【2022年】スモールマウスバス反則ルアーおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も

反則ルアーを使うことで、スモールマウスバルを釣りやすくなります。今回、釣りラボでは、スモールマウスバス反則ルアーの特徴、おすすめのスモールマウスバス反則ルアー、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品のスモールマウスバス反則ルアーをご紹介します。

ルアー ワーム

スモールマウスバス反則ルアーの選び方

シマノ(SHIMANO) ルアー バンタム ジジル 70 ZT-207Q 004 キョウリンワカサギ

スモールマウスバスはその名の通り口が小さいのが特徴です。
一般的にブラックバスと言われるラージマウスバスとは習性や見た目が大きく異なります。

スモールマウスバスは回遊性が強く、ラージマウスバスと比べて障害物への依存があまりないです。
また高水温期には深いレンジをメインに泳ぐことが多いです。

普段ラージマウスバスをターゲットに釣りをしている方はスモールマウスバスの釣り方や、ルアーの選び方などわからないと思います。

そこで今回は、スモールマウスバスに反応がいい反則ルアーの選び方をご紹介します。
ぜひご覧ください。

選ぶポイント1:ルアーの種類

スモールマウスバスの一番の好物は甲殻類です。
口が小さいため、特に小型のエビを好んで捕食します。

甲殻類を模したルアーはクロー系やホッグ系のワームがあり、テキサスリグやフリーリグで使用することをおすすめします。

またスモールマウスバスは小魚も捕食します。
ワカサギ・オイカワ・アユ・ウグイなどのような遊泳力のある魚から、ハゼやヨシノボリといったボトムに潜んでいる魚です。

こういった小魚を捕食している状況では、i字系ルアーやペンシルベイトまたはイモ系ワームなどでボトム攻略をすることをおすすめします。

選ぶポイント2:ルアーのサイズ

スモールマウスバスは太いシルエットのルアーより、細く小型のワームやルアーのほうがバイト率が高いです。

捕食が下手なのは、スモールマウスバス自身も自覚している傾向があるため、小型のルアーに反応がいいです。

ルアーのサイズは2.5インチから5インチを基準にルアーを選べばいいでしょう。
この辺りがスモールマウスバスにとって食べやすいサイズです。

選ぶポイント3:ルアーのカラー

スモールマウスバスは、アピール力のあるカラーが好きな傾向があります。
例えばチャート系やシルエットのはっきり出せる黒系などです。
そのほかに水中できらきら光るキンクロ系などが有効なカラーです。

スモールマウスバス反則ルアーおすすめ人気6選【コスパ最強】

DSTYLE(ディスタイル) ワーム マイティーストレート 3.8インチ グリーンパンプキンブルーフレーク&P

それでは実際に、スモールマウスバス釣りにおすすめの反則ルアーをご紹介します。
人気ランキング上位の商品や、実績が高く「反則級」に釣れるルアーを6つ厳選しました。
ぜひ参考にしてみてください。

シマノ(SHIMANO)

【シマノ】ジジル

重心移動システムを採用しているためよく飛ぶi字系ルアーです。
岸釣りにおいてかなりのアドバンテージになります。
シルエットは小魚そのものなので、疑いもなくバイトに持ち込める反則ルアーです。

ディスタイル(DSTYLE)

【ディスタイル】マイティーストレート

あらゆるリグに対応できるワームです。
ボディ全体は細身のシルエットですが、ヘッド部分だけにボリュームを持たせることで独特のアクションをします。
非常に食わせ能力の高い反則ルアーなので、魚がスレたフィールドやサイトの釣りに有効です。

ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO)

【ゲーリーヤマモト】4インチ グラブ

どんな場面や状況でも使えるので、スモールマウスバスを釣るうえで一つは持っておきたい反則ルアーです。
スモールマウスバスの釣りにおいて爆発的な釣果を呼ぶ反則ルアーです。
ジグヘッドリグで使用すると、オールマイティに使用できるためおすすめです。

DUEL(デュエル)

【デェエル】ハードコアミノーフラット 70F

ボディがフラットな形状なため、ただ巻くだけで明滅を出しフラッシングアピールしてくれます。
目のいいスモールマウスバスでも見切らせることなくバイトに持ち込める反則ルアーです。

JACKALL(ジャッカル)

【ジャッカル】デラスピン

小さいシルエットが特徴のスピナーベイトです。
小型なサイズからは想像できない大きな波動とフラッシングが魅力のルアーです。
スモールマウスバスにはスピナーベイトも有効な反則ルアーですのでおすすめです。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】タイニーピーナッツ

小型なシルエットのクランクベイトです。
ハイピッチアクションを得意としアピール力も抜群です。
高浮力ボディなので、障害物に対し回避能力にも優れています。

ただ巻くだけで釣れるルアーなので、スモールマウスバス釣り初心者の方や、数釣りを楽しみたい方におすすめの反則ルアーです。

【2022年新作】おすすめのスモールマウスバス反則ルアー2選

ゲーリーヤマモト 4インチ グラブ 986(ワカサギ)

最後に2022年最新のスモールマウスバス反則ルアーをご紹介します。
近年発売される新製品は、今までにない斬新的なアイデアを採用した商品が多いです。

最新の情報をキャッチして、スモールマウスバスもキャッチしましょう。
ぜひ参考にしてみてください。

オーエスピー(O.S.P)

【O.S.P】MMZ チビ

形状・サイズ・硬さといった要素を徹底追及して開発されたミミズワームです。
不規則な曲がりを施したボディは、本物のミミズにしか見えません。
まさに反則ルアーです。
また細身のサイズながら飛距離も出て、耐久性も優れています。

JACKALL(ジャッカル)

【ジャッカル】ピクピク65

水面で移動距離を抑え、一点シェイクできるのが特徴です。
ハードルアーでここまで一点シェイクができるのは他にはなく、唯一無二の存在です。
ラインの見えないトップウォーターの釣りは、警戒心の強いスモールマウスバスには有効です。
弱った小魚や虫など、さまざまな生き物にイミテートして使用できる反則ルアーです。

スモールマウスバス反則ルアーについてまとめ

DUEL(デュエル) HARDCORE(ハードコア) ルアー ミノー HARDCORE MINNOW flat 70F 70mm Weight:4.7g R1357-GSPS-ゴーストパールシャッド バス釣り

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】スモールマウスバス反則ルアーおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • スモールマウスバス反則ルアーの選び方
  • スモールマウスバス反則ルアーおすすめ人気6選【コスパ最強】
  • 【2022年新作】おすすめのスモールマウスバス反則ルアー2選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

スモールマウスバス反則ルアー
さらに探すならこちら!

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】シマノのリールおすすめ人気ランキング11選!特徴やコスパ最強の新製品も
シマノのリールは、多くの釣り好きに愛されるリールであり、ダイワのリールに並んで非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、...
【2022年】ダイワのリールおすすめ人気ランキング12選!特徴やコスパ最強の新製品も
ダイワのリールは、多くの釣り好きに愛されるリールであり、非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、ダイワのリールの特徴、...
【2022年】リールおすすめ人気ランキング17選|選び方・使い方・糸巻きのやり方
リールは、釣りをするに当たって必要不可欠な釣具です。今回、釣りラボでは、リールの選び方・種類・使い方・糸の巻き方・下巻き...
【2022年】おすすめのルアー17選を種類別に紹介!選び方・結び方・付け方も解説
ルアーとは、簡単に言えば擬似餌のことです。このルアーを使ったルアーフィッシングはとても人気があります。今回、釣りラボでは...
【2022年】おすすめコスパ最強のエギングロッド22選|ダイワ・シマノの人気商品は?【初心者必見】
エギングに必須の万能竿であるエギングロッド。初心者から上級者まで幅広いユーザーに利用されています。今回、釣りラボでは、エ...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

ルアー
釣りラボマガジン