【2022年】エリアトラウト反則ルアーおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も

エリアトラウトで反則ルアーを使えば、魚をたくさん釣ることができます。今回、釣りラボでは、エリアトラウト反則ルアーの特徴、おすすめのエリアトラウト反則ルアー、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品のエリアトラウト反則ルアーをご紹介します。

ルアー 初心者

エリアトラウト反則ルアーの選び方

ラッキークラフト(LUCKY CRAFT) ルアー マイクロクラピーDR ピリピリサウザン

エリアトラウトは初心者でも手軽に始められることから大人気の釣りです。
管理釣り場とも呼ばれその名の通り、人為的に魚を放流して管理された場所のことをいいます。

エリアトラウトではさまざまなルアーを使い攻略していくので、考えて釣れた時の喜びはアングラーを夢中にさせ虜にします。

ここからエリアトラウトで反則級に釣れるための、ルアー選びのポイントをご紹介します。

選ぶポイント1:ルアーの種類

エリアトラウトで主に使用される基本ルアーが3種類あります。
まずはこのルアーの特徴を押さえ、釣り場の状況に対して合わせていきましょう。

スプーン

エリアトラウトにおいて定番のルアーがスプーンです。
その名の通りスプーンのように丸みを帯びた形状で、サイズは1.0g前後から5.0g前後までラインナップされています。

スプーンは、ただ巻くだけで泳いでくれるので初心者の方でも扱いやすい反則ルアーです。

クランクベイト

クランクベイトはリップが付いているためスナッグレス性能が高く、またボディを震わせながら泳ぐためアピール力が高いルアーです。

クランクは風が強い日に有効です。
スプーンを使用して釣れない時や、釣り場のコンディションが悪い時に有効なルアーになります。

ミノー

ミノーは小型の魚をイミテートして作られたルアーです。
ただ巻きでボディを小刻みに揺らしアピールしますが、アングラーのロッドワーク次第で泳ぎに変化を与えることもできます。
また大型サイズのトラウトを狙う時に一番有効なルアーです。

選ぶポイント2:ルアーの重さ

エリアトラウトで使用するルアーの重さは、状況や場所によって臨機応変に変えることが重要です。

エリアトラウトの魚はルアーに慣れているので、スレた魚を釣るためにゆっくりとルアーを動かすことが多いです。
こういった場合は0.5gから2g程度の軽い重さのルアーを選択しましょう。

エリアトラウト反則ルアーおすすめ人気6選【コスパ最強】

Rodiocraft(ロデオクラフト) NOA(ノア) 1.8g #27蛍光R/ゴールド

ここからは実際に、エリアトラウトで爆釣の反則ルアーをご紹介します。
実績が高いものや、ランキング上位の人気商品を6つ厳選しました。
ぜひ参考にしてみてください。

ラッキークラフト(LUCKY CRAFT)

【ラッキークラフト】マイクロクラピー

エリアトラウトのルアーで人気なクラピーのサイズダウンモデルです。
食わせ能力が高いルアーなので、他のルアーを投げて反応がない時に頼もしい反則ルアーです。

Rodiocraft(ロデオクラフト)

【ロデオクラフト】ノア

エリアトラウトで定番のスプーンです。
投げて巻くだけで釣れるため、まさに反則ルアーと言えます。
ウェイトの種類が豊富なため、フィールドの状況に合わせて選びましょう。

ムカイ(Mukai)

【ムカイ】ZANMU

くの字に曲がり特徴的な形状をしたトラウトルアーです。
このルアーのコンセプトが「ただ巻くだけで釣れる」なのでトラウト初心者の方は一つは持っておきたい反則ルアーです。

ジャッカル

【ジャッカル】ティモン パニクラ

よく飛ぶルアーなので、魚の居場所が絞れていない時に有効な反則ルアーです。
また激しくアクションするためアピール力もあります。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】プレッソ ダブルクラッチ

このルアーはフローティングモデルなので、ルアーを潜らせた後に止めると浮いてきます。
このアクションがバイトを誘発するのでおすすめの反則ルアーです。

ラパラ(Rapala)

【ラパラ】カウントダウンエリート

タングステンコアウエイトという低重心設計を採用しているため、非常にキャスタビリティに優れています。

先行者の方が攻められなかった場所に対してもアプローチができるため反則ルアーです。
また綺麗な姿勢でフォールしドリフトにも対応しています。

【2022年新作】おすすめのエリアトラウト反則ルアー2選

ムカイ(Mukai) ルアー ZANMU-IDO 定番13 ウィニングブラウン.

最後に2022年最新のエリアトラウト反則ルアーを2つご紹介します。
最新の情報をキャッチして、エリアトラウトにチャレンジしてみましょう。

JACKALL(ジャッカル)

【ジャッカル】ティモン フラパニ

フラットなボディを採用しているため、通常のクランクより左右に大きくアクションをします。
またフラットなボディは光を反射しやすいためフラッシングアピールもできます。

パズデザイン(Pazdesign)

【パスデザイン】チドリ

ボディサイズが36mmと小さなスプーンですが、トラウトを釣るためのこだわりが凝縮しています。
トゥイッチを加えると、今までにない千鳥アクションをします。
2022年シーズンのトラウトフィッシングに、大きな変化をもたらしてくれる反則ルアーです。

エリアトラウト反則ルアーについてまとめ

JACKALL(ジャッカル) クランクベイト ティモン パニクラ MR 32mm 3.3g ゴールデン

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】エリアトラウト反則ルアーおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • エリアトラウト反則ルアーの選び方
  • エリアトラウト反則ルアーおすすめ人気6選【コスパ最強】
  • 【2022年新作】おすすめのエリアトラウト反則ルアー2選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

エリアトラウト反則ルアー
さらに探すならこちら!

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】シマノのリールおすすめ人気ランキング11選!特徴やコスパ最強の新製品も
シマノのリールは、多くの釣り好きに愛されるリールであり、ダイワのリールに並んで非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、...
【2022年】ダイワのリールおすすめ人気ランキング12選!特徴やコスパ最強の新製品も
ダイワのリールは、多くの釣り好きに愛されるリールであり、非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、ダイワのリールの特徴、...
【2022年】リールおすすめ人気ランキング17選|選び方・使い方・糸巻きのやり方
リールは、釣りをするに当たって必要不可欠な釣具です。今回、釣りラボでは、リールの選び方・種類・使い方・糸の巻き方・下巻き...
【2022年】おすすめのルアー17選を種類別に紹介!選び方・結び方・付け方も解説
ルアーとは、簡単に言えば擬似餌のことです。このルアーを使ったルアーフィッシングはとても人気があります。今回、釣りラボでは...
【2022年】おすすめコスパ最強のエギングロッド22選|ダイワ・シマノの人気商品は?【初心者必見】
エギングに必須の万能竿であるエギングロッド。初心者から上級者まで幅広いユーザーに利用されています。今回、釣りラボでは、エ...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

ルアー
釣りラボマガジン