魚へんに「強」でなんと読む?「魚強」の正しい読み方・由来をご紹介!【魚へんの漢字辞典】

【魚へんの読み方が難しい漢字をご紹介】釣りラボでは、今回、魚へんに「強」と書く「魚強(ロウニンアジ)」という魚について、その正しい読み方・意味・漢字の画数・学名・英語名・名前の由来などをご紹介します。ぜひご覧ください。

魚へんの漢字
スポンサーリンク

魚へんに「強」の正しい読み方・語源

ロウニンアジ

出典:写真AC

魚へんに「強」と書いて、ロウニンアジ(魚強)と読みます。

漢字名

魚強

訓読み

ろうにんあじ

音読み

部首(へん)

部首以外

画数

22画

英語名

Giant trevally

学名

Caranx ignobilis

Unicode

ロウニンアジは、スズキ目・アジ科の魚で、非常に大型の肉食魚です。
英語名のイニシャルをとって、GTなどと呼ばれることもあります。

ロウニンアジは、釣りのターゲットやスキューバダイビングにおける鑑賞対象として人気が高いです。
また、若魚は、焼き魚や刺身などで食されますが、大型のものは地域によっては毒(シガテラ毒)を持つことがあるため、食べられることは滅多にありません。

単独行動する様子や、顔にエラの線が入っている様子が、まるで浪人武士のようであったことからこのような名前がつけられました。

「魚強」という漢字は、正式には存在せず、「浪人」と「鯵(アジ)」をあわせて、浪人鯵(ロウニンアジ)と書くのが正式な表記方法です。

ちなみに、幼魚は「メッキ」とも呼ばれ、こちらも釣りのターゲットとして人気があります。

なお、魔界戦記ディスガイア4というゲーム内では、栄養が高くて種類も多い「鰯(イワシ)」が弱いはずがない、という意味で「魚強」と書いて「イワシ」と読まれたこともあります。

スポンサーリンク

なぜ「強」という漢字が使われているの?

ロウニンアジ

出典:写真AC

なぜ、魚強(ロウニンアジ)という魚へんの漢字には「強」が使われているのでしょうか?
その由来をご紹介します。

引きのとても強い魚であったから

ロウニンアジは、その引きの強さとサイズから釣りのターゲットとして非常に人気があります。
そのため、釣り上げるためにはその人生をかける必要があるともされるほど、強い魚であるとされます。

「魚強」という漢字は、このような強い思いを持っていたプロ釣り師の大久保幸三氏が「サウスタイムス」という雑誌の連載の中で、「強」という漢字を当てて造った造語になります。

※「魚強」は、サウスタイムスの登録商標になります。

スポンサーリンク

魚へんに「強」でなんと読むのかまとめ

ロウニンアジ

出典:写真AC

いかがでしたか?

今回釣りラボでは、「魚へんに強でなんと読む?」というテーマに沿って、魚強(ロウニンアジ)という魚の正しい読み方やその名前の由来をご紹介しました。

他にも、難しい漢字の魚はいっぱいいます。
ぜひこの機会に、魚(へん)の漢字をまとめて覚えてみてはいかがでしょうか?

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

魚へんの漢字一覧はこちら

スポンサーリンク

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Facebook・Twitterにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

魚へんの漢字一覧
釣りラボマガジン