魚へんに有でなんと読む?鮪(マグロ)の正しい読み方・由来・別名をご紹介!【魚へんの漢字辞典】

【魚へんの読み方が難しい漢字をご紹介】釣りラボでは、今回、魚へんに「有」と書く「鮪(マグロ)」という魚について、その正しい読み方・意味・漢字の画数・学名・英語名・名前の由来などをご紹介します。ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

鮪(マグロ)の正しい読み方

マグロ

出典:写真AC

魚へんに「有」と書いて、マグロ(鮪)と読みます。

漢字名

訓読み

まぐろ・しび

音読み

イ・ユウ

部首(へん)

部首以外

画数

17画

英語名

tuna

学名

Thunnus

Unicode

U+9BAA

マグロは、スズキ目・サバ科の魚で、回遊性の肉食魚です。

マグロには、本マグロとして有名な「クロマグロ」や、ビントロで有名な「ビンチョウマグロ」など、全部で8つの種類がおり、それらのほとんどが食用として利用されています。
特に日本におけるマグロの消費量はとても多く、世界全体の約1/4を消費しています。

マグロには、部位によって異なる名前がつけられており、赤身・中トロ・大トロなどの呼称があります。

真っ黒な目をしていたことから、「目黒」→「まぐろ」という名前がつけられたと言われています。
また、泳いでいる姿や釣れた後の色が真っ黒であったことから、「まっくろ」→「まぐろ」という名前がつけられたという説もあります。

スポンサーリンク

なぜ「有」という漢字が使われているの?

マグロ

出典:写真AC

なぜ、マグロの漢字には「有」が使われているのでしょうか?
その由来について、いくつかの説をご紹介します。

広い範囲を回遊していたから

マグロは、非常に広い範囲を回遊する習性を持ちます。
普通の魚に比べて何倍もの距離を回遊するマグロですが、なんと最大で5000kmも泳ぐ場合もあります。

「有」という漢字には、広い範囲ないし外側を囲うという意味があり、そこからマグロに「有」という漢字を使うようになったという説があります。

多くの肉を持っていたから

マグロからは、非常に多くの身を取ることができたことから、「身が有る」という意味で「有」という漢字が使われるようになったという説もあります。

なお、有という漢字を分解すると「ナ」と「月」に分けられますが、それぞれ「持つ」と「肉づき」を意味します。
そこから、「有」という漢字をマグロに当てるようになったとも言われています。

チョウザメと間違えられたから

中国では、「チョウザメ」という意味で「鮪」という漢字が使われます。
日本にこの「鮪」という漢字が伝搬してきた時に、「チョウザメ」のことを間違えて「マグロ」だと捉えてしまったことが原因で、「鮪」という漢字が使われたという説もあります。

スポンサーリンク

鮪(マグロ)の読み方についてまとめ

マグロ

出典:写真AC

いかがでしたか?

今回釣りラボでは、「魚へんに有でなんと読む?」というテーマに沿って、鮪(マグロ)という魚の正しい読み方やその名前の由来をご紹介しました。

他にも、難しい漢字の魚はいっぱいいます。
ぜひこの機会に、魚(へん)の漢字をまとめて覚えてみてはいかがでしょうか?

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

魚へんの漢字一覧はこちら

スポンサーリンク

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

魚へんの漢字一覧
釣りラボマガジン