【2022年】トラウト用ハイギアリールおすすめ人気ランキング10選!メリットやコスパ最強製品も

今知ってほしいトラウト用ハイギアリールはこちら!今回、釣りラボでは、トラウト用ハイギアリールの特徴、メリット、おすすめのトラウト用ハイギアリール、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品のトラウト用ハイギアリールをご紹介します。

トラウトリール リール

トラウト用ハイギアリールを使うメリットとは?

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 17 セドナ C2000HGS アジング メバリング 初心者向け

トラウト用ハイギアリールの特徴の一つとして、水流の変化を感じとりやすいという特徴があります。

ここでは、トラウト用ハイギアリールを使うメリットをご紹介します。

メリット1:手返しが良い

ハイギアリールは、ハンドル1回転あたりの巻き取りの量が多いので、ルアーを回収するのが早くなります。
ルアーの回収が早くなるとキャストする回数も増えるので、釣果に繋がります

メリット2:様々な釣りに対応可能

トラウトゲームでハイギアリールを使う最大のメリットは巻き取り長の多さです。

ハンドル1回転あたりの巻き取りの量が多いので、ミノーのハイフロート釣法やボトムバンプなど、様々な釣りに対応しやすくなります

トラウト用ハイギアリールの選び方

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 17 サハラ C2000HGS アジング メバリング

トラウト用ハイギアリールの選び方をご紹介します。

選ぶポイント1:番手

トラウト用ハイギアリールを選ぶ際には番手に注目しましょう。

トラウトゲームは繊細な釣りなので、1000番や2000番といった繊細に巻ける小型のリールを選ぶのがおすすめです。

選ぶポイント2:自重

トラウト用ハイギアリールの自重は、ロッドとのバランスを考えて選ぶ必要があります。

トラウトロッドの重量は年々軽量化されているので、リールの自重も軽さがないとバランスが悪くなってしまいます。
なので、予算と相談しながらできる限り軽いものを選ぶようにしましょう

トラウト用ハイギアリールおすすめ人気6選【コスパ最強】

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 21 ソアレ XR C2000SSHG アジング メバリング

それでは、トラウト用ハイギアリールおすすめ人気6選をご紹介します。

ランキング上位の人気リールからコスパ最強リールまで、幅広い面から評価したトラウト用ハイギアリールを選んでいるので、ぜひ参考にしてみてください。

【シマノ】17 セドナ C2000HGS

シマノから発売された、初心者の方におすすめのトラウト用ハイギアリールです。
大径ドラグノブの搭載により、剛性や耐久性が大幅に向上しています。

【シマノ】17 サハラ C2000HGS

トラウトはもちろん、アジングやメバリングにも適した汎用性の高いトラウト用ハイギアリールです。
低価格ながら上級者も納得のスペックを備えた、コスパ最強のモデルです。

【シマノ】21 ソアレ XR C2000SSHG

シマノの最新技術をふんだんに搭載したトラウト用ハイギアリールです。
ロングストロークスプールの採用により、キャストフィーリングと飛距離が大幅に向上しています。

【ダイワ】20 レブロス LT2000S-XH

アマゾンの売上ランキング上位に入っているトラウト用ハイギアリールです。
渓流域のルアーフィッシング、アジング、メバリングに適しており、テンポのいい釣りを得意としています。

【ダイワ】18 レガリス LT2000S-XH

ボディやスプールなど細部まで軽量化されたトラウト用ハイギアリールです。
トラウトはもちろん、アジやメバル、ブラックバスにも適しています。

【ダイワ】20 ルビアス FC LT2000S-XH

源流や渓流域のネイティブトラウトにおすすめのトラウト用ハイギアリールです。
自重が150gと軽くなっており、ライトルアーを使用する繊細な釣りを得意としています。

【2022年新作】おすすめのトラウト用ハイギアリール4選

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 20 レブロス LT2000S-XH (2020モデル)

ここでは、2021年以降に発売された最新のトラウト用ハイギアリール2選をご紹介します。

新作のトラウト用ハイギアリールを使って、快適な釣りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

【シマノ】21 ナスキー C2000SHG

初心者から上級者まで扱いやすいと感じるトラウト用ハイギアリールです。
HAGANEギアやサイレントドライブの採用により、安定感と巻き心地が大幅に向上した新製品になっています。

【ダイワ】21 フリームス FC LT2000S-XH

ネイティブトラウトやライトソルトウォーターに最適なトラウト用ハイギアリールです。
新素材であるZAION Vをボディとローターに採用したことで、軽さと剛性を兼ね備えた1台になっています。

【アブガルシア】ZENON 2500SH

アブガルシアから2021年発売のZENON 2500SHは、巻き取り量87cmのハイギアが搭載される、滑らかな巻き心地とシームレスな巻き感覚を味わえるスピニングリールになります。

ソルトでのライトゲームの巻き物系や、小河川や小渓流のトラウトゲームに抜群のフィッティング性を発揮し、リーリング中のショートバイトもしっかり感知できる高感度スピニングリールです。

【ダイワ】ルビアス エアリティ LT2500-XH

ルビアス エアリティ LT2500-XHは、2021年にダイワから発売された、同番手再軽量化と静かなリーリング感を手に入れた汎用スピニングリールになります。

フレッシュでは渓流域のトラウトから、ソルトでのアジングまで、ショートバイトや追い食いが多発するゲームで、リーリングで違和感を感じ取れる、ライトゲームに好適性を見せるスピニングリールです。

トラウト用ハイギアリールについてまとめ

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 18 レガリス LT2000S-XH (2018モデル)

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】トラウト用ハイギアリールおすすめ人気ランキング10選!メリットやコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • トラウト用ハイギアリールを使うメリットとは?
  • トラウト用ハイギアリールの選び方
  • トラウト用ハイギアリールおすすめ人気6選【コスパ最強】
  • 【2022年新作】おすすめのトラウト用ハイギアリール4選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

ハイギアトラウトリール
さらに探すならこちら!

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】シマノのリールおすすめ人気ランキング11選!特徴やコスパ最強の新製品も
シマノのリールは、多くの釣り好きに愛されるリールであり、ダイワのリールに並んで非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、...
【2022年】ダイワのリールおすすめ人気ランキング12選!特徴やコスパ最強の新製品も
ダイワのリールは、多くの釣り好きに愛されるリールであり、非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、ダイワのリールの特徴、...
【2022年】リールおすすめ人気ランキング17選|選び方・使い方・糸巻きのやり方
リールは、釣りをするに当たって必要不可欠な釣具です。今回、釣りラボでは、リールの選び方・種類・使い方・糸の巻き方・下巻き...
【2022年】おすすめのルアー17選を種類別に紹介!選び方・結び方・付け方も解説
ルアーとは、簡単に言えば擬似餌のことです。このルアーを使ったルアーフィッシングはとても人気があります。今回、釣りラボでは...
【2022年】おすすめコスパ最強のエギングロッド22選|ダイワ・シマノの人気商品は?【初心者必見】
エギングに必須の万能竿であるエギングロッド。初心者から上級者まで幅広いユーザーに利用されています。今回、釣りラボでは、エ...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

トラウトリール
釣りラボマガジン