魚へんに「暇(叚)」でなんと読む?「鰕」の正しい読み方・由来をご紹介!【魚へんの漢字辞典】

【魚へんの読み方が難しい漢字をご紹介】釣りラボでは、今回、魚へんに「暇」の右側の字「叚」と書く「鰕(エビ)」について、その正しい読み方・意味・漢字の画数・学名・英語名・名前の由来などをご紹介します。ぜひご覧ください。

魚へんの漢字
スポンサーリンク

魚へんに「暇」の正しい読み方・語源

エビ

出典:写真AC

魚へんに「暇」の右側の字「叚」と書いて、エビ(鰕)と読みます。

漢字名

訓読み

えび

音読み

部首(へん)

部首以外

画数

20画

英語名

shrimp・prawn・lobster

学名

Macrura Reptantia

Unicode

U+9C15

エビは、学術的に明確な分類がされておらず、以下のような形で便宜上の区分けがされています。

エビは、節足動物門・甲殻亜門・軟甲綱・十脚目(エビ目)のうち、カニ下目(短尾類)とヤドカリ下目(異尾類)以外の全ての種の総称である。すなわち、かつての長尾類(長尾亜目 Macrura)にあたる。

Wikipedia

エビという名前が使われるようになった由来としては、以下のような説があります。

  • 体の色が葡萄(エビカズラ・エビヅル)の色に似ていたため
  • 「餌(エ)になる尾(ビ)のある生き物」から由来した
  • 「枝のような」を意味する「エ」と「ヒゲ」(鬚)から由来した
スポンサーリンク

なぜ「叚」という漢字が使われているの?

エビ

出典:写真AC

なぜ、鰕(エビ)という魚へんの漢字には「叚」が使われているのでしょうか?
その由来について、いくつかの説をご紹介します。

エビの体の特徴から使われ始めた

「叚」には「からだを曲げる」という意味があり、「体を曲げている魚」ということから魚へんに叚で「鰕」という漢字が使われるようになりました。

魚へんではなく、虫へんに叚で「蝦」という漢字もエビを表します。

「蝦」は本来、ガマ・ヒキガエルを表す漢字でしたが、エビを魚に分類するのは適切でないと考え、魚へんではなく虫へんに改めたとされています。

現在では、鰕よりも蝦が使われています。

「鰕」以外の漢字の由来

エビは、「鰕」や「蝦」以外にも、「海老」「蛯」「螧」「魵」といった漢字で表されることがあります。

「海老」は、現在では最もメジャーな漢字であり、曲がった腰と長い髭が老人に似ていることから、長寿を喜ぶ意味を込めて「海老」という漢字が使われるようになりました。

「蛯」も「海老」と同じ由来で生まれた漢字です。

「鰕」や「蝦」は中国でもエビを表す漢字として使われますが、「海老」「蛯」は中国では使われていません。

エビの漢字の使い分け

エビを表す漢字は様々ですが、エビの種類ごとに漢字を使い分ける場合があります。

厳格な使い分けはされておらず、「海老」という漢字が使われることが多いです。

漢字エビの種類

海老・蛯・螧

海底を歩く比較的大きめのエビ

例)伊勢海老

蝦・鰕・魵

海中を泳いでいる比較的小さめのエビ

例)車エビ・サクラエビ

スポンサーリンク

魚へんに「暇」でなんと読むのかまとめ

エビ

出典:写真AC

いかがでしたか?

今回釣りラボでは、「魚へんに叚でなんと読む?」というテーマに沿って、鰕(エビ)という魚の正しい読み方やその名前の由来をご紹介しました。

他にも、難しい漢字の魚はいっぱいいます。
ぜひこの機会に、魚(へん)の漢字をまとめて覚えてみてはいかがでしょうか?

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

魚へんの漢字一覧はこちら

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

魚へんの漢字一覧
釣りラボマガジン