バリバス(VARIVAS)のおすすめバッカン6選!選び方や人気の商品をご紹介

釣糸を始めとしたタックルで高い人気を誇る「バリバス(VARIVAS)」。今回、釣りラボでは、バリバス(VARIVAS)から発売されているおすすめのバッカンを6つ厳選してご紹介します。ぜひ最後までご覧ください。 

バス釣り
スポンサーリンク

バリバス(VARIVAS)バッカンのラインナップと選び方

バッカン

出典:写真AC

バリバスは、2020年に創業40周年を迎えた釣具の老舗モーリスのブランドです。
バリバスと言えばラインが有名ですが、実はバッカンも販売されています。

バリバスから販売されているバッカンのラインナップ

バリバスにはバッカンのシリーズがあり、キーパーバッカン、ハードバッカン、セミハードバッカン、水汲みバッカン、エサバッカンといったラインナップになっています。

バッカンの選び方

バッカンにはたくさんの種類があるので、どれを選んだらよいのか迷ってしまうこともあるかと思います。

バッカンの選び方のポイントは、「どのように使いたいか」です。
水汲みに使いたい場合は小さめのソフトタイプのもの、荷物の収納用に使いたい場合は収納力のあるもの、といったようにご自分の使用目的によって選ぶのがよいでしょう。

スポンサーリンク

【通販で買える!】バリバスのおすすめバッカン6選

バッカン

出典:写真AC

それでは、バリバスのバッカンのおすすめをご紹介していきます。
全て通販で購入できるので、取り扱っている店舗がお近くになくても大丈夫です。

セミハードバッカン

バリバスにはセミハードバッカンもあります。

【バリバス】セミハードバッカン 33cm VABA-46

このセミハードバッカンの特徴は、上蓋にあります。
上蓋の開閉が2段階固定式になっていて、風が強い日に蓋を開けたら蓋がバタバタしてしまうという問題を解決してくれます。
内側にシャク立てが付いているのも便利ですね。

ハードバッカン

ハードタイプのバッカンも取り扱っています。

【バリバス】ハードバッカン 40cm VABA-44

バリバスのハードバッカンには、2種類のサイズがあります。
内側が鏡面仕上げとなっているので、汚れてもきれいに洗いやすいです。
セミハードバッカンと同じように、上蓋が2段階固定式になっています。

タックルバッカン(竿受け・ロッドホルダー付き)

バリバスのタックルバッカンには便利なロッドホルダーが付いているものがあります。

【バリバス】タックルバッグ 36cm VABA-66

ロッドホルダーが両サイドに装備されており、蓋を開けたままにできる倒れ防止ベルトが付いている点が便利です。
他にも小物用の移動式トレーが内蔵されていて、機能性は抜群です。
エリアトラウトでも使いやすいです。

水汲み・活かしバッカン

荷物用のバッカンだけではなく、水汲み・活かしバッカンもあります。

【バリバス】水くみバッカン 18cm VABA-49

オモリが付いているので、水を汲もうとしてもバッカンが浮いてしまってうまく水が汲めないという問題を避けることができます。
ロープに滑り止めが付いているので、手が濡れていても持ちやすいです。
使わない時は、コンパクトに収納できます。

エサバッカン

他にも、エサバッカンもあります。

【バリバス】エサバッカン M VABA-51

MサイズとLサイズの2種類あります。
Lサイズの方は中に2つに分けられる仕切りが付いているので、2種類のエサを入れることができます。

特筆すべきは、蓋が皿状になっていること。
この蓋をエサの一時置きとして使うことができます。

システムケース(ワカサギ用)

最後にご紹介するのは、バリバスのシステムケースです。

【バリバス】公魚工房 システムケース VABA-54

バリバスの中でもワカサギ釣りに特化したシリーズ、公魚工房。
公魚工房のシステムケースは、蓋が透明で中身がわかりやすいのが特徴です。
小物の仕分けに便利な収納ケースが付いています。

スポンサーリンク

バッカンの改造・カスタム方法

バッカン

出典:写真AC

バッカンの改造・カスタム方法は色々あります。
100均の商品を使ったりしてカスタムする方法もありますが、専用のものを使うのもおすすめです。

バリバスの場合は、セパレートバッカンやシャク立てホルダーというカスタム用商品も販売されています。
同じブランドで揃えると、ジャストサイズになるのでスッキリしますね。

スポンサーリンク

バリバス(VARIVAS)のおすすめバッカンまとめ

バッカン

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「バリバス(VARIVAS)のおすすめバッカン6選!選び方や人気の商品をご紹介」というテーマに沿って、「バリバス(VARIVAS)バッカンのラインナップと選び方」「【通販で買える!】バリバスのおすすめバッカン6選」「バッカンの改造・カスタム方法」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2020年】釣りバッカンおすすめ12選!選び方や使い方を徹底解説|ダイワ・シマノの人気商品も
バッカンは、餌・タックルの収納や魚の保管などができる、釣り人には欠かせないアイテムの一つです。今回、釣りラボでは、バッカ…
おすすめのハードバッカンをサイズ別(40~33)やブランド別に紹介!
バッカンは素材の硬さによって用途や使い勝手などが大きく異なってきます。今回、釣りラボでは、硬い素材で出来ているハードバッ…
バス(ブラックバス)釣りのコツを徹底解説!おすすめのルアー・仕掛けなどもご紹介
釣り初心者で、バス釣りに挑戦したいが難易度が高いと考えてる方も多いのではないでしょうか?今回、釣りラボでは、バス釣り初心…
【2020年】活かしバッカンおすすめ9選をタイプ別に紹介!ダイワ・シマノの人気商品や自作方法も
活かしバッカンは、釣った魚や生エサの保管などができる、釣り人には欠かせないアイテムの一つです。今回、釣りラボでは、活かし…
おすすめの水汲みバッカン5選を紹介!役割や選び方のポイントも解説
バッカンは様々な道具を仕舞うことができとても便利ですが、水汲みとしても使える便利なバッカンがあることをご存じでしょうか?…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン