能を持っていますが、ここではその特徴とマズメバッカンの選び方について具体的にご紹介します。

マズメから販売されているバッカン

マズメのバッカンは、各種サイズや形状が大きく変わっていますが、どれも使う場面に応じた最適な機能を有しています。
また、総じて高い耐久性を持っており、長年愛用できることも特徴のひとつです。

良い道具を思う存分に使ってこそ趣味を楽しむことができるという方にはうってつけの品物といえるでしょう。

次から、マズメのバッカンを選ぶ際のポイントについて紹介します。

バッカンの選び方・使い方

ひとえにバッカンといっても、生き餌保管やダンゴ作り、ツールケースとしてや釣った魚を保管するなど、数多くの用途があります。
そのため多くの釣り人は2つ以上のバッカンを所有しているものです。

当然、バッカンに求める要素は人それぞれですが、どんな時に使いたいかをイメージして、それに適した形状(サイズや硬さ)を選ぶことが肝心です。
また、価格も大きなファクターになることは確かですが、自分が良いと思う機能や構造を犠牲にしてまで安価な物を選ぶことはオススメできません。

しっかりと自分が欲しい機能を理解して、本当に良いバッカンを選んでいきましょう。

スポンサーリンク

マズメのおすすめバッカン

MAZUME(マズメ) バッカンII MZBK-345-01 ブラック

それでは、マズメがどのようなバッカンを展開しているのか、具体的に紹介します。
自分が使う場面を想像しながら商品を見ていきましょう。

【マズメ(MAZUME)】オカッパリバッカン MZBK-430-02

1つ目のマズメバッカンは、岸釣りで活躍するオカッパリバッカンです。

【マズメ】オカッパリバッカン MZBK-430-02

マズメならではのデザイン性が光るこちらの商品は、岸であちこち移動したいが沢山のアイテムを持っていきたいという方にピッタリのものです。
トレーやミニケース、内ファスナーなど小物を多く収納できる構造をしているため、これ一つあるだけで釣りの快適さが大きく向上するでしょう。

あちこち移動することを考慮して、ややコンパクトなサイズとなっているのも特徴的です。

【マズメ(MAZUME)】バッカンII MZBK-345 ロッドホルダー付き

続いて紹介するのはオフショアでの使用を想定されたマズメバッカンです。

【マズメ】バッカンII MZBK-345

多機能性を第一に考えられており、ロッドホルダーが2つあることやルアーラックを備えていることなど、釣り人の細かいニーズに応えてくれる品物です。

特にルアーラックの存在は、複数のルアーを用いて入れ替わりの激しい使い方をする方には非常に重宝するものとなっています。

もちろん耐久性や安定感も抜群で、釣りの楽しみを増大させてくれるバッカンとなること間違いなしでしょう。

【マズメ(MAZUME)】水くみバケツ MZAS-386-01

こちらは中身が見え、簡単に魚を入れられることが特徴のクリアバケツです。

【マズメ】水くみバケツ MZAS-386-01

水くみバケツとしての基本的なはたらきは十分ですがそれだけではなく、もんどり式形状の蓋を採用しているため蓋の開閉をしなくても魚を入れられることが一番のポイントです。
持ち運びしやすいようにソフトな素材が使われている一方で、水を入れると安定する構造になっている所など、マズメらしい細やかな配慮がなされている良品です。

スポンサーリンク

マズメ(MAZUME)のおすすめバッカンまとめ

MAZUME(マズメ) 観察できる水くみバケツ MZAS-386-01 クリア×ブラック

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「マズメ(MAZUME)のおすすめバッカンと選び方を紹介!」というテーマに沿って、「マズメ(MAZUME)バッカンのラインナップと選び方」「マズメのおすすめバッカン」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼ネットで釣具を買うならAmazonプライム

Amazonプライム会員なら

釣具の配送料が無料になるだけでなく、動画や音楽も利用し放題になります。

初回30日間は無料で試すことができます。
釣具を通販でよく買うという方は、一度体験してみてはいかがでしょうか?

▼「釣具の高価買取」で「新しい釣具の購入資金」をGETするなら【JUST BUY】

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2020年】おすすめコスパ最強のエギングロッド14選|ダイワ・シマノの人気商品は?【初心者必見】
エギングに必須の万能竿であるエギングロッド。初心者から上級者まで幅広いユーザーに利用されています。今回、釣りラボでは、エ…
【2020年】おすすめのベイトリール9選!選び方・使い方・投げ方もご紹介
近年進化が目覚ましいベイトリール。今回、釣りラボでは、ベイトリールの選び方、使い方、投げ方、人気メーカー(ダイワ・シマノ…
【2020年】おすすめシーバスロッド7選!コスパ最強の製品から万能竿までご紹介
近年大人気のシーバス釣りには欠かせないシーバスロッド。初心者向けの釣竿としても人気です。今回、釣りラボでは、シーバスロッ…
【2020年】おすすめアジングロッド12選!コスパ最強の商品からハイエンドまで
アジングロッドを使えば、アジングだけでなく様々な釣りに挑戦できます。今回、釣りラボでは、アジングロッドで釣れる魚、選び方…
【2020年】スピニングリールおすすめ10選!特徴・選び方・使い方もご紹介
スピニングリールは、初心者でも使いやすいリールとして人気が高いです。今回、釣りラボでは、スピニングリールについてその種類…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Facebook・Twitterにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン