【2020年】小貝川のバス釣り攻略ガイド|カヤック・ボートフィッシング

小貝川は栃木県那須烏山市を水源とする利根川の支流で、釣り人に人気のある釣り場の名所です。今回、釣りラボでは、小貝川のバス釣りについて、アクセスや料金といった基本情報から、バス釣りのポイントなどについて解説していきます。ぜひご覧ください。

バス釣り
スポンサーリンク

小貝川でのバス釣りについて

小貝川は関東平野を流れる利根川の支流であり、ブラックバス釣りでは有名な釣りスポットです。

関東に在住している方がバスフィッシングしに行くのに距離が近く、交通の便が良いことが利点です。

小貝川の住所・アクセス・駐車場情報

水源は栃木県那須烏山市にありますが、バス釣りポイントとして有名な地点は茨城県がほとんどです。

アクセスですが、車を用いて都内から高速道路を用いると、1時間で気軽に行くことができます。
高速道路は、常磐自動車道を用いるのが一般的です。

降りるICは、谷和原が良いでしょう。

電車で行く方は関東鉄道常総線の守谷駅で降りて徒歩で小貝川に向かいましょう。

駐車場は少なく、河川の近くの側道に車を停める方が多いようですが、警察などの心配もある方はパーキングに停めましょう。

ただ、パーキングが少ないため、停めてから徒歩となると、思いの外距離を歩かないといけないかもしれません。

小貝川のバス釣りに料金はかかる?

遊漁料は1年券で4,600円です。

鬼怒川と小貝川は管轄が一緒ですので、監視員の方に声をかけられた時点で素早く料金を払いましょう。

ブラックバスは漁業権魚種ではないので遊漁料を支払う義務はないという声もありますが、トラブルを避けるためにも、釣りを楽しませていただいてるという気持ちもこめて支払っておくのが無難でしょう。

スポンサーリンク

小貝川でのバス釣りのポイント・攻略ガイド

バス

出典:写真AC

小貝川のバス釣りポイントを紹介していきます。

流れの速い場所や緩い場所など様々な条件の場所が存在するため、バス釣りを一日中楽しむことが可能です。

小貝川でのバス釣りの楽しみ方

バス釣りの攻め方は大きく分けて2通り存在します。
オカッパリとボートで攻める方法です。

全国的に見ても、ふたつとも楽しめる釣り場は少ないため、小貝川は魅力的な場所です。

オカッパリ(陸っぱり)

オカッパリは、岸からルアーを投げて釣る方法です。

オカッパリの良い点としてコンスタントに狙いたい場所を狙えます。
移動しながら行う釣り方が一般的です。

その場所にバスがいなさそうだと判断したら即移動しましょう。

ボート・カヤックフィッシング

ボートを用いた釣り方は、バス釣りの方にとって憧れです。

ボートのいい点としては岸から攻めることのできない地点を攻めることができるという点です。

移動は大変ですが、ゆっくりと水面に浮かびながら行う釣りは醍醐味です。

小貝川のバス釣りにおすすめのスポット・ポイント

小貝川のバス釣りにおすすめのポイントを2つ紹介します。

おすすめポイント1:牛久沼排水機場

牛久沼排水機場は、小貝川と牛久沼の合流地点に当たる人気ポイントです。
2つの川が合流する地点であるため、魚が多く集まるという特徴があります。

また、カバーなどが多く魚にとっても身をひそめる地点が多いため、岸からでもうまくキャストすることができれば釣果が見込めます。

しかし、釣り人が多いため、魚に対するプレッシャーが強く、初心者の方は苦戦する可能性があります。

ビギナーズラックが発動する可能性もあるので、もし小貝川に行くのであればこの地点はマークしておくことがおすすめです。

おすすめポイント2:常総橋

常総橋は、水量が安定しているので、季節による変化があまり見られない地点です。

他のポイントよりも小貝川の上流に位置しており、流れが若干速いため、流れに流させないルアーを使用することがおすすめです。

また、水門やテトラポットなどのストラクチャーが多い点も魅力的です。

しかし、テトラポットが多いので、釣りを行う際には足場に十分気をつけて釣りを行いましょう。

バス釣りにおすすめの時期・シーズン

小貝川には、ストラクチャーやカバーが多い地点が複数あるため、涼しさを求めて日陰に隠れるバスが集中的する夏場に釣果が期待できると考えられます。

しかし、通年で釣ることも可能ですので、季節にとらわれずにチャレンジしていきましょう。

バス釣りにおすすめの釣り道具・タックル

バス釣りにおいて、おすすめの釣具を紹介していきます。
小貝川では、ワームよりもルアーでの釣果が期待できるので、ベイトタックルを中心に紹介していきます。

【アブガルシア】ベイト ホーネットスティンガープラス

アブガルシアはバス釣りで有名なメーカーです。
かっこよく性能も高く、コストパフォーマンスも良いことから、愛用している方が多いです。

【シマノ】17 カルカッタコンクエスト BFS HG ハンドル

値段は張ってしまいますが、ベイトリールの中で最もおすすめなリールです。

故障も少なく、手入れも行いやすくかっこいい商品です。

【デプス】NEW サイレントキラー

小貝川にはトラウト系が多いことから、似たようなルアーを用いるのが効果的です。
現地に住む生物に合わせたバス釣り方を行うことも重要です。

スポンサーリンク

小貝川でのバス釣り攻略まとめ

バス

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2020年】小貝川のバス釣り攻略ガイド|カヤック・ボートフィッシング」というテーマに沿って、「小貝川でのバス釣りについて」「小貝川でのバス釣りのポイント・攻略ガイド」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

涸沼でのシーバス釣り攻略!釣り場情報やおすすめのポイントも解説!
涸沼は茨城県にあり、シーバス釣りの聖地として多くの釣り人に人気があります。今回、釣りラボでは、そんな涸沼について、アクセ…
国府津海岸の釣り場情報やポイントを解説|アクセス・駐車場・トイレ・釣果
国府津海岸は神奈川県小田原市にあり、東京から比較的近いことから釣り人に人気があります。今回、釣りラボでは、国府津海岸での…
鹿島港(鹿島港魚釣園)のキス釣りポイントを解説|アクセス・料金・営業時間
鹿島港魚釣園は茨城県鹿島港内にある県営の釣り場スポットで、様々な魚種を狙えることから釣り人に人気があります。今回、釣りラ…
【2020年】那珂川のアユ釣り情報|アクセス・解禁日・料金・ポイント
那珂川は栃木県の那須岳山麓を源流としており、天然鮎のメッカとして釣り人から人気があります。今回、釣りラボでは、那珂川のア…
検見川浜の釣り場情報やポイントを解説|アクセス・駐車場・トイレ・釣果
検見川浜は千葉県千葉市の美浜区にある、初心者でも楽しめる人気の釣り場スポットです。今回、釣りラボでは、検見川浜での釣りに…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Facebook・Twitterにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

茨城県の釣り場・釣り堀
釣りラボマガジン