【2021年】エギング用ベイトロッドおすすめ人気ランキング8選!選び方や新製品も

近年、エギングにベイトタックルで挑む人が増えていますが、どのようなロッドを選ぶべきなのでしょうか?今回、釣りラボでは、エギング用ベイトロッドの特徴、おすすめのエギング用ベイトロッド、2021年シーズンに向けた新製品のエギング用ベイトロッドをご紹介します。

エギング ロッド・釣竿
スポンサーリンク

そもそもエギングにベイトタックルを使っても良い?

ダイワ(DAIWA) ティップランロッド エメラルダス MX BORT 65MB-S・E 釣り竿

そもそもエギングにベイトタックルを使って良いのでしょうか。
ベイトリールやベイトリール用ベイトロッドといったベイトタックルは、手返しが良いことや、キャスティング時の正確性という点で、スピニングタックルよりも、優位性があります。

またベイトリールは、ラインを出す方向とスプールの向きが一致しており、スピニングタックルに比べて、パワーがあるという良い点もあります。

ベイトタックルは、エギングにおいても十分活用可能で、何ら問題なく使うことができます。

スポンサーリンク

エギング用ベイトロッドの選び方

がまかつ ラグゼ EGTR X B65ML-solid

エギング用ベイトロッドの選び方を解説します。
ショアからキャストするエギング用のベイト専用ロッドを提供しているメーカーはほとんどありません。

ベイトロッドの多くはティップランエギング用となるので、ティップランエギング用ロッドの選び方を中心に解説します。

ティップランエギング用のロッドと、ショアからのエギング用のロッドは、主に長さが異なるのですが、長めのロッドを選ぶことでショアからのエギングも楽しむことができます。

選ぶポイント1:長さで選ぶ

ティップランエギング用のベイトロッドの長さは概ね5ft~7ftがおすすめです。
エギの飛距離を稼ぐ必要のないティップランエギング用のロッドは、船の上での取り回しが大切です。

5ft~7ftの中で選択し、選択に迷ったら6ft台の長さのエギングロッドを選んでおけば問題は無いでしょう。

なおオールラウンドロッドなどには、7ftを超えるものもあり、ティップランエギングのほかにショアからのエギングも楽しめます。

選ぶポイント2:硬さで選ぶ

エギング用のロッドの硬さは、主として使用するエギの重さで選びますが、概ねLからMの硬さとなります。

迷ったらMLを選んでおくと良いでしょう。
MLのロッドは、エギングで使う場合の多い40g程度のエギに最も適した硬さで、初心者にもおすすめです。

スポンサーリンク

エギング用ベイトロッドおすすめ人気6選

エバーグリーン ポセイドン スキッドロウインペリアル NIMC-70MST ディープエモーション70

エギング用ベイトロッドおすすめ人気6選を解説します。

【ダイワ】エメラルダスMXボート 65MB-S・E

ボートエギングロッドに求められる仕様を満足するロッドで、ジャークアクションに加え、細かいアタリをしっかりととらえることができるコスパの良いモデルです。

65MB-S・Eは、深いエリアに生息するモンスターイカを確実に仕留めるためのベイトロッドで、長めのリアグリップが特徴で、人気がありランキングに上がることもあります。

【がまかつ】ラグゼEGTRX B65ML-solid

ティップランエギングにおいてとても大切な、ロングステイにおけるエギの安定性を追求し、パワーと調子を徹底的に追求したロッドです。

アオリイカなどの、繊細なアタリを検知するためのセンサーティップを搭載し、かつバットパワーも確保しており、おすすめです。

【エバーグリーン】NIMC-70MST ディープエモーション70

エバーグリーンから発売されているオフショアのディープエギングに特化したモデルでおすすめです。

繊細な穂先に加え、強力なバットで、水深の大きな場所にあるエギを完全にコントロールできます。
ディープタイラバにも対応できる汎用性の高いモデルです。

【ヤマガブランクス】バトルウィップ IM69B

ツツイカ類を狙うイカメタル用のロッドで、カーボンソリッドティップで目感度が高くなっています。

軽量で高いバランスのブランクスは、操作性も高く、大型のイカがヒットした際にも、きちんとリフトすることができます。

【バレーヒル】レトログラード RGXC-66S

ティップランエギング専用ロッドで、適度な張りを持つカーボンソリッドティップで、イカのアタリを確実に感じることができます。

RGXC-66Sは、イカメタル専用のモデルでオールマイティーな6.6ftのレングスは、扱いやすくおすすめです。

【プロックス】スキッドゲーム SGAK70C

メタルスッテ、ティップランエギングに1本で対応できる汎用性の高いロッドで、センサーソリッドティップを採用しています。

Kガイドは糸絡みを軽減したほか、超軽量のスケルトンシートなど使い勝手も考慮されています。

スポンサーリンク

【2021年新作】おすすめのエギング用ベイトロッド2選

バレーヒル(ValleyHill) レトログラードX 66S-Metal 41866

2021年新作、おすすめのエギング用ベイトロッド2選をご紹介します。

【ダイワ】セブンハーフ 76MLB

2021年新製品の、ダイワの最新オールラウンドロッドで、長さは同じで、硬さによって釣りのターゲットを変えています。

76MLBは、4本継ぎで運びやすく、エギングのほかに、バス、シーバスやアジ、メバルなどのルアーフィッシングを楽しむこともできます。

【シマノ】クロスミッションBB B66ML-S

2021年新作の、シマノのオールラウンドに使えるオフショアソルトロッドで、オフショアからの様々なルーフィッシングに対応できるモデルが準備されています。

B66ML-Sは、MAX60gまでのエギウェイトに対応し、硬さMLのモデルで、ボートでのエギングに向いています。

スポンサーリンク

エギング用ベイトロッドについてまとめ

プロックス スキッドゲームエアーK SGAK70C 7.0ft

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2021年】エギング用ベイトロッドおすすめ人気ランキング8選!選び方や新製品も」というテーマに沿って、

  • そもそもエギングにベイトタックルを使っても良い?
  • エギング用ベイトロッドの選び方
  • エギング用ベイトロッドおすすめ人気6選
  • 【2021年新作】おすすめのエギング用ベイトロッド2選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

エギング向けベイトロッド
さらに探すならこちら!

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2021年】おすすめコスパ最強のエギングロッド16選|ダイワ・シマノの人気商品は?【初心者必見】
エギングに必須の万能竿であるエギングロッド。初心者から上級者まで幅広いユーザーに利用されています。今回、釣りラボでは、エ…
【2021年】シマノのエギングロッドおすすめ人気ランキング11選!特徴や新製品も
シマノのエギングロッドは、エギング初心者から上級者までに支持される人気の製品です。今回、釣りラボでは、シマノのエギングロ…
【2021年】ダイワのエギングロッドおすすめ人気ランキング11選!特徴や新製品も
ダイワのエギングロッドは、エギングをするならぜひ1本は持っておきたい商品です。今回、釣りラボでは、ダイワのエギングロッド…
エギングロッドは何でも使える万能竿?2021年最新のおすすめ万能ロッド11選と選び方をご紹介
エギングロッドは、エギングだけでなく、実に様々な釣りで活躍する万能竿です。今回、釣りラボでは、エギングロッドが活躍する場…
【2021年最新】初心者向けのエギングロッドおすすめ11選!人気のメーカーも紹介!
エギング初心者にとってロッド選ぶは種類が多すぎて迷ってしまいます。ロッドは釣果に直結するので、失敗して購入したくないです…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン