タイラバでスピニングロッドを使うメリットとは?おすすめロッド13選や選び方もご紹介【2024年】

タイラバではベイトリールを使用するのが主流ですが、スピニングロッドを使う人も増えてきています。スピニングロッドを使うメリットは何なのでしょうか?今回、釣りラボでは、タイラバでスピニングロッドを使うメリットや最新のおすすめロッドをご紹介!

スポンサーリンク

そもそもタイラバってどんな釣り?

ダイワ(DAIWA) 船竿 シーパワー73 50-210 釣り竿

タイラバとは、マダイの習性を利用した釣りで、錘代わりの丸いヘッドに、ネクタイと呼ばれる、細いラバーのフサフサがついた、タイラバと呼ぶラバージグを着底させ、一切のアクションを加えずに、一定のスピードで垂直に巻き上げるだけでマダイが食いついて来るという不思議な釣りです。
マダイの他に、ハタ類やタチウオ、青物など、様々な魚が釣れます。

スポンサーリンク

タイラバでスピニングロッドを使うメリットとは?

ダイワ(DAIWA) タイジギングロッド 紅牙MX TJ 76MHS AP 釣り竿

タイラバは繊細な釣りで、マダイが食いついてくる小さな前アタリを捉えてもすぐにはアワせずに同じスピードで巻き続け、本アタリが出て、さらに十分に食い込ませてからアワせるのが基本です。
タイラバは、本アタリを捉えて確実にフッキングさせることができるようになるまではかなり経験が必要な、比較的難しい釣りと言えます。

そんなタイラバゲームは、感度の良いベイトロッドとベイトリールの組み合わせが理にかなっているのですが、スピニングタックルの方が刻々と変わりゆく状況には柔軟に対応できるというメリットもあります
以下に具体例をあげて行きます。

縦方向のみならず広範囲に鯛を探ることができる

スピニングロッドには、ベイトロッドと違い、全方向を探れるというメリットがあります。
垂直方向に等速でリーリングするにはベイトリールに軍配が上がりますが、例えばポイントが僅かに遠かったりする場合は、広範囲を探る必要が出てきます。
そんな時は、スピニングロッドの全方位攻略性が有利になります。

キャストがしやすい

更にポイントが遠かったり、前方にボイルを見つけた時などは、キャストの必要が出てきます。
そんな時は仕掛けをルアーに変更しフルキャスト出来るスピニングタックルが圧倒的に有利になります。

ただし、少人数でチャーターした船に乗っているときに限ります
一般の乗合船の場合は、フルキャストは不可能と思っている方が、あらぬトラブルを起こすこともなく、快適に釣りを楽しめるでしょう。

フリーフォールができて便利

船釣り用のベイトリールは垂直方向の釣りに対して素晴らしい特性を発揮します。
巻きスピードを一定にすることが容易で、巻きパワーもスピニングリールよりも強いメリットがあります。
しかし、フリーフォールなどの細かい操作性はスピニングリールに分があります。

ライン交換が簡単!

スピニングリールは、ベイトリールと比較して、スプールを外すのが簡単です。
スピニングリールはドラグノブを外してスプールを引っこ抜くだけですが、ベイトリールは、ボディサイドのカバーを撥ねあげて、ボディから横にスプールを外す必要があります。
また、スピニングリールは新しいスプールをボディに刺し、ラインをベイルの外側に出してロッドのガイドへ通して行くだけですが、ベイトリールの場合は、ラインをレベルワインダーに通さなければなりません。

この作業は、船上では意外と難儀を極めます。

スポンサーリンク

タイラバでスピニングロッドを使うデメリットはある?

シマノ(SHIMANO) ソルトウォーターロッド 20 クロスミッション スピニング S66ML-S ティップエギング スーパーライトジギング 鯛ラバゲーム

タイラバは船べりの真下のマダイを効率よく、パワフルに釣り上げる場合はベイトタックルの方が効率が良いのですが、状況が変化し、さまざまなアプローチが必要な場合はスピニングタックルの方がさまざまな取り回しが可能となります。
しかし、スピニングロッドにもデメリットがいくつかありますので、注意が必要です。

  • 着底がわかりづらい
  • 大人数の乗り合い船では他人に迷惑がかかる可能性がある
  • ロッドが重くなる傾向がある

それでも、これまではベイトタックルが常識とされていたタイラバで、スピニングタイラバは人気急上昇のジャンルであります。

スポンサーリンク

タイラバ用スピニングロッドの選び方は?

シマノ(SHIMANO) ライトジギング 19 グラップラー タイプL J スピニング S63-1 水深:~70m ターゲット:~6kg

タイラバ用スピニングロッドの選び方としては、以下の点を考慮してください。

  • 長さは6~8フィート前後
  • 硬さはMまたはMHで、バットパワーのあるもの
  • ティップはソリッドティップが望ましい
  • 使用するタイラバの重量負荷に耐えるもの
スポンサーリンク

【2024年最新】タイラバスピニングロッドおすすめ13選

アブガルシア(Abu Garcia) タイラバ ロッド スピニング オーシャンフィールド TaiRubber OFTS-66LT-60 真鯛 スピニングロッド 1ピース マダイ

ここからは、タイラバにおすすめのスピニングロッドを紹介します。

DUEL(デュエル)

【デュエル】カーボナイロン CN500

フロロカーボンとナイロンを融合して開発されたラインです。
フロロカーボンの「低伸度」「高感度」な特性に加え、ナイロンの「なめらかさ」「遠投性能」「操作性」をハイブリットすることで、オールマイティに異次元の釣りを展開させてくれます。

また、500m巻きと大容量ながら、価格が500円前後でリーズナブルな点も魅力のアイテムです。

アブガルシア(Abu Garcia)

【アブガルシア】ソルティーステージ KR-X SXLS-632

価格が1万円台半ばリーズナブルなアブガルシア製ソルティーステージです。
ブランクスにはX状にカーボンテープで締め上げられており、キャスト・アクション時にロッドのネジレを抑制して安定したパフォーマンスが発揮させてくれます。

また、デザインにはメタルとブルーカラーが採用され、アブガルシアらしいスタイリッシュな外観となっています。

シマノ(SHIMANO)

【シマノ】炎月BB S610M

安くて感度良しのタイロッド

2021年シマノから発売のタイラバゲーム専用のスピニングロッド。
まずこの価格の安さです。
エントリーモデルとしても手が出しやすい竿のひとつです。

感度が良いので魚とのやり取りがダイレクトに伝わってきてくれます。
違和感もなく確実にキャッチできます。
また、グリップも持ちやすく長時間の釣行でも疲れない、女性にも扱いやすいロッドです。

こんな人におすすめ

  • タイラバ初心者の方
  • 女性や初心者でも扱いやすいロッドが欲しい方
ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】HRF ロックフィッシュ FLUORO

しなやかで低伸度、高感度な特徴を持つフロロラインです。
ごく僅かなアタリを捉えて手元に伝達しフッキング率を高めるほか、水中の様子がこれでもかと感じ取れるので、根掛かりのリスクを軽減することができます。

また、リールへの馴染みが良いため飛距離が出しやすく、またバックラッシュやガイド絡みといったトラブルを軽減するモデルです。

シマノ(SHIMANO)

【シマノ】クロスミッション S66ML-S

2020年シマノからリリースされたクロスミッションは、20,000円台前半と安価ながら上位機種と遜色ない「軽さ」「感度」「操作性」を兼ね備えたモデルです。

ブランクスにシマノ独自の技術である「スパイラルX」「C14+」が採用されており、軽量かつ耐久性の高いカーボン繊維によって抜群の感度が魅力となっています。
また、操作時にネジレを防止するためアングラーは常に安定したパフォーマンスが発揮でき、高次元な釣果へと導いてくれるロッドです。

シマノ(SHIMANO)

【シマノ】クロスミッション S66M-S

価格が20,000円台前半のシマノのミドルクラスに属するロッドです。
ブランクスには新設計が採用され「オールランド性能」が重視されています。
また、ロッドのネジレを抑制する「スパイラルX」により強靭なロッドパワーと安定したキャストアキュラシー・操作性を実現します。

ティップにはしなやかさと高強度を両立する「カーボンソリッドタフテックα」を搭載し、繊細なアクションとフッキングの決まりやすさが特徴です。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】月下美人TYPE-N 煌

「しなやかさ」と「高感度」を両立したナイロンラインです。
ラインの表面には撥水効果を高める「UWR加工」が施されており抜群の耐久力を誇ります。

しなやかさを活かした軽快な操作性でアングラーの意のままのアプローチが可能、また小さなバイトも捉える低伸度設計でキャッチ率を大幅に向上するでしょう。

アブガルシア(Abu Garcia)

【アブガルシア】オーシャンフィールド TaiRubber OFTS-66LT-60

20,000円を切る低価格帯でありながら、上位機種に匹敵する高い剛性、使いやすさが魅力のロッドです。

ブランクスにはカーボンテープがX状に締めあげられ、目に見えないネジレを防止して操作性・キャストアキュラシーに寄与します。

また、軽量で握りやすいリールシートとグリップが採用されており、抜群の感度も魅力の一つです。

シマノ(SHIMANO)

【シマノ】グラップラー タイプLJ S63-1

高性能バーサタイルロッド

120gまでのルアーを扱えるパワーを持ちつつ、タイラバにも向いている感度の良さを両立しているバーサタイルロッドです。
リールシートにはシマノの高密度カーボン強化樹脂「CI4+」を使用した軽量強靭のリールシートが採用されています。

こんな人におすすめ

  • ルアー釣りの幅を広げたい方
  • タイラバ釣りをよくする方
JACKALL(ジャッカル)

【ジャッカル】BIN-BIN STICK VCM

専用ロッドで完全勝利

2020年にジャッカルから発売されたBIN-BIN STICK(ビンビンスティック) VCMは、タイラバ専用スピニングロッドになります。

ベイト主流以前は、主流だったサクラマススピニングロッドによるタイラバゲームの再現に先だって、いち早くリリースされた専用モデルです。

バイト感度に優れ、ドテラからシャローまで攻める事が出来る3モデルが発売されています。

こんな人におすすめ

  • タイラバゲームに熱中している方
  • バイト感度が求められる場面での釣りを楽しむ方
ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】紅牙 EX・R 68HB-SMT

タイラバ専用に開発されたダイワの20紅牙です。
快適性と高感度を実現する「エアセンサーショートトリガー」を採用したことにより、一日釣りをしていても疲労感を感じにくく、集中力を維持することができます。

また、より感度を高めるためガイドへ軽量・高剛性のカーボン素材を採用し、ダイレクトにブランクに伝達します。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】紅牙 MX TJ 76MHS AP

7フィート6インチとロングレングスを採用しているため、抜群の遠投性能・カーブフォール対応のロッドです。

ブランクスにはダイワ独自のテクノロジーである「X45」が採用されており、目に見えないロッドのネジレを抑制します。
安定したキャストアキュラシー・操作性を実現し、高次元な釣りが展開させてくれるでしょう。

また、軽く感度の高い「HVFカーボン」が使用されているため、長時間の釣りでも疲労感を感じにくく、さらに僅かなアタリを捉えキャッチ率を大幅に向上します。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】シーパワー73 50-210

7:3先調子設計を施しているため、アタリを取りやすく操作性が高いロッドです。
穂先には「グラスソリッド」が採用されており、アクション良し、掛けても良しの仕様となっています。

また、ダイワオリジナルシートである「vグリップシート」を搭載し、濡れた手でも抜群のグリップ力を誇ります。

マダイはもちろんのこと、アジやイカ、青物や太刀魚などにも対応できるハイパフォーマンスロッドです。

スポンサーリンク

タイラバにスピニングロッドを使う際の注意点

シマノ(SHIMANO) ソルトウォーターロッド 20 クロスミッション スピニング S66M-S ミディアムパワー ワンランク重いジグやエギに

タイラバにスピニングロッドを使用する際の注意点は、等速巻きがベイトリールのように簡単にできないため、魚に見切られやすいことがあげられます。
また、船上からキャストするような場合は、周囲の状態に十分気をつけ、おまつりを避ける努力が必要です。

スポンサーリンク

タイラバ向けスピニングロッドについてまとめ

ダイワ(DAIWA) タイラバロッド 20紅牙 EX ・R 68HB-SMT 釣り竿

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「タイラバでスピニングロッドを使うメリットとは?おすすめロッド13選や選び方もご紹介【2024年】」というテーマに沿って、

  • そもそもタイラバってどんな釣り?
  • タイラバでスピニングロッドを使うメリットとは?
  • タイラバでスピニングロッドを使うデメリットはある?
  • タイラバ用スピニングロッドの選び方は?
  • 【2024年最新】タイラバスピニングロッドおすすめ13選
  • タイラバにスピニングロッドを使う際の注意点

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

タイラバ向けスピニングロッド
さらに探すならこちら!

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

タイラバとは?釣り方のコツやおすすめの仕掛け・タックル・時期をご紹介
鯛ラバ(タイラバ)は、初心者でも挑戦できる真鯛の釣り方の一つです。今回、釣りラボでは、そんなタイラバについて、おすすめの...
【2023年】タイラバロッドおすすめ人気22選!コスパ最強商品から最高峰ハイエンド製品まで
マダイを釣る時に利用するタイラバロッド。今回、釣りラボでは、タイラバロッドの選び方、マダイ以外に釣れる魚、人気メーカー、...
【2024年】シマノのタイラバロッドおすすめ人気ランキング11選!特徴や新製品もご紹介
シマノのタイラバロッドは、多くの釣り好きに愛される釣具であり、非常に人気・評判が高いです。今回、釣りラボでは、シマノのタ...
タイラバロッドの代用にできるロッドの条件とは?おすすめの商品や注意点も解説
タイラバロッドは他のロッドで代用できるのでしょうか?今回、釣りラボでは、タイラバロッドの特徴を紹介するとともに、代用でき...
【2024年】ダイワのタイラバロッドおすすめ人気ランキング12選!特徴や新製品もご紹介
ダイワのタイラバロッドは、多くの釣り好きに愛される釣具であり、非常に人気・評判が高いです。今回、釣りラボでは、ダイワのタ...
【2024年】夏用の喪服おすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
喪服もいろいろありますが、夏でも快適な喪服をお探しの方は必見。今回、エンウィズでは、夏用の喪服の特徴、おすすめの夏用の喪...
【2024年】神棚おすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
自宅に神棚が欲しいけど、どのようなものがいいのか分からないという方は多いですよね。今回、エンウィズでは、神棚の特徴、おす...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

タイラバロッド
釣りラボマガジン