バッカンに取り付ける竿受け・竿立てが便利!メリットやおすすめ商品4選を解説

バッカンは様々な用途で使えることから釣り人必須アイテムのひとつです。そんなバッカンに取り付けることができる竿受けをご存じでしょうか?今回、釣りラボでは、バッカン取付竿受けについておすすめ商品などを詳しく解説していきます。

ロッド・釣竿
スポンサーリンク

そもそもバッカンとは?

バッカン

出典:写真AC

釣りのアイテムとして知られているバッカンですが、そもそもバッカンとは何でしょうか。
実は、建設現場でのコンテナ箱や、軍隊での物資運搬のためのアルミ缶もバッカンと呼ばれます。
つまりバッカンは、「しっかりした丈夫な入れ物」を指す言葉です。
この記事では、釣りの現場で頼りになるバッカンの使い方やオススメの商品について、ご紹介します。

使い方・使い道

バッカンの使い方や使い道について、ご説明します。

バッカンの使い方は、多種多様です
釣りに行くときは道具入れ、そして釣りの場では竿置き、餌作りバケツ、活きた魚入れ、水汲み用バケツ、釣りから帰る際には、釣った魚入れ、濡れた道具入れなどと、さまざまな使い方・使い道があります。

バッカンの機能性

さまざまな使い道のあるバッカンですが、近年は便利な機能がついているものが増えています

例えば、竿受けや竿立てがついているものがあります。
釣った魚から針を外すときや、ラインをカットするときに竿を固定してくれるものです。

また、取っ手に長めのロープがついているものがあります。
これは、防波堤などの高い場所から海水を汲むためのものです。

このように、バッカンの使い方が広がるとともに、機能性がアップしています。

スポンサーリンク

バッカンに取り付ける竿受けが便利!

バッカン

出典:写真AC

たくさんの使い道があるバッカンですが、バッカンに取り付ける竿受けも併せて活用すると、さらに重宝します。
バッカン竿受けは、釣りを長くやっている人ほど使う人が多い、一度使ったら便利でやめられない道具です。
どのような道具なのか、詳しく見ていきましょう。

特徴・メリット

バッカンに取り付ける竿受けは、ロッドホルダーや竿掛けとも呼ばれています。
その特徴や、バッカンに竿受けを取り付けるメリットについてお話しします。

特徴1:釣り竿やリール、釣り針を傷つけずに置ける

1つ目のメリットは、釣り竿やリール、釣り針を、傷つけることなく置いておけるということです。

コンクリートの釣り場に竿を直置きすることで、リールや釣り針、仕掛けにも細かい傷がついてしまいます。
バッカンに竿受けがあればそこが置き場所となり、傷がつくのを防いでくれます

特徴2:餌付けや仕掛けが楽になる

2つ目のメリットは、餌付けや仕掛けの作業が楽になることです。
バッカンに竿を置けると、両手が自由になり、また地面から高さが確保されることで、針に餌や仕掛けを付ける作業がとても楽になります。

特徴3:竿を置くことで休憩ができる

3つ目のメリットは、竿を置くことで休憩ができるということです。

同じ姿勢で長時間アタリを待つのは、腕や腰などに負担がきます。
バッカンに竿受けがあれば、立ち上がって休憩する、ドリンクや軽食をとる、といったことがしやすくなります。

竿受けの種類

次に、バッカンに取り付けられる竿受けの種類と、その特徴についてご説明します。

釣り竿横置きタイプ

バッカンの上部分や側面に取り付けて、釣り竿がバッカンの上に横置きになるタイプです。
クリップのように、バッカンに手軽に取り付けられる商品が出ています。

釣り竿立てタイプ

筒状の竿受けをバッカンの側面に取り付けて、釣り竿が立てた状態になるタイプです。
釣り竿を複数持っていきたい場合にもおすすめです。

スポンサーリンク

おすすめのバッカン取付竿受け4選を紹介!

ダイワ ロッドクリップ B段差セット ブルー

おすすめのバッカン取付竿受けを、種類別に紹介します。

横置きタイプのオススメ2選

竿を横にする「横置きタイプ」のオススメ竿受けをご紹介します。

【第一精工】カケ太郎1号

バッカンの側面に、ネジまたは接着剤で取り付けて使用します。
使用しないときは畳んでおけるので、バッカンの持ち運び時に邪魔になりません。

【ダイワ】ロッドクリップ B段差セット

バッカンの上部にはさむだけで使えるタイプの中では、しっかり竿をホールドしてくれます。
高さに差のあるクリップ2個セットですので、少し斜めに竿をセットすることができます。

竿立てタイプのオススメ2選

竿を立ててホールドする「竿立てタイプ」のオススメ竿受けをご紹介します。

【ダイワ】CPキーパー ホワイト

台座をバッカンに固定し、竿立て部分は取り外しができるタイプです。
細めのタイプなので、竿の太さを確認してから購入することをオススメします。

【タカ産業】ガッチリロッドホルダー T-168

バッカンの縁に引っ掛けて使うタイプですので、ネジ穴をあける必要がなく、気楽に使えます

スポンサーリンク

【2021年新作】おすすめのバッカン取付竿受け

第一精工ロッドホルダー(竿受け) スーパーパイプ受太郎プラス 釣り

続いて、2021年に発売された最新のバッカンに取り付けられる竿受けをご紹介します。

【第一精工】スーパーパイプ受太郎プラス

2021年6月、第一精工から発売のロッドホルダー(竿受け)です。

このロッドホルダーの最大の特徴は、取り付け場所の多様性にあります。
バッカン、クーラーボックス、防波堤車止め・安全柵へのグリップ挟み固定が可能なところです。

また、角度調整も自在でロッドの角度・向き・グリップ角度など、取り付ける物や場所によって多彩に調整可能になります。

スポンサーリンク

竿受けの取り付け方

ダイワ(Daiwa) CPキーパー ホワイト

バッカンへの、竿受けの取り付け方をご紹介します。

ネジ穴をあけて使うタイプについては、取り付けるバッカンの壁の厚さが、ネジよりも厚いことを確認します。
取り付ける場所を決めて、マスキングテープなどで仮止めしてからネジで固定していきます。
取り付ける場所ですが、長方形のバッカンの長い面にするか、短い面にするかは、使い勝手やバッカンのデザインで決めることになります。

クリップでとめるタイプは、バッカンの蓋をあけたところに差し込むだけで済みます。
竿をはさむ部分がゴム製のことが多いので、ゴムの部分ではなく、差し込む部分を持って着脱するようにしましょう。

スポンサーリンク

バッカン取付竿受けは自作・代用できる?

タカ産業 ガッチリロッドホルダー T-168

ここまで、バッカン取付竿受けの商品やその取付方法を見てきました。
商品を見ていると、作りは単純であり、いわば「物干し竿」を支える物干し竿受けのようなものであればいいのではないか?と思う方もいるかもしれません。
まさにその通りで、バッカン取付竿受けは自作できるのです。

自作の竿受けの中で、最もシンプルな形は「洗濯ピンチ」です。
そこから、もう少し角度をつけたり、竿が触れる部分を滑りにくいものにしたりなど、自分にとって使いやすい形へ加工していくといいでしょう。

スポンサーリンク

竿受けが取り付けやすいバッカンの選び方

シマノ(SHIMANO) 水汲み バッカン EX (ハードタイプ) ブラック 40cm BK-114R

ここまで、バッカンに竿受けがあると使い勝手が良いことや、竿受けがバッカンにもともとついていなくても後付けできること、竿受けが自作できることなどをご説明しました。
最後に、竿受けが取り付けやすいバッカンの選び方についてお話しします。

竿受けが、ネジで固定するタイプであれ、クリップで挟むタイプであれ、ソフトな折りたためるバッカンではなく、ハードなタイプを選びましょう。
竿の重さを受け止めるには、自立するハードなものである必要があります
竿受けが取り付けやすいバッカンの、オススメの商品をご紹介します。

【シマノ】EX (ハードタイプ) BK-114R

コマセ餌作りには、しっかり自立するハードタイプのバッカンが向いています。
こちらはハードタイプで、シンプルな作り、シマノならではの持ちやすい取っ手で、使いやすい商品です。

【ダイワ】LT タックルバッグ S40(C)

しっかりした作りの、ダイワのタックルバッグです。
もともと簡易なロッドホルダーが側面についているタイプですが、蓋をあけたところに横置きタイプの竿受けを取り付けられます。

スポンサーリンク

バッカン取付竿受けのまとめ

第一精工ロッドホルダー(竿受け) カケ太郎1号 釣り ブラック

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「バッカンに取り付ける竿受け・竿立てが便利!メリットやおすすめ商品4選を解説」というテーマに沿って、

  • そもそもバッカンとは?
  • バッカンに取り付ける竿受けが便利!
  • おすすめのバッカン取付竿受けを紹介!
  • 竿受けの取り付け方
  • バッカン取付竿受けは自作できる?
  • 竿受けが取り付けやすいバッカンの選び方

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

バッカンに取り付ける竿受け
さらに探すならこちら!

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2021年】シマノのリールおすすめ人気ランキング11選!特徴やコスパ最強の新製品も
シマノのリールは、多くの釣り好きに愛されるリールであり、ダイワのリールに並んで非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、…
【2021年】ダイワのリールおすすめ人気ランキング11選!特徴やコスパ最強の新製品も
ダイワのリールは、多くの釣り好きに愛されるリールであり、非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、ダイワのリールの特徴、…
【2021年】おすすめコスパ最強のエギングロッド16選|ダイワ・シマノの人気商品は?【初心者必見】
エギングに必須の万能竿であるエギングロッド。初心者から上級者まで幅広いユーザーに利用されています。今回、釣りラボでは、エ…
【2021年】コスパ最強のベイトリールおすすめ人気ランキング11選!使い方・投げ方
近年進化が目覚ましいベイトリール。今回、釣りラボでは、ベイトリールの選び方、使い方、投げ方、人気メーカー(ダイワ・シマノ…
【2021年】シーバスロッドおすすめ人気9選!コスパ最強の製品から万能竿まで
近年大人気のシーバス釣りには欠かせないシーバスロッド。初心者向けの釣竿としても人気です。今回、釣りラボでは、シーバスロッ…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン