魚へんに「鳥」でなんと読む?「鷠」の正しい読み方・意味・由来をご紹介!【魚へんの漢字辞典】

魚へんに「鳥」と書いて「ウ」と読みます。釣りラボでは、今回、そんな魚へんに「鳥」と書く「鷠(ウ)」という漢字について、その正しい読み方・意味・漢字の画数・学名・英語名・由来をご紹介します。ぜひご覧ください。

魚へんの漢字
スポンサーリンク

魚へんに「鳥」の正しい読み方・語源

鷠

出典:写真AC

魚へんに「鳥」と書いて、ウ(鷠)と読みます。

漢字名

訓読み

音読み

ギョ・ゴ

部首(へん)

部首以外

画数

22画

英語名

cormorant

学名

Phalacrocoracidae

Unicode

U+9DE0

ウは、カツオドリ目・ウ科の鳥の総称で、魚ではありません。
そのため、部首は魚ではなく、鳥になります。

このウ科の鳥は、昔は世界各国で漁業に利用されることが多く、例えば、魚を丸呑みにする習性を利用して行う「鵜飼い」という漁などが行われていました。

なお、この鵜(鷠)の習性は、鵜呑みという言葉の語源にもなっています。

ただ、現在、鵜はあまり漁業には使われていません。

この「鷠」という漢字ですが、現在日本では「鷠森(うぐもり)」という名字などで見かけることはありますが、それ以外ではなかなかお目にかかることのない漢字になります。

スポンサーリンク

どういう時に「鷠」という漢字が使われているの?

鷠

出典:写真AC

なぜ、鷠(ウ)という魚へんの漢字は、魚に鳥という組み合わせで書かれるのでしょうか?
その由来をご紹介します。

群れを作る習性から

ウ科の鳥は群れで行動するという生態があり、繁殖時にはコロニーと呼ばれる集団営巣地を作って生活します。

また、そのコロニーなどを活かして、ねぐらという夜間に休息や睡眠をとるための場所を儲ける習性もあります。

そのような様子から、中国で「群れ」を意味する「鷠」という漢字が使われるようになったと言われています。

スポンサーリンク

魚へんに「鳥」でなんと読むのかまとめ

鷠

出典:写真AC

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

船釣りで出船可能な波の高さとは?判断の目安を解説します!
船釣りを予定していると、気になるのが当日の波の高さ。出航できるのか、欠航になるのか、その判断の目安は具体的にあるのでしょ...
釣りは風速何mまで大丈夫?中止の目安やアプリでの予報の確認方法をご紹介
安全に釣りをするためには、どれくらいまでの風速なら大丈夫なのかを事前に知っておく必要があります。今回、釣りラボでは、風速...
海釣り初心者必見!おすすめの道具や仕掛け、釣り方のコツ、人気のスポットをご紹介
海釣りは、初心者から熟練者まで多くの人に楽しまれる釣りです。今回、釣りラボでは、海釣りについて、釣りを行う場所や代表的な...
雨の日は釣果が増える!?雨の日に釣りをするメリットや服装・持ち物をご紹介
雨だと、あまり釣りに行く気が起きないという方も多いと思います。ですが、雨の方が釣れる魚がいたりするなど、実は雨の日は釣り...
ブヨ(ブユ・ブト)に刺されたらどうしたら良い?正しい対処方法・応急処置を解説!
ブヨは蚊などに似たとても小さな虫ですが、刺されると蚊よりも、かなり重症化しやすい危険な虫です。今回、釣りラボでは、ブヨに...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

魚へんの漢字一覧
釣りラボマガジン