【2021年】本流トラウト用ベイトリールおすすめ人気ランキング8選!メリットやコスパ最強製品も

本流トラウトゲームにベイトリールを使う方が増えています。今回、釣りラボでは、本流トラウト用ベイトリールの特徴、メリット、おすすめの本流トラウト用ベイトリール、コスパ最強製品、2021年シーズンに向けた新製品の本流トラウト用ベイトリールをご紹介します。

リール バス釣り
スポンサーリンク

本流トラウトにベイトリールを使うメリットとは?

アブガルシア(Abu Gacia) ベイトリール レボ エルティーセブン (Revo LT7) LT7-L 左巻き

渓流よりも川幅の広い、大きな川のことを本流といいます。
本流では、比較的大きなイワナや、ヤマメ、ニジマス、ブラウントラウトなどのトラウトたちを釣ることができます。

本流トラウトには、一般的にスピニングリールをメインで使う人が多いです。
しかし、近年では、手返しの良いベイトリールも数多く販売されているため、ベイトリールを選ぶ人もふえています。

今回は、ベイトリールを使うメリットについて、焦点をあてていきます。

メリット1:手返しの良さ

手返しとは、仕掛けを回収してから、再度、投入するの一連の動作のことで、当然、手返しが良いと、魚を釣るチャンスも増えます。

近年では手返しの良い、ハイギア仕様の、ベイトリールも数多く販売されています。

メリット2:キャスティング

ベイトリールは、狙ったところにキャストしやすいのが特徴です。
本流トラウトゲームでは、警戒心の強い魚に気づかれないよう、狙ったところにキャスティングできると有利です。

メリット3:巻き上げ力

ベイトリールは、力強い巻き上げが魅力です。
流したルアーの回収や、アクションでのルアー操作が簡単にできます。

メリット4:クラッチの活用

小刻みにロッドを動かし、小魚のイメージでトラウトを誘うルアーアクションを、トゥイッチと言いますが、トゥイッチをする合間にクラッチを切ることで、本物の小魚のような演出ができます。

スポンサーリンク

本流トラウト用ベイトリールの選び方

アブガルシア(Abu Garcia) ベイトリール REVO LTX-BF8-L 左巻き 2016モデル バス釣り 最軽量モデル

本流トラウトは、流れのはやいネイティブな環境で釣りをすることになるので、釣り場に適したリール選びが重要になります。

では、本流トラウト用ベイトリールの選ぶポイントを、見ていきましょう。

選ぶポイント1:番手

番手とは、リールの大きさのことです。
本流トラウトフィッシングは、渓流と違い、トラウトのサイズも大きくなります。

50cm超えの大物が釣れたりすることもあります。
大型サイズのトラウトに対応できる、ものをおすすめします。

選ぶポイント2:ギア比

ギア比とは、ハンドルを一巻きした時に、スプールが何回転するのかの比になります。
ギア比で選ぶならば、ハイギアがよいでしょう。
ギア比は7前後です。

ハイギアは、一回転の糸巻き量が多いので、巻き取りがはやいと言えます。
巻き取りがはやい程、手返しも早くなるので、ベールの上げ下げが必要ない分、スピニングリールより、有利となるでしょう。

選ぶポイント3:ドラグ性能

ドラグとは、ラインに負荷がかかった時に、スプールを逆回転させて、糸を送り出す機能のことです。
本流トラウトでのドラグは重要です。

本流トラウトフィッシングでは、おもわぬ大物のニジマスや、ブラウントラウトがかかったりします。
その場合、かなりの負荷がかかってくるので、適切なドラグ調節が必要になります。

スポンサーリンク

本流トラウト用ベイトリールおすすめ人気6選【コスパ最強】

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸 17 スコーピオン DC 100HG(右) シーバス ロックフィッシュ

現在、発売されている、本流トラウト用ベイトリールの中から、人気のあるコスパ最強リール6選をご紹介いたします。

【アブガルシア】ベイトリールREVO LT7 バス釣りコンパクトモデル

アルミフレーム採用で、強度を落とさずに軽量化しているので、手返しがしやすく、疲れにくいモデルです。
キャスティングの精度もアップしています。

【アブガルシア】ベイトリール REVO LTX-BF8 バス釣り最軽量

アブガルシアの最軽量モデルです。
アルミフレームを採用して、強度を保ったまま軽量化を実現させています。
スプールをロッド近くに配置しているので、疲労の軽減につながっています。

【シマノ】ベイトリール両軸17スコーピオンDC100HG

DC(デジタルコントロール)搭載で、バックラッシュを起こしやすい状況で、自動で、ブレーキが効き、回転をコントロールします。
ボディもHAGANEボディで高剛性アップに加え、安定した巻き心地を実現しています。

【シマノ】ベイトリール17バスワンXT 150

バスフィッシング専用とされていますが、全魚種、対応リールで、初心者も始めやすい入門ベイトリールです。
遠心力ブレーキSVS搭載で、キャスト時のラインの出すぎを抑止します。

【ダイワ】ベイトリール 19 バス X 80 SH

基本性能がしっかりした、コスパ最強のオールラウンドモデルです。
ベイトリール入門にぴったりのもでるです。

【ダイワ】ベイトリール 20 TATULA SV TW 103H

ダイワのスタンダード、タトゥーラシリーズです。
TWSシステム搭載で、飛距離のアップと、トラブル軽減を実現している、高性能ベイトリールです。

スポンサーリンク

【2021年新作】おすすめの本流トラウト用ベイトリール2選

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸 17 バスワンXT 150 右ハンドル バスフィッシング バーサタイル

2021年に発売された新作の中から、本流トラウト用ベイトリールのおすすめを2選をご紹介いたします。

【シマノ】両軸リール 21 スコーピオン MD300XG ストロングベイト

軽量、高剛のHAGANEボディと、負荷に強いギア性能X-SHIP搭載で、スムーズなリーリングを実現しています。
そして、遠心力ブレーキ機能は、シマノの完成型です。

【ダイワ】ベイトリール 21 アルファス SV TW 800H

ダイワのアルファスの新型、TWS&SVスプール搭載で、コンパクトながら、強靭ボディの新型ベイトリールです。
ソルトシーンにも対応で、初心者から上級者まで使いやすく進化しています。

スポンサーリンク

本流トラウト用ベイトリールについてまとめ

ダイワ(DAIWA) ベイトリール 19 バス X 80SH (2019モデル)

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2021年】本流トラウト用ベイトリールおすすめ人気ランキング8選!メリットやコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • 本流トラウトにベイトリールを使うメリットとは?
  • 本流トラウト用ベイトリールの選び方
  • 本流トラウト用ベイトリールおすすめ人気6選【コスパ最強】
  • 【2021年新作】おすすめの本流トラウト用ベイトリール2選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

本流トラウト用ベイトリール
さらに探すならこちら!

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2021年】トラウトにおすすめのリール10選!エリア・本流・渓流別にコスパ最強製品をご紹介
どのリールを選ぶかによって、トラウトゲームの釣果は大きく変動します。今回、釣りラボでは、トラウトリールの選び方や、エリア…
【2021年】エリアトラウトリールおすすめ11選!初心者向けにコスパが良い商品も紹介
手軽に楽しめるエリアトラウトですが、繊細なのでリール選びで釣果が変わってくることがあります。そこで今回、釣りラボでは、失…
【2021年】ダイワのトラウトリールおすすめ人気ランキング11選!ベイト・スピニング
ダイワのトラウトリールは、多くの釣り好きに愛される釣具であり、非常に人気・評判が高いです。今回、釣りラボでは、ダイワのト…
【2021年】アブガルシアのトラウトリールおすすめ人気ランキング11選!特徴や新製品もご紹介
アブガルシアのトラウトリールは、多くの釣り好きに愛される釣具であり、非常に人気・評判が高いです。今回、釣りラボでは、アブ…
【入門】トラウトリールの選び方(番手・サイズ)を徹底解説!おすすめ商品も紹介
トラウトリールはどのようなポイントに注意して選ぶと良いのでしょうか?今回、釣りラボでは、初心者向けに入門編として、トラウ…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン