【2022年】タイラバイカメタル兼用リールおすすめ人気ランキング10選!選び方やコスパ最強製品も

どちらも挑戦したい釣り師さん必見!タイラバイカメタル兼用リールはこちら!今回、釣りラボでは、タイラバイカメタル兼用リールの特徴、おすすめのタイラバイカメタル兼用リール、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品のタイラバイカメタル兼用リールをご紹介します。

タイラバリール タイラバ

タイラバイカメタル兼用リールの選び方

アブガルシア(Abu Garcia) マックス ディーエルシー MHPーL (MAX DLC MHP-L) 左巻き

タイラバとイカメタル、どちらもアングラーに大変人気のある釣りです。
どちらもやりたいけど、それぞれに専用のものを購入するのは、かなり費用がかかってしまいます。

そこで、タイラバとイカメタルのタックルを兼用できたら良いですよね。
タイラバとイカメタルはリールの兼用が可能です。

費用も抑えられて、一石二鳥です。
タイラバイカメタル兼用リールの選ぶポイントを見てみましょう。

選ぶポイント1:リールの番手

タイラバとイカメタル兼用リール選びのポイントは、リールの番手です。

タイラバは、PE0.6~1.5号が200m巻けるもの、シマノで100~200番、ダイワで100~150番が目安です。

イカメタルは、PE0.4~0.8号が200m巻けるもの、シマノで100~200番、ダイワで100~150番が目安です。

両方に兼用可能なリールは、PE1.5以下が200m巻けるものが良いでしょう。
途中でラインが切れても対応できるので安心です。

番手で言うと、シマノで100~200番、ダイワで100~150番くらいを目安に選びましょう。

選ぶポイント2:リールの種類

タイラバもイカメタルも、ベイトリールがおすすめです。
カウンター付きであれば、なお良いです。

カウンター付きは、魚のいる棚がわかるのでおすすめです。
もし、カウンターが付いていなくても、ラインに色付きで水深のわかるものを使用すれば良いでしょう。

また、ハンドルは長めのものを選ぶと巻きやすいです。

選ぶポイント3:ギア比

ギア比には、ローギア・ハイギアなどがあります。

ローギアはパワーがあるので、ゆっくり一定速度で巻き上げる動作を繰り返すタイラバには向いています。
特に初心者の方は扱いやすいでしょう。

ハイギアは巻上げ速度が速く、手返しが良いのが特徴です。
イカメタルでは数を釣りあげるチャンスも増えるため、手返しの良いハイギアは向いていると言えます。
タイラバにも感度が良く、上級者に向いています。

どちらも、特性があるので、好みや状況に合わせて選ぶのが良いでしょう。

タイラバイカメタル兼用リールおすすめ人気6選【コスパ最強】

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸 タイラバ 19 炎月 CT 151HG 左

現在販売されているリールの中から、タイラバイカメタル兼用リールにおすすめのリールを6選ご紹介します。
コスパ最強リールもありますので是非参考にしてみてくださいね。

【アブガルシア】MAX DLC MHP-L

アブガルシアのカウンター付きベイトリールです。
2021年発売の新製品で、ギア比5.8のパワーギアタイプです。

デジタルカウンターは、船べりアラーム・LEDバックライトが搭載のデカ文字カウンターです。
コスパも良く、タイラバイカメタル兼用リールにもおすすめです。

【シマノ】19 炎月 CT 150 HG

シマノのカウンター付きベイトリールです。
フォールレバー搭載でフォールのスピードもコントロールできます

液晶画面には、フォール・巻き上げのスピードを表示する他に、同時に水深も把握できます。
タイラバイカメタル兼用リールにもおすすめです。

【シマノ】バルケッタ 201HG

シマノのカウンター付き軽量ベイトリールです。
カウンターには、LEDバックライトが付いていて暗い時間でも釣りが楽しめます。

シマノ独自の軽量カーボン素材CI4+を採用しているので、軽いうえに高い耐久性と感度を実現しています。
タイラバイカメタル兼用リールにもおすすめです。

【シマノ】19 グラップラー CT 151XG

シマノのカウンター付きベイトリール「グラップラー」です。
剛性の高いHAGANEボディにロングハンドルを採用した扱いやすいモデルです。

フォールレバー搭載で、フォールスピードをコントロールできます。
カウンターにはフォール・巻き上げスピードの表示と、水深の把握も可能です。
ギア比8.1のハイギア仕様です。

【ダイワ】紅牙X IC

ダイワのカウンター付きベイトリール「紅牙X IC」です。
100mmロングハンドルとEVAノブで、巻きやすい形状です。

ギア比4.9のパワーギアで、楽巻き仕様で扱いやすいです。
クラッチはワンプッシュで切り替え可能です。

【ダイワ】LIGHT SW X IC SS

ダイワのカウンター付きベイトリールです。
ギア比6.3でノーマルギアです。

ハンドルタイプはダブルで100mmです。
ラインキャパは、PE0.8号150mでタイラバ・イカメタル兼用にも使用可能です。

【2022年新作】おすすめのタイラバイカメタル兼用リール4選

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸17 バルケッタ 201 HG 左ハンドル メタルスッテ ケンサキイカ 2点掛け 鯛ラバ タチウオ 船 手巻

2021年に発売された新作リールの中から、タイラバイカメタル兼用リールにおすすめのリールを2選ご紹介します。

【シマノ】21 バルケッタ BB 150DH-PG

2021年に発売された新製品「バルケッタBB」の150DH-PGです。
パワーギアタイプで巻き上げパワーがあり、従来よりもロングハンドルで初心者でも扱いやすいのが特徴です。

SA-RB搭載で、ベアリング自体に特殊防錆処理を施し、サビに対する耐久性が大幅に向上しました。

タイラバ・イカメタルなどのオフショアルアーから船ライトゲームまで幅広く対応したリールです。
兼用リールにもおすすめです。

【ダイワ】21 バサラ IC 150

2021年に発売された新製品「バサラIC 150」は、ダイワ最高峰の小型手巻きリールです。
ダイワ独自のハイパードライブデジギア搭載で、初期性能の持続を可能にしました

ハイパーダブルサポートで、巻き上げ効率を向上させています。
ハイパータフクラッチにより、メリハリのきいたオンオフが可能にしています。

ハイパーアームドハウジング採用で、内部構造の高剛性・高精度を支えています。
フレームや両サイドプレートにはアルミニウム合金採用しています。

カウンターにはデプスアラーム・LEDバックライト・船べりアラームなどを搭載しています。
タイラバとイカメタル兼用リールにもおすすめです。

【シマノ】エンゲツ 150HG

シマノから2021年発売のエンゲツ 150HGは、シマノ最新タイラバリールらしく、最新機構が惜しげもなく搭載されています

追加ラインナップされた当リールも、150番手スプールを採用したことで深場対応に準拠し、連動するレベルワインダーは、軽量リグを扱う他の釣りにも応用可能なセッティングに進化しています。

【シマノ】バルケッタ 150/151 DH-HG

バルケッタ 150/151 DH-HGは、シマノから2021年に発売になった、バーサタイルに使用出来る、ソルト用両軸リールになります。

搭載されるICカウンターを武器に、レンジを見定めるタイラバやイカメタル、オモリグゲームなど、再現よくバイトをキャッチすることが出来、価格も手を出し易い設定ですので、いりいろな釣りに応用出来ます。

タイラバイカメタル兼用リールについてまとめ

シマノ(SHIMANO) リール 19 グラップラー CT 151XG 左

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】タイラバイカメタル兼用リールおすすめ人気ランキング10選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • タイラバイカメタル兼用リールの選び方
  • タイラバイカメタル兼用リールおすすめ人気6選【コスパ最強】
  • 【2022年新作】おすすめのタイラバイカメタル兼用リール4選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

タイラバとイカメタル兼用リール
さらに探すならこちら!

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】シマノのリールおすすめ人気ランキング11選!特徴やコスパ最強の新製品も
シマノのリールは、多くの釣り好きに愛されるリールであり、ダイワのリールに並んで非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、...
【2022年】ダイワのリールおすすめ人気ランキング12選!特徴やコスパ最強の新製品も
ダイワのリールは、多くの釣り好きに愛されるリールであり、非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、ダイワのリールの特徴、...
【2022年】リールおすすめ人気ランキング17選|選び方・使い方・糸巻きのやり方
リールは、釣りをするに当たって必要不可欠な釣具です。今回、釣りラボでは、リールの選び方・種類・使い方・糸の巻き方・下巻き...
【2022年】おすすめのルアー17選を種類別に紹介!選び方・結び方・付け方も解説
ルアーとは、簡単に言えば擬似餌のことです。このルアーを使ったルアーフィッシングはとても人気があります。今回、釣りラボでは...
【2022年】おすすめコスパ最強のエギングロッド22選|ダイワ・シマノの人気商品は?【初心者必見】
エギングに必須の万能竿であるエギングロッド。初心者から上級者まで幅広いユーザーに利用されています。今回、釣りラボでは、エ...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

タイラバリール
釣りラボマガジン