【2020年】釣りバッカンおすすめ12選!選び方や使い方を徹底解説|ダイワ・シマノの人気商品も

バッカンは、餌・タックルの収納や魚の保管などができる、釣り人には欠かせないアイテムの一つです。今回、釣りラボでは、バッカンの使い方や選び方について解説した上で、おすすめの釣り用バッカンをブランド別・機能別にご紹介。また、2020年の新製品も一緒に紹介。

釣り餌
スポンサーリンク

バッカンとは?その意味をご紹介

出典:写真AC

バッカンとは、釣りのエサ入れとして使用される柔らかい素材のボックスコンテナです。
バッカンの名前の意味は、昔の海軍が飯入れとして利用していた「飯缶」から由来しています。

近年ではさまざまな性能を備えたバッカンが登場し、単なるエサ入れの道具ではなくなってきました。
今回はおすすめの釣り用バッカンを詳しくご紹介していきます。

バッカンの使い方・使い道

バッカンの使い方は、エサ入れとしての使い道が一般的です。
撒き餌用のコマセを入れたり、海水を貯めて生餌を入れたりして使用します。
その他にも水が漏れない特徴を活かして魚の血抜きや水くみ用のバケツとして使用でき、釣りが終わった後にウェーダーを入れて持ち帰るのにも便利です。

肩掛けや蓋がついているタイプはタックルボックスとしても活躍します。
釣りだけではなく、キャンプや海水浴などのアウトドアで使っている人も多いです。

バッカンの選び方・ポイント

それでは実際にバッカンの選び方をご紹介します。

サイズ

用途によってバッカンのサイズは異なるので、きちんと用途に合ったサイズを選ぶようにしましょう。

水くみ用や小さな魚を生かしておくのに使うのであれば、20~30センチのコンパクトなタイプがおすすめです。
タックルバックや小物入れとして使うのであれば、少し大きめのバッカンを選ぶようにしましょう。
迷ったときには30~40センチのサイズの汎用性が高いバッカンを選ぶとよいでしょう。

ハードタイプかソフトタイプか

バッカンの素材はハードタイプとソフトタイプの2種類があります。

ハードタイプは厚みがあり、しっかりと自立するのでタックルボックスや小物入れとしての用途がおすすめです。
エサを混ぜるときにも、ハードタイプであればよれることなくしっかりとエサをかき混ぜることができます。

ソフトタイプは軽量で折り畳みもできるのが特徴です。
耐久性はハードタイプに劣りますが持ち運びが便利であらゆるシーンで活躍するので、ひとつは持っておきたいアイテムです。

機能性

なかには、バッカンの側面にロッドホルダーがついているタイプもあります。
ショルダーもついているので、このような機能性の高いバッカンに道具を収納すればタックルの持ち運びが非常に便利になります。

また、魚を生かしておくためにバッカンの側面にポンプホルダーがついているタイプもあります。
このようなバッカンは活かしバッカン(ライブウェル)とも呼ばれます。
水換えをしやすいようにメッシュ蓋になっていたり、水がこぼれないように二重構造になっていたりと、様々な性能を備えているものも多いです。

スポンサーリンク

おすすめの釣り用バッカン10選

出典:写真AC

それでは実際におすすめの釣り用バッカン10選をご紹介します。

ブランド別おすすめバッカン5選

まずはブランド別にご紹介します。
ご自身で使っているタックルのメーカーと合わせて選ぶのもよいですね。

ダイワのおすすめバッカン2選

豊富な種類のバッカンを取り揃えているダイワですが、なかでも人気のバッカンはこちらです。

【ダイワ】ランガンキーパー S30

移動時に水がこぼれないよう、水返しがついた内蓋になっています。
側面にマルチホルダーがついており、ロッドやプライヤーを収納できるので便利です。

【ダイワ】水くみバッカンS

8mのロープがついた、水くみ用のバッカンです。
縁の部分におもりが内蔵されているため、バランスよく水をくむことができます。
コスパもよく、初めてバッカンを購入する方にもおすすめしたい商品です。

シマノのおすすめバッカン1選

性能だけではなくデザイン性にも優れ、女子にもおすすめのシマノのバッカンはこちらです。

【シマノ】バッカン リミテッドプロ

ワンプッシュでハンドルを結合することができ、使わないときはコンパクトに収納できるので持ち運びにとても便利です。
蓋が邪魔にならないようハンドルでキープしておくこともできるため、スムーズに釣りを楽しめます。
底部に滑り止めがついているので、滑りやすいテトラや磯での釣りにもおすすめです。

DRESSのおすすめバッカン2選

アニメのキャラクターとコラボするなど、おしゃれに釣りを盛りあげるアクセサリーを多く販売しているDRESSからもさまざまなタイプのバッカンが販売されています。

【DRESS】バッカンミニ PLUS

ロッドホルダーが2本ついた軽量タイプのバッカンなので持ち運びに便利です。
持ち手がしっかりしており、ショルダーもついているのでランガンにおすすめです。

【DRESS】活かし水くみバケツ バッカン

窓開け口がついたメッシュの蓋がついているため、魚を入れやすく魚が飛び出る心配もありません。
バランスシンカーが内蔵されているのでバランスよく水くみを行うことができます。

機能別おすすめバッカン5選

続いて機能別におすすめのバッカンをご紹介します。

竿立て・竿掛け機能付きバッカン3選

竿立て・竿掛け機能がついたタイプのバッカンは、ロッドの持ち運びに便利です。
直接地面にロッドを置く必要がないのでロッドを傷つける心配もありません。

【ティクト】ライトゲームコンパクトバッカン2

両側面に2つずつロッドホルダーがついており、計4つのロッドを収納することができます。
ポーチ内にはリーダーホルダーやトレイもついており、タックルボックスとして最適なバッカンです。

【クロスファクター】EVA タックルバック ロッドスタンド付き

耐久性が高く、雨や波にも耐えうるのであらゆるシーンの釣りで活躍します。
蓋一面が収納バッグになっているので収納力も抜群です。
両面合わせて4本のロッドケースがついています。

【プロックス】EVAタックルバッカン ロッドホルダー付

蓋は手入れが簡単な素材になっており、完全に取り外すことができます。
ボディも水洗い可能なので船釣りや渓流釣りなどでも活躍します。
ロッドケースが両面合わせて4本ついています。

保冷機能付きバッカン2選

保冷機能がついたバッカンであれば、海水の温度をキープして魚を活かしておくことができます。
ランガンなどで歩き回るとき、クーラーボックスでは重くて持ち運べないという方は保冷機能がついたバッカンがおすすめです。

【DRESS】ランガンキープバック

丸洗い可能なセミハードタイプのバッカンです。
断熱材を使用しており、保冷・保温効果があるので氷を入れておくのにも便利です。

【ダイワ】トーナメントクールキーパーバッカン

簡易断熱素材が内蔵されたクールボディーのため、バッカン内の温度上昇が最小限に抑えられます。
2個のエアポンプと4個のロッドを収納でき、収納力も抜群です。
大会や長時間の釣りには最適なバッカンです。

スポンサーリンク

【2020年新作】おすすめバッカン2選

続いて、2020年に発売された新製品のバッカンを2つご紹介します。

【マルキュー】パワーバッカンセミハードTRⅥ

撒き餌などを持ち運ぶためどうしても重くなりがちのバッカンですが、こちらのパワーバッカンセミハードTRⅥはハンドル位置を変更することで、手にかかる負荷が軽くなり安定して持ち運べる設計になっています。
両側にカスタムベルトが付いていることで、別売のロッドスタンドやポーチを取り付けることが可能です。
蓋は横に開く形状になっており、強風の際に固定することのできるボタンがついている点も魅力です。

【ダイワ】銀狼バッカン FH 40(C)

2020年にリリースされた銀狼バッカン FH 40(C)の大きな特徴は、容量が大きく頑丈なことです。
チヌのコマセ釣りのように大量の寄せ餌・撒き餌が必要なシチュエーションに最適で、バッカンの中は餌が掬いやすいように角が丸くなっています。
底に付けられた滑り止め、蓋を丸めて止められるスナップ、つまみやすく塩がみに強い大型ファスナー、持ちやすい合体ハンドルといった実用面に即した機能も申し分ありません。

スポンサーリンク

バッカンのカスタムアイテム

出典:写真AC

バッカンに機能性を加えるため、自分でカスタムしているアングラーも多いです。
バッカン用のアイテムもありますが、DAISOなど100均でワイヤーのかごを購入してインナーボックスの代わりにするのもおすすめです。

【DRESS】バッカントレー

バッカンの縁にひっかけるタイプのトレイです。
ルアー入れや小物入れとして、持っていれば絶対に便利なアイテムです。

スポンサーリンク

バッカンの代用になるアイテム

出典:写真AC

バッカンの代用アイテムとしては、バケツが代表例として挙げられます。
水くみとコマセ入れとしての最低限の機能は果たすことができます。

電車移動などで荷物を最小限にしたいときには、現地の100均やホームセンターで購入してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

おすすめのバッカンまとめ

出典:写真AC

スポンサーリンク

バッカンとは?その意味をご紹介

出典:写真AC

バッカンとは、釣りのエサ入れとして使用される柔らかい素材のボックスコンテナです。
バッカンの名前の意味は、昔の海軍が飯入れとして利用していた「飯缶」から由来しています。

近年ではさまざまな性能を備えたバッカンが登場し、単なるエサ入れの道具ではなくなってきました。
今回はおすすめの釣り用バッカンを詳しくご紹介していきます。

バッカンの使い方・使い道

バッカンの使い方は、エサ入れとしての使い道が一般的です。
撒き餌用のコマセを入れたり、海水を貯めて生餌を入れたりして使用します。
その他にも水が漏れない特徴を活かして魚の血抜きや水くみ用のバケツとして使用でき、釣りが終わった後にウェーダーを入れて持ち帰るのにも便利です。

肩掛けや蓋がついているタイプはタックルボックスとしても活躍します。
釣りだけではなく、キャンプや海水浴などのアウトドアで使っている人も多いです。

バッカンの選び方・ポイント

それでは実際にバッカンの選び方をご紹介します。

サイズ

用途によってバッカンのサイズは異なるので、きちんと用途に合ったサイズを選ぶようにしましょう。

水くみ用や小さな魚を生かしておくのに使うのであれば、20~30センチのコンパクトなタイプがおすすめです。
タックルバックや小物入れとして使うのであれば、少し大きめのバッカンを選ぶようにしましょう。
迷ったときには30~40センチのサイズの汎用性が高いバッカンを選ぶとよいでしょう。

ハードタイプかソフトタイプか

バッカンの素材はハードタイプとソフトタイプの2種類があります。

ハードタイプは厚みがあり、しっかりと自立するのでタックルボックスや小物入れとしての用途がおすすめです。
エサを混ぜるときにも、ハードタイプであればよれることなくしっかりとエサをかき混ぜることができます。

ソフトタイプは軽量で折り畳みもできるのが特徴です。
耐久性はハードタイプに劣りますが持ち運びが便利であらゆるシーンで活躍するので、ひとつは持っておきたいアイテムです。

機能性

なかには、バッカンの側面にロッドホルダーがついているタイプもあります。
ショルダーもついているので、このような機能性の高いバッカンに道具を収納すればタックルの持ち運びが非常に便利になります。

また、魚を生かしておくためにバッカンの側面にポンプホルダーがついているタイプもあります。
このようなバッカンは活かしバッカン(ライブウェル)とも呼ばれます。
水換えをしやすいようにメッシュ蓋になっていたり、水がこぼれないように二重構造になっていたりと、様々な性能を備えているものも多いです。

スポンサーリンク

おすすめの釣り用バッカン10選

出典:写真AC

それでは実際におすすめの釣り用バッカン10選をご紹介します。

ブランド別おすすめバッカン5選

まずはブランド別にご紹介します。
ご自身で使っているタックルのメーカーと合わせて選ぶのもよいですね。

ダイワのおすすめバッカン2選

豊富な種類のバッカンを取り揃えているダイワですが、なかでも人気のバッカンはこちらです。

【ダイワ】ランガンキーパー S30

移動時に水がこぼれないよう、水返しがついた内蓋になっています。
側面にマルチホルダーがついており、ロッドやプライヤーを収納できるので便利です。

【ダイワ】水くみバッカンS

8mのロープがついた、水くみ用のバッカンです。
縁の部分におもりが内蔵されているため、バランスよく水をくむことができます。
コスパもよく、初めてバッカンを購入する方にもおすすめしたい商品です。

シマノのおすすめバッカン1選

性能だけではなくデザイン性にも優れ、女子にもおすすめのシマノのバッカンはこちらです。

【シマノ】バッカン リミテッドプロ

ワンプッシュでハンドルを結合することができ、使わないときはコンパクトに収納できるので持ち運びにとても便利です。
蓋が邪魔にならないようハンドルでキープしておくこともできるため、スムーズに釣りを楽しめます。
底部に滑り止めがついているので、滑りやすいテトラや磯での釣りにもおすすめです。

DRESSのおすすめバッカン2選

アニメのキャラクターとコラボするなど、おしゃれに釣りを盛りあげるアクセサリーを多く販売しているDRESSからもさまざまなタイプのバッカンが販売されています。

【DRESS】バッカンミニ PLUS

ロッドホルダーが2本ついた軽量タイプのバッカンなので持ち運びに便利です。
持ち手がしっかりしており、ショルダーもついているのでランガンにおすすめです。

【DRESS】活かし水くみバケツ バッカン

窓開け口がついたメッシュの蓋がついているため、魚を入れやすく魚が飛び出る心配もありません。
バランスシンカーが内蔵されているのでバランスよく水くみを行うことができます。

機能別おすすめバッカン5選

続いて機能別におすすめのバッカンをご紹介します。

竿立て・竿掛け機能付きバッカン3選

竿立て・竿掛け機能がついたタイプのバッカンは、ロッドの持ち運びに便利です。
直接地面にロッドを置く必要がないのでロッドを傷つける心配もありません。

【ティクト】ライトゲームコンパクトバッカン2

両側面に2つずつロッドホルダーがついており、計4つのロッドを収納することができます。
ポーチ内にはリーダーホルダーやトレイもついており、タックルボックスとして最適なバッカンです。

【クロスファクター】EVA タックルバック ロッドスタンド付き

耐久性が高く、雨や波にも耐えうるのであらゆるシーンの釣りで活躍します。
蓋一面が収納バッグになっているので収納力も抜群です。
両面合わせて4本のロッドケースがついています。

【プロックス】EVAタックルバッカン ロッドホルダー付

蓋は手入れが簡単な素材になっており、完全に取り外すことができます。
ボディも水洗い可能なので船釣りや渓流釣りなどでも活躍します。
ロッドケースが両面合わせて4本ついています。

保冷機能付きバッカン2選

保冷機能がついたバッカンであれば、海水の温度をキープして魚を活かしておくことができます。
ランガンなどで歩き回るとき、クーラーボックスでは重くて持ち運べないという方は保冷機能がついたバッカンがおすすめです。

【DRESS】ランガンキープバック

丸洗い可能なセミハードタイプのバッカンです。
断熱材を使用しており、保冷・保温効果があるので氷を入れておくのにも便利です。

【ダイワ】トーナメントクールキーパーバッカン

簡易断熱素材が内蔵されたクールボディーのため、バッカン内の温度上昇が最小限に抑えられます。
2個のエアポンプと4個のロッドを収納でき、収納力も抜群です。
大会や長時間の釣りには最適なバッカンです。

スポンサーリンク

【2020年新作】おすすめバッカン2選

続いて、2020年に発売された新製品のバッカンを2つご紹介します。

【マルキュー】パワーバッカンセミハードTRⅥ

撒き餌などを持ち運ぶためどうしても重くなりがちのバッカンですが、こちらのパワーバッカンセミハードTRⅥはハンドル位置を変更することで、手にかかる負荷が軽くなり安定して持ち運べる設計になっています。
両側にカスタムベルトが付いていることで、別売のロッドスタンドやポーチを取り付けることが可能です。
蓋は横に開く形状になっており、強風の際に固定することのできるボタンがついている点も魅力です。

【ダイワ】銀狼バッカン FH 40(C)

2020年にリリースされた銀狼バッカン FH 40(C)の大きな特徴は、容量が大きく頑丈なことです。
チヌのコマセ釣りのように大量の寄せ餌・撒き餌が必要なシチュエーションに最適で、バッカンの中は餌が掬いやすいように角が丸くなっています。
底に付けられた滑り止め、蓋を丸めて止められるスナップ、つまみやすく塩がみに強い大型ファスナー、持ちやすい合体ハンドルといった実用面に即した機能も申し分ありません。

スポンサーリンク

バッカンのカスタムアイテム

出典:写真AC

バッカンに機能性を加えるため、自分でカスタムしているアングラーも多いです。
バッカン用のアイテムもありますが、DAISOなど100均でワイヤーのかごを購入してインナーボックスの代わりにするのもおすすめです。

【DRESS】バッカントレー

バッカンの縁にひっかけるタイプのトレイです。
ルアー入れや小物入れとして、持っていれば絶対に便利なアイテムです。

スポンサーリンク

バッカンの代用になるアイテム

出典:写真AC

バッカンの代用アイテムとしては、バケツが代表例として挙げられます。
水くみとコマセ入れとしての最低限の機能は果たすことができます。

電車移動などで荷物を最小限にしたいときには、現地の100均やホームセンターで購入してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

おすすめのバッカンまとめ

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2020年】釣りバッカンおすすめ12選!選び方や使い方を徹底解説|ダイワ・シマノの人気商品も」というテーマに沿って、「バッカンとは?その意味をご紹介」「おすすめの釣り用バッカン10選」「バッカンのカスタムアイテム」「バッカンの代用になるアイテム」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2020年】ロッドおすすめ人気ランキング25選|釣りスタイル・ターゲット別にご紹介
ロッド・釣竿には様々な種類があり、どうやって選べば良いか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか?今回、釣りラボでは、釣…
【2020年】ロッドホルダー付きバッカンおすすめ8選|ダイワ・プロックス・バリバス
ロッドホルダー付きのバッカンは、釣りに必要な荷物を減らすことができ、とても便利です。今回、釣りラボでは、おすすめのロッド…
【2020年】活かしバッカンおすすめ9選をタイプ別に紹介!ダイワ・シマノの人気商品や自作方法も
活かしバッカンは、釣った魚や生エサの保管などができる、釣り人には欠かせないアイテムの一つです。今回、釣りラボでは、活かし…
タックルとは?釣りで大活躍のコスパ最強タックル・釣具の選び方をご紹介
どのようなタックルを選ぶべきのか?という問題は、釣り初心者が最初にぶつかる壁です。今回、釣りラボでは、タックルの意味、種…
ダイワ(DAIWA)のおすすめバッカン15選と使い方を徹底解説!
バッカンは釣り人にとって欠かせないアイテムの一つです。今回、釣りラボでは、ダイワ(DAIWA)から販売されているバッカン…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン