魚へんに参でなんと読む?鯵(アジ)の正しい読み方・由来・別名をご紹介!【魚へんの漢字辞典】

【魚へんの読み方が難しい漢字をご紹介】釣りラボでは、今回、魚へんに「参」と書く「鯵(アジ)」という魚について、その正しい読み方・意味・漢字の画数・学名・英語名・名前の由来などをご紹介します。ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

鯵(アジ)の正しい読み方

アジ

出典:写真AC

魚へんに「参」と書いて、アジ(鯵)と読みます。

漢字名

鯵(鰺)

訓読み

あじ

音読み

ソウ

部首(へん)

部首以外

画数

19画

英語名

Jack mackerel

学名

Caranginae

Unicode

U+9BF5

アジは、スズキ目・アジ科の回遊魚で、北海道以南の日本列島沿岸部に生息しています。
中には、回遊魚ではなく岩礁などに居着くタイプのアジもいます。

そんなアジですが、名前の由来は非常に単純で、味がよかったことから来ています。
なので、地方によっては、美味しい魚をまとめて「アジ」と呼ぶ地域もあったようです。

そのような魚の中で、最も多く釣れていた魚が現在「アジ」と呼ばれている魚になりました。

スポンサーリンク

なぜ「参」という漢字が使われているの?

アジ

出典:写真AC

なぜ、アジの漢字には「参」が使われているのでしょうか?
その由来について、いくつかの説をご紹介します。

マアジの旬が旧暦の3月だったから

アジの中で最もメジャーであったマアジの旬が、旧暦の3月(現在の5月)であったことから、漢数字の「参」が使われるようになったという説があります。

このように旬の時期・月が漢字の由来になっている魚は、他にもあります。
例えば、師走(12月)が旬であったブリは、漢字でと書きます。

群れる習性を持っていたから

アジは、単体で行動することは少なく、群れる習性を持っています。
このように群れる、つまり参集して行動する習性から、「参」という漢字が当てられるようになったという説もあります。

喿を参と書き間違えたから

中国では、アジを「鱢」という漢字で表していました。
この漢字が日本に伝搬されてくる中で、「喿」を誤って「参」と書いてしまったために、鯵と書かれるようになったという説があります。

味が参ってしまうほど美味しかったから

味が非常に美味しいことから、現在の名前がつけられたアジですが、実は漢字にもその参ってしまうような美味しさという意味から、「参」という漢字が用いられたという説があります。

スポンサーリンク

鯵(アジ)の読み方についてまとめ

アジ

出典:写真AC

いかがでしたか?

今回釣りラボでは、「魚へんに参でなんと読む?」というテーマに沿って、鯵(アジ)という魚の正しい読み方やその名前の由来をご紹介しました。

他にも、難しい漢字の魚はいっぱいいます。
ぜひこの機会に、魚(へん)の漢字をまとめて覚えてみてはいかがでしょうか?

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

魚へんの漢字一覧はこちら

スポンサーリンク

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

魚へんの漢字一覧
釣りラボマガジン