魚へんに「反」でなんと読む?「魬」の正しい読み方・由来をご紹介!【魚へんの漢字辞典】

【魚へんの読み方が難しい漢字をご紹介】釣りラボでは、今回、魚へんに「反」と書く「魬(ハマチ)」という魚について、その正しい読み方・意味・漢字の画数・学名・英語名・名前の由来などをご紹介します。ぜひご覧ください。

魚へんの漢字
スポンサーリンク

魚へんに「反」の正しい読み方・語源

ハマチ

出典:写真AC

魚へんに「反」と書いて、ハマチ(魬)と読みます。

漢字名

訓読み

はまち・かれい

音読み

ハン・バン

部首(へん)

部首以外

画数

15画

英語名

Amberjack

学名

Seriola quinqueradiata

Unicode

U+9B6C

ハマチは、スズキ目・アジ科の関西地方において「40cm以上60cm未満」のサイズの「ブリ」を指す呼び名で、他にも北陸や四国、九州などでも使用されています。

ブリは、成長とともに名前を変えていく出世魚であり、関西だと以下のように名前を変えていきます。

地方

稚魚

40cm以下40~60cm60~80cm80cm以上

関西地方

モジャコ

ワカナ・ツバスハマチメジロブリ

また、関東圏などでは「ハマチ」サイズのブリは、「イナダ」と呼ばれます。
ただ、関東地方でも養殖のブリを指す言葉として「ハマチ」という呼び名は使われており、この場合、出世魚とは全く関係のない文脈で「ハマチ」という単語が使われます。

なお、ハマチであっても、本来80cm以上に成長した個体を表す「鰤(ブリ)」という漢字が用いられることもあります。

スポンサーリンク

なぜ「反」という漢字が使われているの?

ハマチ

出典:写真AC

なぜ、魬(ハマチ)という魚へんの漢字には「反」が使われているのでしょうか?
その由来について、いくつかの説をご紹介します。

反り返っても元に戻る姿から

ハマチは、反り返っても元に戻るような姿をしていたことから、「反」という漢字が使われるようになったと言われています。

平らな体をしているから

「反」という漢字には、「薄く平らである」という意味もあります。
そこから、比較的平らな体をしているハマチに「反」という漢字が使われるようになったという説があります。

ちなみに、この「平ら」という意味を「反」が持つことから、「魬」と書いて「ヒラメ(鮃)」ないし「カレイ(鰈)」全般を指すこともあります。

「張」と音が同じだったから

ハマチは、「張りのある魚」という意味からその名前がつけられたと言われています。
その「張り」という漢字と音が同じであったことから、「反」という漢字が使われるようになったという説もあります。

スポンサーリンク

魚へんに「反」でなんと読むのかまとめ

ハマチ

出典:写真AC

いかがでしたか?

今回釣りラボでは、「魚へんに反でなんと読む?」というテーマに沿って、魬(ハマチ)という魚の正しい読み方やその名前の由来をご紹介しました。

他にも、難しい漢字の魚はいっぱいいます。
ぜひこの機会に、魚(へん)の漢字をまとめて覚えてみてはいかがでしょうか?

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

魚へんの漢字一覧はこちら

スポンサーリンク

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

魚へんの漢字一覧
釣りラボマガジン