おすすめのウェーダー5選を紹介!種類ごとの特徴や用途別の選び方も解説!

ウェーダーの購入を考えているけど、色々な種類があり、どれを買えば良いかわからない人は多いのではないでしょうか?今回、釣りラボでは、ウェーダーの種類ごとの特徴を解説した上で、用途別におすすめのウェーダーを5つご紹介します!

バス
スポンサーリンク

ウェーダーの種類・選び方

ウェーダー

出典:写真AC

ウェーダーとは浸水を防ぐ腰までのアウターのことで、このアイテムがあれば少し濡れないと行けないようなポイントまで攻めることができます。
うまく活用して釣果をアップさせましょう。
それでは早速、ウェーダーの種類と選び方から紹介していきます。

ウェーダーの種類

ウェーダーの種類は様々。
釣り場の状況にあったウェーダーを選ぶようにしましょう。

ヒップウェーダー

ヒップウェーダーとは、膝程度までの浸水に対応しているタイプのウェーダーです。
生地が少ないので蒸れにくいというメリットがあります。
渓流釣りやバス釣りなど浅瀬の場所で簡単なウェーディングを楽しみたい方におすすめです。

ウェストハイウェーダー

ウェストハイウェーダーは、腿程度までの浸水に対応しているタイプのウェーダーです。
渓流だけではなく、サーフや河口での釣りでも活躍します。
ある程度水につかったまま釣りをしたいときにおすすめです。

チェストハイウェーダー

チェストハイウェーダーは、胸元までの浸水に対応しているタイプのウェーダーです。
腰までのディープウェーディングにも対応しています。
行動範囲が最も広いのでどんな場面でも活躍します。

ブーツフッドウェーダー

ブーツフッドウェーダーとは、足の部分がブーツになっているブーツ一体型のウェーダーです。
スモールマウスバスや大きな湖で軽く釣りを楽しみたい方などにおすすめです。
安価なので手軽に購入できるものが多いです。

ストッキングウェーダー

ストッキングウェーダーは、ウェーダーの上にウェーディングシューズを履いて使用します。
足先の素材が完全防水になっているので、ブーツの中が濡れることはありません。
靴部分とウェーダー部分が別れているので補修がしやすいのも特徴です。

歩きやすいので距離を長く歩く渓流などで活躍します。

ウェーダーの選び方

ひとくちにウェーダーと言っても種類も素材も様々。
いろいろ見比べながら自分の釣りスタイルに合ったお気に入りの1点を見つけましょう。

種類を選ぶ

はじめに、釣り場の状況から使用するウェーダーの種類を判断します。

素材を選ぶ

生地の材質もウェーダーによって異なります。
それぞれメリット・デメリットがあるのできちんと釣り場に合った素材を選びましょう。

ナイロン

最も安価で手軽に手に入れられるのがナイロン素材のメリットです。
蒸れやすいのが難点ですが、擦れに強く保温性があるので春や秋に使用するのがおすすめです。

ゴム

表面がゴムでコーティングされており、実際に漁師さんが現場で使用しているカッパと同じ素材です。
防水性がバツグンに良い代わりにかなり蒸れやすいので、冬に使うと暖かいですが夏の使用は避けた方がいいかもしれません。

ゴアテックス

ゴアテックスは防水性に加え、ウェーダーの内側の湿気を外に逃がす性質を兼ね備えた高性能な素材です。
蒸れにくいので気温が高い夏場でも快適に使用することができるでしょう。

ネオプレーン

ネオプレーンは伸縮性と保温性に優れているのが特徴です。
生地が厚く、丈夫で水も風も通さないので冷たい水の中でも釣りを行うことができます。
サーファーやスキューバダイビングのウェットスーツの素材として使われています。

ソールを選ぶ(ブーツウェーダー)

ウェーダーのソールも様々です。
安全に釣りを行うためにも、ウェーディングを行う場所の状況にあったソールを選びましょう。

ラジアル

ラジアルソールは靴底に溝が刻まれたゴム素材のソールです。
サーフや泥地など、滑りにくい場所での使用がおすすめです。

ラジアルピンソール

ラジアンタイプの靴底にスパイクがついたのがラジアルピンソールです。
ラジアルソールに比べ滑りにくいので岩場や磯などの移動におすすめです。

フェルト

フェルトソールは厚みのあるフェルト生地を使用したソールです。
フェルト生地が絡み滑りにくいので、濡れた岩場や苔の生えた石の上を移動するのに適しています。

フェルトピンソール

フェルトソールにスパイクがついたソールです。
ごつごつした岩場やテトラでもしっかりとスパイクが食い込みグリップ力では他をしのぎますが、砂を噛むとグリップ力が落ちるので注意が必要です。

スパイク

地磯や岩場など、山を歩くような場所ではスパイクの使用がおすすめです。
グリップ力は高いですがテトラや防波堤では滑りやすいので注意が必要です。

フェルトスパイク

フェルトソールにスパイクが埋め込まれたソールです。
ぬるぬるして滑りやすい場所での使用には適していますが、船の上などでは靴底でデッキを傷つけてしまうので使用は避けましょう。

ブランド・メーカーで選ぶ

おなじみのメーカーからも、様々な種類のウェーダーが出ています。
お気に入りの釣具ブランドと合わせて選ぶのも良いですね。

ダイワ

品質が良く、耐久性に優れていると評価の高いダイワからは様々なタイプのウェーダーが出ています。

シマノ

総合釣具メーカーのシマノからも、ハイクオリティなウェーダーが様々そろっています。
シーンに合わせて選べるので自身のスタイルに合ったものを選んでみましょう。

マズメ

ウェーダーの他にライフジャケットやレインジャケットを扱っているマズメからは、初心者向けに開発されたウェーダーも販売されています。

エクセル

値段の割に丈夫で長持ちし、コスパが良いと評判のエクセルからは主に鮎や船釣、磯用に適したタイプのウェーダーがでています。

その他

ワークマンでも最低限の機能を備えたウェーダーが激安価格で販売されています。

スポンサーリンク

おすすめのウェーダー5選

出典:写真AC

それでは、実際にシーン別におすすめのウェーダーを紹介していきましょう。

渓流

渓流釣りではポイントを次から次へと移動しながら釣りを行うので、機動性がウェーダー選びの重要なポイントになってきます。
足場の悪い渓流で釣りを行う際にはしっかりと地面をグリップするフェルトタイプのソールを選ぶとよいでしょう。

またフィールドの水深もウェーダー選びの重要なポイントです。
渓流では深いところもあるので、チェストハイウェーダーを選んでおくと安心です。

【リトルプレゼンツ】N3 チェストハイウェーダー

ネオプレーン素材のストッキングタイプ。
身体の動きに合わせて裁縫されているので、しなやかに膝を動かすことができ動きやすさは抜群です。
ウェーディング入門にはもってこいの1着です。

【ダイワ】パワーウェーダー チェストハイウェーダ型PW-4205R

ナイロン素材でごわつきが少なく、耐久性に優れ擦れにも強いウェーダーです。
ウエスト部分は調節ができるのでだぶつきが少なく、幅広い動きが可能になります。
ソールは歩きやすく疲れにくいフェルトタイプの「スーパーキュービックセンサーソール」を使用しています。

小物入れに最適なポケットもついており、機動力・機能性共におすすめです。

サーフ・砂浜

ヒラメやシーバスなどを狙ったサーフでの釣りはチェストハイウェーダーがおすすめです。
海では不意の高波に備えて少し長めのタイプを選ぶと良いでしょう。
また、大波に飲まれてしまう危険性もあるので必ずライフジャケットを着用するように心がけましょう。

サーフや砂浜での移動の際にはしっかりと砂地を歩けるラジアンタイプのソールがおすすめです。

FF-054T シマノ ハイパーウェーダー

リーズナブルな値段なのに驚くほど耐久性の高い生地を採用しており、コンクリートなどの擦れに非常に強くなっています。
フェルトソールをブーツに直接裁縫しさらに接着加工も施されているのでソールがはがれる心配もありません。
ウェーダー自体も軽量の為、サーフや干潟などで長時間歩く時にも疲労感が少なくフィッシングに集中できます。

【ダイワ】タイトフィットソルトストッキングウェーダー SW-4001S-T

波や水の抵抗を最小限に抑えるフォルムの、ルアーフィッシング専用のストッキングウェーダーです。
耐久性に優れたナイロン素材でソックスのかかとには擦れに強い特殊加工が施されています。
ウェーダー内への水の浸水を最小限に防ぐ波よけ機能がついているのもポイントです。

岩が濡れていたり藻が茂っていたりすると滑りやすく、危険をともなう磯場でエギングを行う際は、フェルトタイプのウェーダーを着用するのがおすすめです。
ちょっとした浅瀬や溝を滑らずに渡ることができるので、不安定な岩場を通る必要がなくなり安全性が高まります。

万が一転倒してしまうと貝やフジツボが付着した岩でけがをしたり海に落ちてしまったりする事故の危険性があるので、事故を未然に防ぐためにもウェーダーの他にフローティングベストを着用すると安心です。

X‘SELL ヒップウェーダー70D OH-800

滑りにくいフェルト底なので、磯場でのメバル釣りなどにおすすめです。
コンパクトなので収納でかさばることもなく持ち運びにも便利です。
厚みが異なる2種類のタイプから選べるため、季節によって生地の厚さを選べるのも嬉しいですね。

スポンサーリンク

ウェーダーの修理方法

出典:写真AC

ウェーダーはゴム素材を使用しているので、持ち運びの際に折りたたむとボロボロになってしまうので注意が必要です。
日の当たる場所を避け、室内で保管しましょう。

万が一壊れてしまった場合には補修用接着剤も販売されているのでご自身でトライしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

おすすめウェーダー5選まとめ

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「おすすめのウェーダー5選を紹介!種類ごとの特徴や用途別の選び方も解説!」というテーマに沿って、「ウェーダーの種類・選び方」「おすすめのウェーダー5選」「ウェーダーの修理方法」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

釣りベスト人気ランキング8選!レディース・子供向けもご紹介|収納・装備
釣りベスト(フィッシングベスト)は、釣りで非常に役立つものです。釣りラボでは今回、釣りのベストの選び方や、おすすめの商品…
ロッドおすすめ人気ランキング23選|釣りスタイル・ターゲット別にご紹介
ロッド・釣竿には様々な種類があり、どうやって選べば良いか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか?今回、釣りラボでは、…
【リール】おすすめ人気ランキング17選|選び方・使い方・糸巻きのやり方
リールは、釣りをするに当たって必要不可欠な釣具です。今回、釣りラボでは、リールの選び方・種類・使い方・糸の巻き方・下巻…
【2020年】おすすめコスパ最強のエギングロッド9選|ダイワ・シマノ
エギングに必須の万能竿であるエギングロッド。初心者から上級者まで幅広いユーザーに利用されています。今回、釣りラボでは、エ…
スピニングリールの選び方・使い方・おすすめブランドをご紹介|初心者必見
スピニングリールは、初心者でも使いやすいリールとして人気が高いです。今回、釣りラボでは、スピニングリールについてその種類…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン