魚へんに「平」でなんと読む?「鮃」の正しい読み方・由来をご紹介!【魚へんの漢字辞典】

【魚へんの読み方が難しい漢字をご紹介】釣りラボでは、今回、魚へんに「平」と書く「鮃(ヒラメ)」という魚について、その正しい読み方・意味・漢字の画数・学名・英語名・名前の由来などをご紹介します。ぜひご覧ください。

魚へんの漢字
スポンサーリンク

魚へんに「平」の正しい読み方・語源

ヒラメ

出典:写真AC

魚へんに「平」と書いて、ヒラメ(鮃)と読みます。
※正確には、旧字体の「平」を書きます。

漢字名

訓読み

ひらめ

音読み

ヘイ・ヒョウ

部首(へん)

部首以外

画数

16画

英語名

flounder

学名

Paralichthys olivaceus

Unicode

U+9B83

ヒラメは、カレイ目・ヒラメ科の魚であり、日本では「目」の位置などから、カレイと区別して扱います。
一方で、英語などではヒラメもカレイも「flounder」と呼び、区別はつけられません。

日本では、カレイは寿司や刺身、焼き魚など、様々な形態で食され、高級食材として人気があります。
また、「縁側(エンガワ)」と呼ばれる部位は、刺身・寿司といった日本料理だけでなく、ムニエルなどのフランス料理でも利用されています。

なお、このヒラメという名前は、その名の通り見た目が「平べったい」ことからつけられています。
その他にも、ヒラメの目の位置が「左ヒラメ」と言われるように、体の横(側)にあり、そこから「側(ひら)」をとって、ヒラメと呼ばれるようになったとも言われています。

スポンサーリンク

なぜ「平」という漢字が使われているの?

ヒラメ

出典:写真AC

なぜ、鮃(ヒラメ)という魚へんの漢字には「平」が使われているのでしょうか?
その由来をご紹介します。

平べったい魚であるから

ヒラメの名前の由来でも紹介しましたが、ヒラメの体は薄く、平べったくなっています。
そのため、最初ヒラメはその目の特徴もあわせて、「平目」という漢字が使わていました。

そこから次第に、他の魚と同じように「魚へん」を使った「鮃」という漢字が使われるようになったという説があります。

同様の背景から、中国でも「鮃」という漢字は、「ヒラメ」を意味します。

なお、日本でもカレイとの区別がしっかり行われるようになったのは、近代になってからとも言われており、そんなカレイも葉っぱのように平べったいという意味から「鰈(カレイ)」という漢字を書きます。

スポンサーリンク

魚へんに「平」でなんと読むのかまとめ

ヒラメ

出典:写真AC

いかがでしたか?

今回釣りラボでは、「魚へんに平でなんと読む?」というテーマに沿って、鮃(ヒラメ)という魚の正しい読み方やその名前の由来をご紹介しました。

他にも、難しい漢字の魚はいっぱいいます。
ぜひこの機会に、魚(へん)の漢字をまとめて覚えてみてはいかがでしょうか?

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

魚へんの漢字一覧はこちら

スポンサーリンク

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

魚へんの漢字一覧
釣りラボマガジン