ゴカイの保存方法を徹底解説!入手方法や特徴なども紹介します

ゴカイは、万能餌として釣りの際にとても良く使われる生き餌のひとつです。そんなゴカイをできるだけ長く保存するためにはどんなことをするべきなのでしょうか?今回、釣りラボでは、ゴカイ飼育・保存方法について詳しく解説していきます。

釣り餌
スポンサーリンク

そもそもゴカイ(石ゴカイ)とは?

とは?

出典:写真AC

こちらの記事では、ゴカイについてその保存・保管方法から飼育方法までをご紹介します。
保存の方法を説明する前に、そもそもゴカイとはどういった生き物なのかをご説明します。

釣り餌として使われるゴカイの特徴・生態

ゴカイ(沙蚕)とは、ゴカイ類に区分される生物の一種でイソメなどの多毛類に似ている生き物です。
別名ジャリメなどとも呼ばれることがあります。

イソメとの違い

イソメとの違いはまず見た目に違いがあり、イソメは疣足(いぼあし)と呼ばれる部分がはっきりしていてゴカイはあまりはっきりしていません。

体の色でも違いがあり、イソメの中でも代表的な青イソメと比べるとイソメは青色がかっているのに対してゴカイは赤みを帯びています。

他にも、イソメは個体によって大きさにばらつきがあるのに対し、ゴカイは個体差はあまりなく均一な大きさであるという点に違いがあります。

ゴカイを食べる魚・釣れる魚

ゴカイは、海の岩場や砂地などに生息する生き物なのでその付近にいる魚がよく釣れます。

例えばカサゴやメバルなどの根魚やカレイやヒラメなどの岩場や砂地に生息する魚はよく釣れます。
他にも、ウナギやアナゴなどの長物(ながもの)なども釣れたりします。

ゴカイの入手方法

ゴカイは、生きてるまま使う場合イソメなどと同じように鮮度が命なので、なるべく釣り場から近い釣具屋さんで購入することをおすすめします。

もちろん、他にも通販サイトなどで購入することも可能です。

ゴカイの値段・相場

ゴカイは、イソメなどと比べると比較的割高であるといえます。

イソメがおよそ500円程度であるのに対して、ゴカイは600円付近での値段になっているのでゴカイのほうが若干高い値段となっています。

ゴカイの購入場所・買い方

通販サイトでゴカイを購入される場合は、こちらの商品をおすすめします。

Gゴカイ 【冷凍エサ】

こちらの商品は、新鮮なゴカイをそのまま冷凍したものなので、冷凍されていますが鮮度は高くさらにヌメリをとるための粉も一緒にセットになっているので初心者の方でも安心してお使いいただけます。

ゴカイの生息地・採取できる場所

ゴカイは、夏場などの暖かい時期になると、海の岩場や砂浜などで採取することができます。
よく小さめの岩などの下に張り付いていたりするので、採取する際はぜひ岩の周辺を探してみるといいかもしれません。

しかし、海の岩場などには岩が鋭くなっていたり、潮だまりなどにはゴンズイや地域によってはオコゼなどが生息する場合もあるので気を付けましょう。

なお、地域によってはゴカイ等の採取が禁止されている場所もあるので、採取してよいかわからない場合はお近くの市役所または漁業組合まで電話をして確認をとってから採取するようにしましょう。

ゴカイの付け方・刺し方

ゴカイの刺し方はイソメなどと同じように何種類かあります。

付け方1:チョン掛け

まずご紹介するのは、チョン掛けと呼ばれるゴカイの頭のほうにチョンと針を刺す掛け方です。

この掛け方は手間がかからない分餌持ちはあまりよくないですが、食いつきはいいので根魚やブラクリを使うときにおすすめする掛け方です。

付け方2:通し刺し

次にご紹介するのは、通し刺しと呼ばれる掛け方です。
この掛け方は、針のまっすぐになっている胴と呼ばれる部分にゴカイの体を通す刺し方で、比較的餌持ちがよく刺し方も慣れれば楽で、狙える魚の幅が広い刺し方でもあるので一番ポピュラーな刺し方であるとも言えます。

付け方3:縫い刺し

縫い刺しと呼ばれる掛け方も、ゴカイのメジャーな刺し方です。
この掛け方は、ダントツで餌持ちがよくエサ取りがいる釣り場ではとても活躍する掛け方でもあります。

ただし、この掛け方は針がゴカイを縫うように刺していくのでゴカイを刺すのに手間取ってしまうとゴカイが弱ったりちぎれてしまうので、餌をつけるのに慣れてきたらやってみるといいかもしれません。

手間がかかる分、効果は高いのでぜひ挑戦してみてください。

付け方4:房掛け

最後にご紹介する掛け方は、房掛けという掛け方です。
この掛け方は、魚の食いがあまりよくないときに使う掛け方でチョン掛けと同じ要領で針の大きさに合わせてゴカイを何匹か付ける掛け方です。

しかし、ゴカイは、イソメなどと比べるとにおいが強いためそこまで多くゴカイを掛ける必要はありません。
さらに値段も高いため、この掛け方をするときは餌に余裕があり全く魚が当たらない時におすすめします。

スポンサーリンク

ゴカイの保存・保管方法

出典:写真AC

思ったよりもゴカイを買いすぎて、保存・保管方法に困ったという経験は、釣りをある程度やっていれば、誰しもが通る道だと思います。

そのような状況に対応するにはどうしたら良いのでしょうか?
実際に、正しいゴカイの保存または保管方法について説明します。

弱ったゴカイを取り除く

まず、ゴカイはとてもデリケートな生物で、弱ったゴカイがいると周りのゴカイまで弱らせてしまうことがあるので、1~2日のペースで定期的にチェックするようにしましょう。

木製の餌箱に入れる

釣り業界の中では、イソメやゴカイなどの餌は木箱に入れて持ち運ぶことがベストだといわれています。

その理由は、イソメやゴカイは元々水中にいる生物なので湿度が高く温度が低くないとすぐに弱ってしまいます。
そのため、保冷と保湿に優れた木製の餌箱が一番良いとされています。

細かい石や海水を入れる

細かい石や海水を入れるのは、湿度を保つためということのほかに住んでいる環境になるべく近づけてあげるという意味もあります。

先ほど、話した通りゴカイはとてもデリケートな生物なので少し環境が違ってしまうだけで弱ってしまったり活性がなくなってしまうこともあるので、いいサイズの魚を釣るためにも、しっかりとゴカイにあった環境作りをしてあげましょう。

冷蔵庫に入れる

冷蔵庫に入れるときは、急激な温度変化をさけるため野菜室で保管するようにしましょう。
このように保存するとだいたい、1~2週間程度は生きたまま保存することができます。

なお、1~2日程度で定期的に死んでいる個体や欠損している個体がいないかチェックするようにしましょう。
もし死んでいる個体やちぎれている個体がいたら、取り除くようにしましょう。

塩漬けにして保存

生きたままの保存が難しかったり、持って帰ってきたのはいいがほぼ弱ってしまっている時には、塩漬けにして保存することをおすすめします。
塩漬けにするのであれば、以下のような手順を踏むようにしてください。

  • まず、ゴカイをバケツなどに入れて水洗いし新聞紙やキッチンペーパーの上に並べて水気をとります。
  • 次にゴカイ全体に塩をまんべんなくふりかけます。気持ち多めくらい塩を振りかけて、全体にいきわたったらちぎれないように優しくもみます。
  • 水が抜けきったら大体3~4時間程度、塩がついてる状態で新聞紙でくるんで放置します。放置し終わったら、くるんでいる新聞紙を開き、再度塩を振りかけます。
  • そうしたら塩をある程度落とし、空の容器に入れその上に片栗粉をゴカイが見えなくなるまで振りかけます。
  • 最後にラップまたは蓋をして完成です。このあとは、冷蔵庫または冷凍庫にて保存してください。

だいたい半年~1年間は持ちますので、釣りでゴカイやイソメが余ったときはぜひやってみてください。

スポンサーリンク

ゴカイを保存・飼育する際の注意点

出典:写真AC

ゴカイを飼育または保存するときは、しっかりと温度を低く保つようにして、ゴカイが住んでいた環境と同じ、低温多湿の環境を作って保存してあげるようにしてください。

また、なるべく直射日光の当たらない暗い場所で保管してあげてください。
ゴカイを塩漬けなどで保存するときは、浸透圧の影響で思っている以上にゴカイから水が出てくるので新聞紙を何枚か重ねておくようにしましょう。

なお、塩漬けにするゴカイの数が多い時は、塩漬けの工程を再度繰り返すようにしてください。

スポンサーリンク

ゴカイの保存方法まとめ

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「ゴカイの保存方法を徹底解説!入手方法や特徴なども紹介します」というテーマに沿って、「そもそもゴカイ(石ゴカイ)とは?」「ゴカイの保存・保管方法」「ゴカイを保存・飼育する際の注意点」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼ネットで釣具を買うならAmazonプライム

Amazonプライム会員なら

釣具の配送料が無料になるだけでなく、動画や音楽も利用し放題になります。

初回30日間は無料で試すことができます。
釣具を通販でよく買うという方は、一度体験してみてはいかがでしょうか?

▼「釣具の高価買取」で「新しい釣具の購入資金」をGETするなら【JUST BUY】

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2020年】おすすめコスパ最強のエギングロッド14選|ダイワ・シマノの人気商品は?【初心者必見】
エギングに必須の万能竿であるエギングロッド。初心者から上級者まで幅広いユーザーに利用されています。今回、釣りラボでは、エ…
【2020年】おすすめのベイトリール9選!選び方・使い方・投げ方もご紹介
近年進化が目覚ましいベイトリール。今回、釣りラボでは、ベイトリールの選び方、使い方、投げ方、人気メーカー(ダイワ・シマノ…
【2020年】おすすめシーバスロッド7選!コスパ最強の製品から万能竿までご紹介
近年大人気のシーバス釣りには欠かせないシーバスロッド。初心者向けの釣竿としても人気です。今回、釣りラボでは、シーバスロッ…
【2020年】おすすめアジングロッド12選!コスパ最強の商品からハイエンドまで
アジングロッドを使えば、アジングだけでなく様々な釣りに挑戦できます。今回、釣りラボでは、アジングロッドで釣れる魚、選び方…
【2020年】スピニングリールおすすめ10選!特徴・選び方・使い方もご紹介
スピニングリールは、初心者でも使いやすいリールとして人気が高いです。今回、釣りラボでは、スピニングリールについてその種類…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Facebook・Twitterにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン