魚へんに旨でなんと読む?鮨(すし)の正しい読み方・由来・別名をご紹介!【魚へんの漢字辞典】

【魚へんの読み方が難しい漢字をご紹介】釣りラボでは、今回、魚へんに「旨」と書く「鮨(すし)」という漢字について、その正しい読み方・意味・漢字の画数・学名・英語名・名前の由来などをご紹介します。ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

鮨(すし)の正しい読み方

スシ

出典:写真AC

魚へんに「旨」と書いて、すし(鮨)と読みます。

漢字名

訓読み

すし

音読み

シ・ゲイ

部首(へん)

部首以外

画数

17画

英語名

sushi

Unicode

U+9BA8

日常生活でよく見かける「寿司」という漢字は、実ははるか昔からあったわけではなく、もともと「すし」を表す漢字には、「鮨」や「鮓」が使われていました。

「寿司」という漢字が登場したのは、江戸時代末期であり、実はただの当て字です。

この当て字は、「寿(ことぶき)を司る」という縁起を担ぐ意味合いから来ており、祝いの席で食べるものとされていました。

また、賀寿の祝いの言葉である「寿詞」が「寿司」の由来であるという説もあります。

スポンサーリンク

なぜ「旨」という漢字が使われているの?

スシ

出典:写真AC

なぜ、鮨(すし)という漢字には「旨」が使われているのでしょうか?
その由来をご紹介します。

鮓と混同されて使われたから

「すし」という名前は、もともと酸っぱいことを意味する古語「酸し」から来ています。

昔は、現在のような握り寿司ではなく、保存食として発酵させた米に漬け込んだ魚を入れた食べ物(熟鮓・なれずし)のことを「鮓(すし)」と呼んでいました。

この「鮓」という漢字と、中国で魚の塩辛を意味していた「鮨」という漢字が、次第に混同されて使われていったことで、「鮨」という漢字が「すし」の意味で使われるようになったと言われています。

そして、「鮨」と「鮓」は、はじめ混同されて使われていましたが、次第に「鮨」という漢字が、熟鮓ではないすしを指す際に使われることが多くなっていました。
そのため、現在も「鮨」という漢字は、江戸前の握り鮨を指すことが多いです。

なお、この握り鮨という形態のすしは、関東大震災により多大なる被害を受けた東京から全国各地に寿司職人が離散したことで、はじめて全国に広まったとされています。

魚が旨い(うまい)から

先ほど魚の塩辛を意味する「鮨」と「鮓」が混同して使われたという説を紹介しましたが、そうではなく、ただ単に美味しい・旨い魚という意味から、当て字で「鮨」という表記がされるようになったという説もあります。

スポンサーリンク

鮨(すし)の読み方についてまとめ

スシ

出典:写真AC

いかがでしたか?

今回釣りラボでは、「魚へんに旨でなんと読む?」というテーマに沿って、鮨(すし)という漢字の正しい読み方やその名前の由来をご紹介しました。

他にも、魚にまつわる難しい漢字はいっぱいあります。
ぜひこの機会に、魚(へん)の漢字をまとめて覚えてみてはいかがでしょうか?

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

スポンサーリンク

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

魚へんの漢字一覧
釣りラボマガジン