魚へんに「葉(蝶)」でなんと読む?「鰈」の正しい読み方・由来をご紹介!【魚へんの漢字辞典】

【魚へんの読み方が難しい漢字をご紹介】釣りラボでは、今回、魚へんに「葉(蝶)」と書く「鰈(カレイ)」という魚について、その正しい読み方・意味・漢字の画数・学名・英語名・名前の由来などをご紹介します。ぜひご覧ください。

魚へんの漢字
スポンサーリンク

魚へんに「葉(蝶)」の正しい読み方・語源

カレイ

出典:写真AC

魚へんに「葉」(正確には蝶のつくりと同じ「枼」)で、カレイ(鰈)と読みます。

漢字名

訓読み

かれい

音読み

チョウ

部首(へん)

部首以外

(蝶のつくり)

画数

20画

英語名

flounder

学名

Pleuronectidae

Unicode

U+9C08

カレイは、カレイ目・カレイ科の魚で、非常に多くの種類がいます。
基本的には食用として利用され、日本では主に寿司や刺身、焼き魚、煮付けなどとして食されることが多いです。
特に、コリコリとした食感を感じることができるエンガワなどは、非常に人気のある部位です。

カレイという名前ですが、両目が体の右側についている姿から、片割れの魚として扱われ、そこから「カタワレウオ(イオ)」→「カレイ」という名前がつけられたという説があります。

また、元々朝鮮半島などで「カラエイ」と呼ばれていたことから、それが訛って「カレイ」と呼ばれるようになったとも言われています。

スポンサーリンク

「葉(蝶)」という漢字が使われている理由

カレイ

出典:写真AC

なぜ、鰈(カレイ)という魚へんの漢字には「葉(蝶のつくり)」が使われているのでしょうか?
その由来について、いくつかの説をご紹介します。

葉っぱのように平べったいから

カレイの見た目は、まるで葉っぱのように平べったく、そこから「葉」という漢字が使われるようになったという説があります。

なお、実際につくりに使われている「枼」という漢字(蝶のつくり)は、もともと「葉」を表していた漢字(旧字体)であり、「平たい」「薄っぺらい」という意味を持っていました。

また、近代までカレイとの区別をつけられていなかったヒラメも、同様にその平べったい見た目から、「平」をつくりとして「鮃(ヒラメ)」という漢字を書きます。

色が枯れた葉っぱのようであったから

カレイの体色は、まるで枯れた葉っぱのような(黒)褐色であり、そこから「葉」という漢字が使われるようになったという説もあります。

スポンサーリンク

魚へんに「葉(蝶)」でなんと読むのかまとめ

カレイ

出典:写真AC

いかがでしたか?

今回釣りラボでは、「魚へんに葉(蝶のつくり)でなんと読む?」というテーマに沿って、鰈(カレイ)という魚の正しい読み方やその名前の由来をご紹介しました。

他にも、難しい漢字の魚はいっぱいいます。
ぜひこの機会に、魚(へん)の漢字をまとめて覚えてみてはいかがでしょうか?

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

魚へんの漢字一覧はこちら

スポンサーリンク

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Facebook・Twitterにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

魚へんの漢字一覧
釣りラボマガジン