魚へんに「神(榊)」でなんと読む?「鰰」の正しい読み方・由来をご紹介!【魚へんの漢字辞典】

【魚へんの読み方が難しい漢字をご紹介】釣りラボでは、今回、魚へんに「神(榊)」と書く「鰰(ハタハタ)」という魚について、その正しい読み方・意味・漢字の画数・学名・英語名・名前の由来などをご紹介します。ぜひご覧ください。

魚へんの漢字
スポンサーリンク

魚へんに「神」の正しい読み方・語源

ハタハタ

出典:写真AC

魚へんに「神」と書いて、ハタハタ(鰰)と読みます。
※なお、正確には「榊」のつくりである「神(神の旧字体)」と書きます。

漢字名

訓読み

はたはた

音読み

部首(へん)

部首以外

神(榊のつくり)

画数

21画

英語名

Sailfin sandfish

学名

Arctoscopus japonicus

Unicode

U+9C30

ハタハタは、スズキ目・ハタハタ科の魚で、日本では秋田県の県魚として有名です。
秋田をはじめとした日本海側の海域に生息しています。

主に食用として利用され、焼き魚などに調理されるだけなく、秋田名物である「しょっつる」という魚醤に加工されることもあります。

ハタハタは、もともと雷の落ちる音を表した擬音語(現代の「ゴロゴロ」にあたるもの)でした。
そこから、雷が良く鳴る時期であった、晩秋〜初冬に釣れることが多かったハタハタに、このような名前がつけられたと言われています。

また、晩秋〜初冬は海が荒れることが多く、その様子から波多波多という意味で「ハタハタ」という名前がつけられたという説もあります。

スポンサーリンク

なぜ「神(榊)」という漢字が使われているの?

ハタハタ

出典:写真AC

なぜ、鰰(ハタハタ)という魚へんの漢字には「神(榊のつくり)」が使われているのでしょうか?
その由来について、いくつかの説をご紹介します。

神鳴りの意味から

もともと雷は、神が鳴らすものであるとされており、そこから「神鳴り」→「雷」という名前がつけられました。
ハタハタは、そんな雷がよく鳴る時期に漁獲量が増えたことから、「神(榊のつくり)」が使われるようになったと言われています。

なお、神という漢字ではなく、魚へんに「雷」と書いて「鱩(ハタハタ)」と書き表すこともあります。

体の模様が富士山に似ていたから

ハタハタの体の模様がまるで富士山のようであり、そこから縁起の良いめでたい魚とされていました。
そこから、「神(榊のつくり)」が使われるようになったという説もあります。

スポンサーリンク

魚へんに「神」でなんと読むのかまとめ

ハタハタ

出典:写真AC

いかがでしたか?

今回釣りラボでは、「魚へんに神(榊のつくり)でなんと読む?」というテーマに沿って、鰰(ハタハタ)という魚の正しい読み方やその名前の由来をご紹介しました。

他にも、難しい漢字の魚はいっぱいいます。
ぜひこの機会に、魚(へん)の漢字をまとめて覚えてみてはいかがでしょうか?

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

魚へんの漢字一覧はこちら

スポンサーリンク

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

魚へんの漢字一覧
釣りラボマガジン