【2022年】高感度のティップランロッドおすすめ人気ランキング9選!メリットやコスパ最強製品も

近年大注目!高感度のディップランロッド厳選集!今回、釣りラボでは、高感度のティップランロッドの特徴、メリット、おすすめの高感度のティップランロッド、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品の高感度のティップランロッドをご紹介します。

エギングロッド エギング

高感度のティップランロッドを使うメリットとは?

ダイワ EMERALDAS X BOAT 65MLS IL

ティップランとは、オフショアで行うエギングのことですが、ショアからエギをキャストするエギングとは違い、バーチカル(垂直方向)な釣りで、基本的にショアからのエギングより深場を狙います。

従って、ショアからのエギングよりも、アタリが取りづらい釣りになります。
そのため、ティップ(穂先)の微妙な動き(ラン)を目で見てアタリを取る釣り方になります。

こうした理由から、ティップランエギングに使うロッドには、当然ながらより高感度を求められます。
特にティップ部の感度が重要です。

ここでは、高感度ティップランロッドを選ぶメリットついて説明します。

メリット1:深場に強い

ティップランエギングはオフショアで行いますので当然ながらショアからのエギングよりも深場を狙うことになります。
ポイントが深くなれば、アタリを感知することが難しくなります。

高感度ティップランロッドは深場でもアタリをアングラーに伝達する能力が高いです。

メリット2:身切れを軽減出来る

高感度のティップランロッドは、大きくアワセた際に起こりやすい、イカの身がちぎれて足だけ上がってくるといった、身切れトラブルが少ないです。

大きくアワセてもしなやかに力を受け止めてティップを大きく曲げ、確実にイカを掛けつつ、身が切れにくくなっています

高感度のティップランロッドの選び方

シマノ(SHIMANO) エギングロッド 18 セフィア CI4+ ティップエギング S68M-S 深場 急流域

次に、実際に高感度のティップランロッドを選ぶ際のポイントについて説明します。

選ぶポイント1:ティップの構造で選ぶ

ティップの構造は大きく分けて2つあります。
ひとつは、中身が詰まっているソリッドティップです。

もうひとつは、カーボンシートをマンドレルという棒状の道具に巻き付けて焼き固めたチューブラーと呼ばれる中空ティップです。
ティップランエギングをする場合、より細く出来、より感度を高められるソリッドティップが向いています

選ぶポイント2:長さで選ぶ

ティップランエギングは、基本垂直方向の釣りになるため、あまり長いロッドは必要なく、5〜6フィートのモデルを選びます。
長いロッドは狭い船上では取り回しに苦労します。

選ぶポイント3:調子で選ぶ

ティップランエギングは感度最優先の釣りですから、調子(テーパー)は先調子のものを使いましょう。
ファスト、あるいはエキストラファストと呼ばれるものがおすすめです。

高感度のティップランロッドおすすめ人気6選【コスパ最強】

ダイワ(DAIWA) ティップランロッド エメラルダス EX BOAT 511LS-SMT 釣り竿

それでは、ここからは、高感度のティップランロッドとしておすすめの、コスパに優れた人気モデルを紹介して行きます。

【ダイワ】エメラルダス X BOAT 65ML IL

風の影響を受けにくいインターライン(中通し式)ロッドです。
外ガイド式のロッドと比較するとラインの遊びが少ないため、アクションをよりダイレクトにエギに伝達する事ができます。

【シマノ】セフィア CI4+ S68M-S

柔軟性の高いカーボンソリッドティップ、タフテックαを採用し、先径を上げずに強しなやかに曲がる高感度ティップに仕上げられています。
コスパに優れたティップランロッドとして、初心者からベテランまでおすすめできるモデルです。

【ダイワ】エメラルダス EX BOAT 511LS-SMT

ダイワのボートエギングロッドのフラッグシップモデルです。
高密度カーボンブランクス、エアガイドシステム、スーパーメタルトップなど、ダイワのテクノロジーの粋を極めたモデルです。

【メジャークラフト】3代目クロステージ ティップランエギング CRXJ-S682M/TE

エントリークラスのロッドとして、感度と操作性を両立させ、全体バランスの最適化が図られたモデルです。
短距離であればキャストエギングにも十分に対応できます。

【バレーヒル】レトログラードX RGXS-65S

兵庫県の釣具商社・谷山商事が手掛ける高感度ティップランエギングロッドです。
深場に落として重くなった仕掛けの操作性を重視し、敢えてハリを持たせたブランクスを採用し、深場に沈めたエギにもライブ感を与えます。

【シマノ】セフィア BB S70ML-S

シマノ・セフィアシリーズの末弟モデルであるセフィアBBのティップランモデルです。
S70ML-Sは、感度重視の設計で、ソリッドティップやねじれ剛性の補強であるハイパワーXなど、上位機種譲りの高性能ロッドになっています。

【2022年新作】おすすめの高感度のティップランロッド3選

メジャークラフト エギングロッド 3代目クロステージ ティップランエギング CRXJ-S682M/TE 釣り竿

最後に、2022年春イカシーズンに備え、2021年に発売された、最新の高感度ティップランロッドを紹介します。

【シマノ】セフィア エクスチューンS68ML-S

自重87gという、シマノのエギングロッド最軽量級の超高感度ロッドです。
操作性の良さ、掛けたあとの踏ん張り、引き上げるパワーともに最高級のティップランモデルです。

【バレーヒル】レトロマティック-X RMXS-70S

秋アオリをメインターゲットに据え、3号前後のエギを30m程度の水深まで沈めて狙うのに向いたティップランエギングロッドです。
7フィートのレングスは、シャクリ、フォールなどの操作がやりやすい、初心者に大変おすすめのモデルです。

【シマノ】S511ML-S

シマノから2021年発売のセフィア エクスチューン ティップエギング S511ML-Sは、短尺モデルの特長である高感度性を保有する、ティップランエギングロッドです。

ソリッドティップと短尺ブランクスの組み合わせは、高感度性だけでなく、船上での取り回しのよさから、インターバルの短いゲームが展開出来ます。

高感度のティップランロッドについてまとめ

ValleyHill/バレーヒル レトログラードX RGXS-65S ティップランロッド

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】高感度のティップランロッドおすすめ人気ランキング9選!メリットやコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • 高感度のティップランロッドを使うメリットとは?
  • 高感度のティップランロッドの選び方
  • 高感度のティップランロッドおすすめ人気6選【コスパ最強】
  • 【2022年新作】おすすめの高感度のティップランロッド3選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

高感度のティップランロッド
さらに探すならこちら!

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】シマノのリールおすすめ人気ランキング11選!特徴やコスパ最強の新製品も
シマノのリールは、多くの釣り好きに愛されるリールであり、ダイワのリールに並んで非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、...
【2022年】ダイワのリールおすすめ人気ランキング12選!特徴やコスパ最強の新製品も
ダイワのリールは、多くの釣り好きに愛されるリールであり、非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、ダイワのリールの特徴、...
【2022年】リールおすすめ人気ランキング17選|選び方・使い方・糸巻きのやり方
リールは、釣りをするに当たって必要不可欠な釣具です。今回、釣りラボでは、リールの選び方・種類・使い方・糸の巻き方・下巻き...
【2022年】おすすめのルアー17選を種類別に紹介!選び方・結び方・付け方も解説
ルアーとは、簡単に言えば擬似餌のことです。このルアーを使ったルアーフィッシングはとても人気があります。今回、釣りラボでは...
【2022年】おすすめコスパ最強のエギングロッド22選|ダイワ・シマノの人気商品は?【初心者必見】
エギングに必須の万能竿であるエギングロッド。初心者から上級者まで幅広いユーザーに利用されています。今回、釣りラボでは、エ...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

エギングロッド
釣りラボマガジン