【2020年】ロックフィッシュ用ベイトリールおすすめ8選!コスパ最強の製品をご紹介

引きが強いロックフィッシュ釣りに、パワーのあるベイトリールを使う方が増えています。今回、釣りラボでは、ロックフィッシュ用のベイトリールの選び方やおすすめのリール、2020年の新製品、ラインをまとめて紹介!ぜひご覧ください。

リール ロックフィッシュ
スポンサーリンク

ロックフィッシュにベイトリールを使っても良いの?

ダイワ(Daiwa) ベイトリール ブレイゾン 100HL

ロックフィッシュゲームは、ターゲットや使用するタックルによって「ライトロックフィッシュゲーム」と「ハードロックフィッシュゲーム」に分類されます。

ライトロックフィッシュゲームは、ライトタックルを使って25cm程度のロックフィッシュをターゲットとする釣り方です。
そして、ハードロックフィッシュゲームは、強力なタックルで大物のロックフィッシュを狙います。

このロックフィッシュには、ルアーに食いつくと根などに潜ろうとする性質があります。
なので、特にハードロックフィッシュゲームにおいては、素早い巻き上げができてパワーのあるタックルが求められます。

スピニングリールはトラブルが少なく初心者でも使いやすいですが、巻き上げ力とパワーの点においては、ベイトリールを使うメリットは大きいです。

ベイトリールを使うメリット

ロックフィッシュゲームでベイトリールを使うメリットは、上述した通り、巻き上げが早いということとパワーゲームに向いているという点が挙げられます。

他にも、太いラインを使っても飛距離に影響しにくい、ボトムの状況がダイレクトに伝わる、手返しよく攻められるなどといったメリットもあります。

ベイトリールを使うデメリット

一方、ロックフィッシュゲームにベイトリールを使うデメリットは、バックラッシュが起きやすいという点です。
特にPEラインを使った場合、バックラッシュとなると修復が難しくなってしまいます。

また、スピニングリールと比べて飛距離が出にくい、初心者は練習が必要などのデメリットも挙げられます。

ベイトリールで狙える魚

地域によって多少違いはありますが、ベイトリールで狙えるロックフィッシュは、アイナメ、カサゴ、キジハタ、ソイなどです。

スポンサーリンク

ロックフィッシュ用ベイトリールの選び方・ポイント

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 17 バスワン XT 150/151 右ハンドル/左ハンドル

それでは、ロックフィッシュ用のベイトリールの選び方とポイントをご紹介します。

選ぶポイント1:サイズ・番手

ベイトリールのサイズや番手は、どのラインをどの程度巻きたいかで選ぶとよいでしょう。
ロックフィッシュゲームでは、16lb(4号程度)のフロロカーボンやナイロンラインを使うことが多いです。
これらのラインが80~100m巻けるサイズのベイトリールがおすすめです。

もしPEラインを使う場合は、1.5~2号が100m以上巻けるものがよいでしょう。

選ぶポイント2:リールの重さ

一般的にリールが軽いほど疲れにくく細かな操作が可能であるとされています。
ただし、根掛かりも起こりやすいようなロックフィッシュでは、リールの剛性も大切です。

高剛性のリールとなると、金属製のものが候補に挙がります。
金属製のリールは重量感のあるものが多いですが、ある程度重さはあっても剛性の高いリールを選ぶことをおすすめします。

また、ロッドとのバランスも考えて、リールの重さを選ぶのもよいでしょう。

選ぶポイント3:ギア比(ハイギア)

ギア比とは、ハンドルを1回まわしたときにスプールが何回転するかを表します。
「ギア比6.5」なら、ハンドルを1回転させたらスプールが6.5回転するという意味です。
ギア比が5以下のリールはローギア、ギア比6前後だとノーマルギア、ギア比7以上ではハイギアと呼ばれます。

上でもご説明した通り、ロックフィッシュゲームでは、素早い巻き上げが求められます。
そのためには、ハイギアタイプのリールがおすすめです。
ギア比7.1以上で、1回の巻き取り量80cm以上のものがよいでしょう。

選ぶポイント4:最大ドラグ力

ロックフィッシュで使うベイトリールでは、最大ドラグ力が最低でも5㎏以上、理想は7kg以上あるものがおすすめです。

選ぶポイント5:スプール径

スプール径は、上でお伝えした16lb程度のフロロカーボンやナイロンラインが100m以上巻けるサイズを選ぶとよいでしょう。

選ぶポイント6:デザイン・形状

ロックフィッシュで使うベイトリールは、海水対応モデルを選びましょう。
また、剛性の高い金属製のものや特殊樹脂製のリールがおすすめです。

スポンサーリンク

おすすめのロックフィッシュ用ベイトリール6選!

アブガルシア(Abu Garcia) ベイトリール REVO ビッグシューターコンパクト BIGSHOOTER COMPACT

それでは、ロックフィッシュ用のベイトリールのおすすめをご紹介していきます。

初心者におすすめのロックフィッシュ用ベイトリール2選

初心者の方には、次の2点のベイトリールがおすすめです。

【ダイワ】ブレイゾン

ダイワのベイトリールのエントリーモデルです。
ロックフィッシュでも使うことができるスペックで、剛性も十分です。

【シマノ】17バスワンXT

7000円以下で購入できる安いモデルですが、海水対応で基本的な性能は十分です。
これからロックフィッシュを始めたい方におすすめです。

中級者におすすめのロックフィッシュ用ベイトリール2選

中級者の方におすすめのベイトリールは次の2点です。

【アブガルシア】REVOビッグシューターコンパクト

高剛性のフルメタルボディと大口径のドライブギヤで、大物にも対応できるモデルです。
ハードロックフィッシュに挑戦したい方にピッタリです。

【シマノ】スコーピオン17DC

DCブレーキにより、バックラッシュを起こりにくくしたり飛距離を伸ばしたりできます。
ライトロックフィッシュ向きで、初心者から中級者の方におすすめのモデルです。

上級者におすすめのロックフィッシュ用ベイトリール2選

上級者の方には、次の2点のベイトリールをおすすめします。

【シマノ】メタニウム16MGL

シマノのバーサタイルベイトリールのハイエンドモデルです。
NEWマグナムスプールが搭載され、快適に飛距離を伸ばすことができます。
幅広いフィールドで楽しみたいベテランアングラーにおすすめです。

【ダイワ】HRFソニックスピード

ハードロックフィッシュ専用のモデルです。
ギア比9.1という抜群のハイギア設定となっており、根に潜られる前に素早くキャッチすることができます。
TWSによって、ロングキャストも可能になりました。

スポンサーリンク

【2020年新作】おすすめのロックフィッシュベイトリール2選

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸 17 スコーピオン DC 100(右)/101(左)/100HG(右)/101HG(左) シーバス ロックフィッシュ

2020年最新のロックフィッシュベイトリールの中から、おすすめの商品を2つご紹介します。

【ダイワ】タトゥーラ20 SV TW

タトゥーラシリーズの中でも最軽量かつコンパクトに進化し、疲れにくく操作性も向上しました。
ハイスペックな性能で、ストレスを感じないバーサタイルモデルとなっています。

【ダイワ】20HRF PE SPECIAL

ロックフィッシュ専用のベイトリールです。
自重195gと軽量で、TWS搭載により遠投性も期待できます。

/

スポンサーリンク

ロックフィッシュ用ベイトリールにおすすめのライン2選

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 16 メタニウム MGL HG 右ハンドル/左ハンドル

最後に、ロックフィッシュでベイトリールを使う際に、おすすめのラインを2点ご紹介します。

【クレハ】ラインシーガーR18フロロリミテッド

多くのアングラーから支持されているフロロカーボンラインです。
強度が高く、しなやかで劣化しにくいのが特徴です。

【モーリス】バリバス ソルトウォーターVEP

従来よりも約20倍耐摩擦性が向上しているナイロンラインです。
そのため、根ズレや擦れが心配なロックフィッシュにうってつけです。

スポンサーリンク

おすすめのロックフィッシュベイトリールについてまとめ

ダイワ(DAIWA) ベイトリール 18 HRF SONIC SPEED (右/左ハンドル) (2018モデル)

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2020年】ロックフィッシュ用ベイトリールおすすめ8選!コスパ最強の製品をご紹介」というテーマに沿って、「ロックフィッシュにベイトリールを使っても良いの?」「ロックフィッシュ用ベイトリールの選び方・ポイント」「おすすめのロックフィッシュ用ベイトリール6選!」「【2020年新作】おすすめのロックフィッシュベイトリール2選」「ロックフィッシュ用ベイトリールにおすすめのライン2選」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ロックフィッシュとは?釣り方のコツやおすすめタックル・仕掛けをご紹介
ロックフィッシュ釣り(ゲーム)は、近年とても人気が上昇している釣りの一つです。今回、釣りラボでは、ロックフィッシュ(根魚…
【2020年】おすすめのロックフィッシュロッド12選|ダイワ・シマノの人気商品も
ロックフィッシュロッドは、人気の根魚を狙うことができます。今回、釣りラボでは、ロックフィッシュロッドの特徴、選び方、人気…
【2020年】ロックフィッシュワームおすすめ8選!選び方やコスパ最強の製品をご紹介
ロックフィッシュ釣りにはワーム(ソフトルアー)が使われることが一般的です。今回、釣りラボでは、選び方からおすすめのロック…
【2020年】おすすめのベイトリール9選!選び方・使い方・投げ方もご紹介
近年進化が目覚ましいベイトリール。今回、釣りラボでは、ベイトリールの選び方、使い方、投げ方、人気メーカー(ダイワ・シマノ…
【2020年】ジギングにおすすめのベイトリール8選!コスパ最強の製品をご紹介
オフショアジギングには、一般的にスピニングリールが使われますが、近年ベイトリールを使う方も増えています。今回、釣りラボで…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Facebook・Twitterにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン