魚へんに「東」でなんと読む?「鰊」の正しい読み方・由来をご紹介!【魚へんの漢字辞典】

【魚へんの読み方が難しい漢字をご紹介】釣りラボでは、今回、魚へんに「柬(東)」と書く「鰊(ニシン)」という魚について、その正しい読み方・意味・漢字の画数・学名・英語名・名前の由来などをご紹介します。ぜひご覧ください。

魚へんの漢字
スポンサーリンク

魚へんに「東」の正しい読み方・語源

ニシン

出典:写真AC

魚へんに「柬(東)」と書いて、ニシン(鰊)と読みます。

漢字名

鰊(鯟)

訓読み

にしん・かど

音読み

レン

部首(へん)

部首以外

画数

20画

英語名

Pacific herring

学名

Clupea pallasii

Unicode

U+9C0A

ニシンは、ニシン目・ニシン科の魚で、日本では主に食用として利用されています。
また、江戸時代から明治時代にかけては肥料としても利用されてきました。

ニシンの語源にはいくつかの説があり、両親の長寿を願う「二親」、身を二つに割るという意味の「二身」、「妊娠」などがあります。

ニシンは、出産・産卵のため、春に北海道沿岸に訪れることから、主に北日本では「春告魚」とも呼ばれています。
また、一部地域では「カド」とも呼ばれており、そこからニシンの卵は「数の子(カドの子)」と呼ばれます。

なお、ニシンには、他にも成魚ではないという意味で魚へんに非と書く「鯡(ニシン)」という漢字が使われることもあります。

また、数の子は漢字1文字で書くと、魚へんに希で「鯑(カズノコ)」になります。

スポンサーリンク

なぜ「東(柬)」という漢字が使われているの?

ニシン

出典:写真AC

なぜ、鰊(ニシン)という魚へんの漢字には「東(柬)」が使われているのでしょうか?
その由来について、いくつかの説をご紹介します。

体長が小さかったから

ニシンは、比較的体長の小さな小魚であり、「柬」という漢字が「若い」という意味を持っていたことから、「東(柬)」が使われるようになったという説があります。
なお、中国では小魚のことを「鰊」という漢字で表し、それをそのままニシンに当てたという説もあります。

また、同じくニシンを表す「鯡」という漢字も、この体長が小さいことから「魚に非らず」という意味で当てられたとされています。

日本の東の海で釣れたから

ニシンは、東北地方や北海道といった日本の東の海で良く釣れる魚であったことから、「東」という漢字が江戸時代以降、使われるようになったという説があります。

ただ、室町時代にはすでに「鰊」という漢字が「節用集」にて使われていたことから、この「東」は「東海地方」を指しているという説もあります。

スポンサーリンク

魚へんに「東」でなんと読むのかまとめ

ニシン

出典:写真AC

いかがでしたか?

今回釣りラボでは、「魚へんに東でなんと読む?」というテーマに沿って、鰊(ニシン)という魚の正しい読み方やその名前の由来をご紹介しました。

他にも、難しい漢字の魚はいっぱいいます。
ぜひこの機会に、魚(へん)の漢字をまとめて覚えてみてはいかがでしょうか?

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

魚へんの漢字一覧はこちら

スポンサーリンク

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

魚へんの漢字一覧
釣りラボマガジン