【2022年】シマノ(SHIMANO)のおすすめバッカン12選とその選び方をご紹介!

釣りブランドの代表格ともいえるシマノ(SHIMANO)。今回、釣りラボでは、シマノ(SHIMANO)から発売されているバッカンの中からおすすめの商品をサイズ別・機能別に10個厳選してご紹介します。

バッカン・タックルボックス・バケツ ロッド・釣り竿

バッカンの選び方

シマノ(SHIMANO) 水汲み バッカン バッカンEV BK-016Q ブラック 33cm

エサ入れ、水汲み、道具入れなど、釣りのさまざまな場面で活躍するバッカン。
バッカンには、シンプルなもの、1つの機能に特化したもの、多機能なものなど、さまざまな種類があります。

バッカンを選ぶ際は、サイズはどのくらいがよいか、ソフトタイプかハードタイプか、どんな機能が欲しいかなどを検討して選びましょう。
今回はシマノのバッカンについて、サイズと機能別におすすめを10個ご紹介します。

サイズ別シマノのおすすめバッカン4選

シマノ(SHIMANO) 水汲み バッカン EX (ハードタイプ) ブラック 36cm BK-114R

シマノのバッカンのおすすめを、サイズ別にご紹介します。
オールマイティに使うのであれば、33~45cmくらいで選ぶと良いでしょう。
それ以下のサイズだと、水汲みや小魚のキープ専用になります。
バッカンはひとつ上のサイズのものに収納できるようになっているので、複数サイズを組み合わせてもよいでしょう。

33サイズのバッカン

33サイズは標準的なバッカンの中では一番小さい部類になります。
筋力に自信が無い人やコンパクトにやりたい人におすすめです。

シマノ(SHIMANO)

【シマノ】バッカンEV BK-016Q

33cm、36cm、40cmの3サイズがあります。
塩噛みしにくい太番手ファスナー、合体して持ちやすいガチットハンドルなど、シマノのバッカンの代表的な特徴が揃ったシンプルなものです。
ソフトタイプで折りたたむことができます。

36サイズのバッカン

36cmは、バッカンの最も標準的なサイズになります。

シマノ(SHIMANO)

【シマノ】バッカン ネクサス BK-114R

側面に余計な凹凸のない、スッキリとしたデザインのハードタイプバッカン
ハードタイプは自立性がよく、中で餌を混ぜたりするのに向いています。
クールなブラックとホワイトの2色展開です。

40サイズのバッカン

40cmあれば、釣り道具一式収納することができます

シマノ(SHIMANO)

【シマノ】バッカン ハードタイプ BK-112Q

しっかり自立する上質なハードタイプバッカンです。
蓋は取っ手に固定することができて邪魔になりません。
底には立体的なラバーの滑り止めがついています。

45サイズのバッカン

45cmもあるとかなりの大容量で、段ボールレベルになります。
大型の魚を入れたり、仕切りバッカンなどを用いて複数の用途に使用したりできます。

シマノ(SHIMANO)

【シマノ】フィッシュバッカン EV BK-026Q

折りたためるソフトタイプバッカン
側面にエアーポンプ用ポケットがついていて、活かしバッカンとして使用することができます。
蓋は半開き・全開の状態でスナップボタンで固定できます。

シマノ(SHIMANO)

【シマノ】フィッシュバッカン FIREBLOOD ハードタイプ BK-122Q 45〜50cm

堅牢なハードタイプ。
ポンプポケット2個にロッドレスト付き、二重蓋に防水ショルダーベルトと盛りだくさんのバッカンです。

機能別シマノのおすすめバッカン6選

シマノ(SHIMANO) 水汲み バッカン FIREBLOOD ハードタイプ BK-112Q ブラッドレッド 40cm

バッカンには様々な機能のついたものがあります。
シマノのバッカンから、機能に注目したおすすめをご紹介します。

竿受け・ロッドホルダー機能付きバッカン

バッカンの側面に、竿の持ち手を差し込めるロッドホルダーが2~4個ついているものがあります。
このタイプにしておけば、竿の置き場に困ることがありません。
複数のロッドを使い分ける人にも便利です。

シマノ(SHIMANO)

【シマノ】ロッドレスト タックルバッグ BK-021R

ロッドレスト2個付きと4個付きから選べます

折りたたみ式バッカン

折りたたみ式のバッカンは軽量で持ち運びやすいものが多いです。
特に、水汲みに特化したものは何度も上げ下ろしが必要ですから、たいてい小さく軽く、折りたためるようになっています。

シマノ(SHIMANO)

【シマノ】水汲みバッカン BK-053Q 17cm〜21cm

水汲み専用のバッカンです。
引っ掛かりにくい楕円形、水面で傾けるための絶妙なおもり、ロープがねじれない回転ナスカン付きと、水汲みならこれがあればばっちりという一品。

活かしバッカン・キーパーバッカン

生餌を使った釣りで大活躍するのが活かしバッカンです。
活かしバッカンは、その名の通り中で魚を活かしておくことに特化したバッカンで、エアーポンプが搭載できるようになっています。
キーパーバッカン、フィッシュバッカンとも呼ばれます。

シマノ(SHIMANO)

【シマノ】水汲みバッカン ISO BK-081A ホワイト 45cm

活かしに特化したソフトタイプバッカン
エアーポンプ用のファスナー付きサイドケースと、専用の挿入口がついています。

シマノ(SHIMANO)

【シマノ】水汲みバッカン リミテッドプロ BK-121R

こちらはハードタイプです。
ポンプケースにポンプを2台固定することができます
二重蓋で、外蓋は全開・半開・1/4開ができるようになっています。

仕切りバッカン ・クーラー用バッカン

クーラーボックスの中で仕切りとして使うためのバッカンもあります。
バッカンを入れることでクーラー内を綺麗に保ちやすくなります

シマノ(SHIMANO)

【シマノ】クーラー用バッカン スノコ付 ホワイト BK-005M

可能な限り邪魔にならないシンプルなハンドルの付いた仕切りバッカン
中で重ねて使えるスノコが一枚付属しています。

【2021年〜2022年新作】おすすめのシマノのバッカン2選

シマノ EVAタックルバッグ(ハードタイプ) 27L BK-002T グレー

続いて、2022年シーズンに向けた新作の製品をご紹介します。

シマノ(SHIMANO)

【シマノ】EVA タックルバッグ(ハードタイプ)27L

2021年、シマノから発売のタックルバッグになります。

EVA タックルバッグ(ハードタイプ)は、用途に応じてギアBOXやコマセ用のバッカンに使用出来るオールマイティーなバッグです。
ハードEVA仕様ですので、重量のあるギアも収納可能です。

また、別販のトレーを購入すれば、2段式での収納も可能になる便利なタックルバッグです。

シマノ(SHIMANO)

【シマノ】BK-131T 27L

リミテッドプロ タックルバック BK-131T 27Lは、2020年にシマノから発売になったシステムのしっかりしたタックルバッグになります。

EVA素材で製作されているため外傷から強く、専用のインナートレーが付属しますので、コマセバッカンと付けエサ収納として分別が可能です。
ロッドレストも搭載されていますので、タックルを保護出来るのも便利な一品です。

シマノ(SHIMANO)のおすすめバッカンまとめ

シマノ(SHIMANO) 水汲み バッカン フィッシュバッカンEV BK-026Q ホワイト 45cm

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】シマノ(SHIMANO)のおすすめバッカン12選とその選び方をご紹介!」というテーマに沿って、

  • バッカンの選び方
  • サイズ別シマノのおすすめバッカン4選
  • 機能別シマノのおすすめバッカン6選
  • 【2021年〜2022年新作】おすすめのシマノのバッカン2選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】釣りバッカンおすすめ16選!選び方や使い方を徹底解説|ダイワ・シマノの人気商品も
バッカンは、餌・タックルの収納や魚の保管などができる、釣り人には欠かせないアイテムの一つです。今回、釣りラボでは、バッカ...
【2022年】釣りで大活躍のドカットおすすめ8選をモデル別に解説!限定カラーやカスタムも
ドカットはリングスターから販売されているツール・収納ボックスで、釣りやアウトドアにおすすめのアイテムの一つです。今回釣り...
【2022年最新】釣り用バッグおすすめ13選!選び方のポイントも詳しく解説
釣り用バッグはルアーなどのタックルを収納する際にとても便利です。今回、釣りラボでは、釣り用におすすめのバッグをタイプ別に...
【2022年】ダイワ(DAIWA)のおすすめバッカン17選と使い方を徹底解説!
バッカンは釣り人にとって欠かせないアイテムの一つです。今回、釣りラボでは、ダイワ(DAIWA)から販売されているバッカン...
釣り具をスッキリ収納するアイデア4選!部屋・車での自作収納の作り方を徹底解説!
釣りを始めると釣り具がどんどん増えていって、収納する場所や収納方法に困ってしまいますよね。今回、釣りラボでは、そんなお悩...
【2022年】ソロキャンプ向けのワンポールテントおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
ソロキャンパーで、ワンポールテントに興味のある方は必見。今回、キャンプライクでは、ソロキャンプ向けのワンポールテントの特...
【2022年】2人用ワンタッチテントおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
ロープを引くだけで簡単に設営できてしまうテントを探している人は必見!今回、キャンプライクでは、2人用ワンタッチテントの特...