【2022年】鮎釣り用ウェーダーおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も

鮎釣りの必須アイテム!今年度ぜひ手に入れたい鮎釣り用ウェーダーはこちら!今回、釣りラボでは、鮎釣り用ウェーダーの特徴、おすすめの鮎釣り用ウェーダー、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品の鮎釣り用ウェーダーをご紹介します。

ウェーダー・ウェーディングシューズ
スポンサーリンク

鮎釣り用ウェーダーの選び方

X'SELL(エクセル) 鮎タイツ 3mm ブラック×ブラック FP-5320 LB

おもに6月頃から9月頃までの解禁期間に楽しめる鮎釣りは、川の中流~上流域に立ち込んで行います。
鮎釣りでは、水流にさらされる下半身を保温・保護するために、鮎タイツやドライタイツ、またはスリムウェーダーを履きます。

専用のウェーダーでなくとも鮎釣りはできますが、専用のタイツやウェーダーは鮎釣りを快適に楽しめるように設計されています。
長く鮎釣りを続けるのであれば、鮎釣り用のタイツ・ウェーダーの購入をおすすめします。

ここでは、鮎タイツ・ドライタイツを含めた鮎釣り用ウェーダーを選ぶ場合のポイントを3つご紹介します。

選ぶポイント1:鮎釣り用ウェーダーのタイプ

鮎タイツ、ドライタイツ、スリムウェーダーの3タイプは、それぞれに特徴があります。
各タイプの特徴を把握し、釣りをする状況や好みに合わせて選んでいきましょう。

鮎タイツ

胴から足首までのスパッツのような履き物で、ウェットタイツと呼ばれることもあります。
「鮎タビ」と呼ばれる専用シューズと組み合わせて着用します。

安全ため内部に水や空気がたまらない通水する仕様で、転倒しても泳ぎやすいというメリットがあります。
また3タイプの中では最も水流抵抗を受けにくいので、速い流れの場所や深い場所を動き回る人に適しています。

ドライタイツ

鮎タイツと防水ソックスが一体となったタイプで、ソックスウェーダーとして販売されているものもあります。
中に水が入らない仕様で、鮎タビを履いて使用します。

保温性に優れ、鮎タビやシューズを自由に選べるため機動性も高いのが特徴です。
しかし転倒すると中に水が入って抜けず動きにくくなってしまうので、立ち込む際には注意が必要です。

脱ぎ履きが大変なタイプのため、ドライタイツを選択する場合は、内側が滑りの良い素材など脱着のしやすさにこだわったものを選ぶと良いでしょう。

あまり深い立ち込みをせず、寒い時期や機動性と保温性の両方を求める人におすすめです。

スリムウェーダー

クロロプレン素材のウェーダーと鮎タビ(シューズ)が合体し一体となったタイプです。
3タイプの中では一番保温性があります。

脱ぎ履きが楽に行え、転ばない限りは中に水が入らない仕様です。
反面、転ぶと水が入り込み、足が浮いて立ち上がりにくくなる危険性があります。

また鮎タビが変えられないので、釣る場所によって鮎タビを変えたい人は他のタイプが良いでしょう。
激流や深場がメインではない立ち込みで、高い保温性を求める人におすすめです。

選ぶポイント2:生地の厚さ

3タイプともクロロプレン素材(ネオプレン)を生地としています。
生地の厚さは製品によって様々ですが、3mm前後が主流です。

厚みがあるほど保温性や耐衝撃性に優れ、水温の低い深場や、石なども流れてくる激流への立ち込みに適しています。
寒い時期や長時間の立ち込みに着用する場合には、より厚みのある3.5~4mmのタイプがおすすめです。

盛夏の時期などできるだけ涼しく鮎釣りをしたい場合には、2.5~1mmの薄いタイプを選ぶと良いでしょう。

選ぶポイント3:サイズ

鮎釣りを快適で安全に楽しむためには、極力体にフィットして水の抵抗を抑えるタイツやウェーダーが適しています。
中には自分にぴったりなサイズをオーダーできる商品もあります。

気温の低い時期などでアンダーウェアを下に履く場合は、少しゆとりがあるものを選んでも良いでしょう。

スリムウェーダーの場合、シューズ部分がピッタリすぎると水圧で足が痛くなってしまう可能性もあるため、1サイズ大きめを選択し中敷きで調節すると良いでしょう。

スポンサーリンク

鮎釣り用ウェーダーおすすめ人気6選【コスパ最強】

シマノ(SHIMANO) 釣り タイツ ブラックパールフィット 鮎タイツ 2.5mm FI-021U ブラック LB 鮎 河川 渓流 淡水

それではおすすめの鮎釣り用ウェーダーを6つご紹介します。
上記の選ぶポイントを踏まえ、人気ランキングやコスパも考慮して選んでいます。

X’SELL(エクセル)

【エクセル】鮎タイツ 3mm FP-5320

低価格なラインナップで鮎釣り用品を取り揃えているエクセルの鮎タイツです。
こちらは3mm厚ですが、暑さが厳しい時期に快適な1.5mm厚のFP-5321もあります。

シマノ(SHIMANO)

【シマノ】ブラックパールフィット 鮎タイツ T-2.5 FI-021U

部位により異なる硬さの生地を使用した立体裁断設計、内側の滑りの良い素材など、フィット感と着脱のしやすさにこだわった鮎タイツです。
生地は2.5mm厚で、機動性を重視しています。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】ドライタイツ DD-4000R35(ソックス先丸)

3.5mm厚のクロロプレン生地で保温性の高いドライタイツです。
フロントファスナーや足首の内側サイドファスナーで、脱ぎ履きをしやすくしています。

瀬の立ち込みで踏ん張りがききやすい、ソックスのつま先部分が先割タイプのDD-4000V35も人気があります。

シマノ(SHIMANO)

【シマノ】フィットウェダー T-3.0(中丸) FW-034U

3.0mm厚のドライタイツで、幅広い時期や様々なシーンで活躍できる万能なタイプです。
鮎タビやシューズの脱ぎ履きのしやすさを考慮し、脚部の裾ファスナーは内側に配置されています。

阪神素地

【阪神素地】FX-537 スリムウェーダー(中割・フェルト底)

阪神素地のスリムウェーダーは、比較的安価でありながら4mm厚の生地でしっかりした保温性があります。
防水仕様の前ファスナーやキックオフ付きで、脱ぎ履きも楽に行えます。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】ダイワスリムウェーダー DSW-4201R(先丸)

3.5mm厚クロロプレンで保温性が高く、履き心地の良さにもこだわったスリムウェーダーです。

高い屈曲性とグリップ力を発揮する独自のフェルトソール、つま先ガードやひざパッドなど、快適な鮎釣りのための充実した機能を備えています。
DSW-4201VR(先丸中割)タイプもあり、サイズも幅広く展開しています。

スポンサーリンク

【2022年新作】おすすめの鮎釣り用ウェーダー2選

ダイワ(DAIWA) 鮎ドライタイツ ドライタイツ(ソックス先丸) ブラック LB DD-4000R35 鮎釣り

次に2021年以降に発売された新製品の中から、2022年おすすめの最新鮎釣り用ウェーダーを2つご紹介します。

Gamakatsu(がまかつ)

【がまかつ】鮎タイツ(3mm厚) GM5819

多彩な鮎釣り用品を展開しているがまかつより、2022年新作として発売された鮎タイツです。

伸縮性の異なる2種のクロロプレンと新立体裁断により、抜群のフィット感と機動性を実現させています。
他にGM5820(2mm厚)、GM5821(1.5mm厚)もあり、自分に合ったサイズをオーダーできるのも魅力です。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】スペシャルスリムウェーダー SPW-4513VR-BL

2022年にダイワより発売されたスリムウェーダーは、高機能が満載のハイエンドモデルです。
3.5mm厚のクロロプレン生地は素材にもこだわり、耐久性や着脱のしやすさも向上しています。

水流抵抗を抑える立体裁断設計に、優れた屈曲性・グリップ力を誇る独自のフェルトスパイクソールで機動性も抜群です。
ソールは交換可能なので長く愛用できるウェーダーです。

スポンサーリンク

鮎釣り用ウェーダーについてまとめ

シマノ(SHIMANO) 釣り スリムウェーダー フィットウェダー FW-034U ブラック LBL 鮎 河川 渓流 淡水

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】鮎釣り用ウェーダーおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • 鮎釣り用ウェーダーの選び方
  • 鮎釣り用ウェーダーおすすめ人気6選【コスパ最強】
  • 【2022年新作】おすすめの鮎釣り用ウェーダー2選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】おすすめのウェーダー11選を紹介!種類ごとの特徴や用途別の選び方も解説!
ウェーダーの購入を考えているけど、色々な種類があり、どれを買えば良いかわからない人は多いのではないでしょうか?今回、釣り...
【2022年】ダイワのウェーダーおすすめ人気ランキング12選!特徴や新製品も
ダイワのウェーダーは、渓流釣りなどで活躍する人気の商品です。今回、釣りラボでは、ダイワのウェーダーの特徴、おすすめのダイ...
【2022年】マズメのウェーダーおすすめ人気ランキング12選!特徴や新製品も
水中に入る際に必要になるウェーダー。中でも人気が高いのがマズメのウェーダーです。今回、釣りラボでは、マズメのウェーダーの...
【2022年】シマノのウェーダーおすすめ人気ランキング12選!特徴や新製品も
シマノのウェーダーは、ダイワと並んで人気のある製品であり、釣りで非常に重宝されます。今回、釣りラボでは、シマノのウェーダ...
【2022年】ネオプレーンのウェーダーおすすめ人気10選!選び方や新製品もご紹介
ネオプレーンのウェーダーを選ぶ方が近年増えています。今回、釣りラボでは、ネオプレーンのウェーダーの特徴、おすすめのネオプ...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

ウェーダー・ウェーディングシューズ
釣りラボマガジン