【2022年】ティクト(TICT)のおすすめバッカン4選!選び方やインプレをご紹介

アジング・メバリング用品として釣り人から高い人気を誇る「ティクト(TICT)」。今回、釣りラボでは、ティクト(TICT)から販売されているおすすめバッカンをご紹介します。

バッカン・タックルボックス・バケツ ロッド・釣り竿

ティクト(TICT)のバッカンについて

ティクト ライトゲームコンパクトバッカン2 ブラック

釣りには欠かせないバッカン。
バッカンには、荷物を持ち運ぶだけではなく、釣った魚をキープしたり、撒き餌を混ぜたりと色々な使い道があります。
ここでは、ティクトのバッカンについてご紹介していきます。

ティクトとは

ティクトとは、高知県にある釣具メーカーです。
主にライトゲーム製品を開発・販売しています。
特にアジング・メバリング製品に関しては、草分け的存在となっています。

アパレルブランドとのコラボ商品もあり、デザイン性の高さも魅力の一つです。

バッカンの選び方・使い方

バッカンの選び方は、使用目的で決めるのがポイントです。

例えば、水汲み用に使いたい場合は、小さめのソフトタイプのものがよいでしょう。
大きいサイズのものだと、水を汲んだ時に重くなってしまいます。
ハードタイプのバッカンは折りたためませんが、ソフトタイプだと使わない時は折りたたんでコンパクトに収納できるので便利です。

荷物を収納したい、魚をキープしたいなど、バッカンの使い方は人によって様々です。
自分の使い道に合ったサイズ・タイプ・機能を選んでいくと、ぴったりのバッカンが見つかるでしょう。

ティクトのおすすめバッカン【特徴・インプレ】

ティクト(TICT) コンパクトライブバケツII ホワイト

それでは、ティクトのバッカンの特徴とインプレをご紹介していきます。

【ティクト(TICT)】ライトゲームコンパクトバッカン2

ティクトのバッカンには、ライトゲーム向けのものもあります。

A4用紙より少し大きい程度のサイズですが、収納力はばっちりです。
取り外し可能なポーチと小物用トレーが標準搭載されており、装備を変えたいときは、ポーチとトレーを取り外して中身を入れ替えればいいだけなので、とても使い勝手がよいです。
100均の収納用品などを使って、使いやすいように中を改造するのもおすすめです。

また、ロッドホルダーが4本分ついているのも特徴です。
ロッドだけでなく、プライヤーなどすぐ使いたいものを置けるのが便利です。

【ティクト(TICT)】コンパクトライブバケツII

釣った魚を活きたまま保てるバケツもティクトから販売されています。

活かし蓋だけではなく5mのロープも付いているので、スカリにも水汲みにも使うことができます。
釣った魚をこのバケツで一時保管し、その後バケツごと他のクーラーボックスに入れるという使い方もできます。

【ティクト(TICT)】ホルダーバケツ2

上記のコンパクトライブバケツよりもやや大きいサイズのものもあります。

このホルダーバケツ2には、活かし蓋とロープだけではなくロッドなどを立てられるホルダーが付いているのが特徴です。
ロッドホルダーは1本分ですが、付いていると何かと便利です。
手持ちのハンドルがしっかりしているので、水を汲んだりして中身が重くなっても持ちやすいです。

【2021年〜2022年新作】おすすめのティクトのバッカン1選

続いて、2021年シーズンに向けた新作の製品をご紹介します。

【ティクト】フォールディングライブバケツ クリア

2020年、ティクトから発売の水汲みバケツです。

フォールディングライブバケツ クリアは、折り畳んでバッカン内に収納できる、5mのロープ付水汲みバケツです。
同社のライトゲームコンパクトバッカンにピッタリ納まる寸法設計です。

折り畳むだけではなく、釣行時はバッカン内でギア分別収納用としても活用可能です。
上蓋はファスナー付ですので、徒歩移動や車移動時でも水撥ね対策はバッチリです。

ティクト(TICT)のおすすめバッカンまとめ

ティクト ホルダーバケツ2 ブラック

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】ティクト(TICT)のおすすめバッカン4選!選び方やインプレをご紹介」というテーマに沿って、

  • ティクト(TICT)のバッカンについて
  • ティクトのおすすめバッカン【特徴・インプレ】
  • 【2021年〜2022年新作】おすすめのティクトのバッカン1選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】シマノのリールおすすめ人気ランキング11選!特徴やコスパ最強の新製品も
シマノのリールは、多くの釣り好きに愛されるリールであり、ダイワのリールに並んで非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、...
【2022年】ダイワのリールおすすめ人気ランキング12選!特徴やコスパ最強の新製品も
ダイワのリールは、多くの釣り好きに愛されるリールであり、非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、ダイワのリールの特徴、...
【2022年】リールおすすめ人気ランキング17選|選び方・使い方・糸巻きのやり方
リールは、釣りをするに当たって必要不可欠な釣具です。今回、釣りラボでは、リールの選び方・種類・使い方・糸の巻き方・下巻き...
【2022年】おすすめのルアー17選を種類別に紹介!選び方・結び方・付け方も解説
ルアーとは、簡単に言えば擬似餌のことです。このルアーを使ったルアーフィッシングはとても人気があります。今回、釣りラボでは...
【2022年】おすすめコスパ最強のエギングロッド22選|ダイワ・シマノの人気商品は?【初心者必見】
エギングに必須の万能竿であるエギングロッド。初心者から上級者まで幅広いユーザーに利用されています。今回、釣りラボでは、エ...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

バッカン・タックルボックス・バケツ
釣りラボマガジン