【2022年】アマゴ釣り用ルアーおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も

渓流釣り好きの方必見です!今知ってほしいアマゴ釣り用ルアーはこちら!今回、釣りラボでは、アマゴ釣り用ルアーの特徴、おすすめのアマゴ釣り用ルアー、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品のアマゴ釣り用ルアーをご紹介します。

ルアー 初心者

アマゴ釣り用ルアーの選び方

【オルルド釣具】 スピナー ルアーセット 5個 5.5g トラウト バス ニジマス イワナ ヤマメ ブラウンなど 管釣り・渓流のルアーフィッシングの定番! 実釣に適した重量モデル qb100101c01n0

アマゴは胴体に朱点と言われる赤い斑点がある渓流魚です。
食欲旺盛でいて警戒心が強いのがアマゴの特徴です。

そんなアマゴをルアーテクニックで仕留めるのが渓流ルアーマンとしての醍醐味と言えるのではないでしょうか。
そこで本記事ではアマゴを釣るためのルアーを紹介します。

選ぶポイント1:ルアーの種類

渓流で使うルアーは主にミノー、スプーン、スピナーの3種類です。
季節や河川の状況によって、ルアーを使い分けることが重要になります。

ミノー

小魚に似せたルアーをミノーとよびます。
フローティングミノー、サスペンドミノー、シンキングミノーの3種類に分かれていて、浮力の大きさで区別されています。

  • フローティングミノーは、浮力が大きくリトリーブすれば沈み、リトリーブするのを止めると浮き上がります。
    表層〜中層を攻めたいときはフローティングミノーがおすすめです。
  • サウペンドミノーは、着水後一定の深さまで沈みます。
    リトリーブをやめても浮き上がることがなく、同じ層にとどまるので、アマゴにしっかりルアーを魅せたいときに使用すると高い確率で反応を示すでしょう。
  • シンキングミノーは、その名の通り沈むミノーです。
    着水後ボトムまで沈むので、ボトム付近に潜んでいるアマゴを狙うときに有効です。

スプーン

スプーンはキラキラとした金属片のルアーです。
フラッシングという光の反射を利用して魚の興味持たせ、ひらひらと落ちる動きで魚の反応を誘います。

スピナー

スピナーはブレードという金属片が回転する事で、フラッシング効果や波動が起こります。
ダブルの効果でアマゴを引き寄せて食わせるルアーです。

ライントラブルが少ないこともスピナーの特徴で、比較的初心者向けのルアーです。

選ぶポイント2:ルアーのカラー

ルアーのカラーによっても釣果は変わります。

あまり目立ち過ぎても魚に見破られてしまうので、河川の状況に合わせたカラー選びが重要となります。

ゴールド系

フラッシングによるバイトを誘いたい時に有効な色がゴールド系です.

ゴールドは非常に目立つ色なので少し濁りが入った河川や薄暗いボトム付近を狙うときにに有効です。

シルバー系

晴天時や魚の活性が上がっている時に有効なルアーです。
ルアー色に迷ったらシルバー系から投げてアマゴの反応を見てからゴールド系やパール系に変えるのもいいかもしれません。

パール系

ゴールド系やシルバー系のようにアピール力は強くありませんが、スレたアマゴに有効です。
人が入ったあとの渓流ではアマゴの反応は弱くなります。

そんなときには、パール系のようにアピールしすぎるでもなく目立たなすぎるわけでもなくさり気なくアピールするルアーに反応が集まります。

選ぶポイント3:ルアーの重さ

ルアーをキャストするときの状況によってルアーの重さを調節すれば、狙い通りのポイントにルアーを泳がせることができます。

1~3g

浅い場所や流れの緩やかな場所では1〜3gの軽いルアーが効果を発揮します。
特に川底にコケが溜まっているような場所では、軽いルアーがおすすめです。

3~5g

渓流ルアーでは3.5g程度のルアーが基準になります。
ある程度水深があり、流れの早い場所で3.5gのルアーを一度キャストしてみて、 ルアーの動きやアマゴの反応を見てから、いろいろな重さのルアーを試してみるのもいいのではないでしょうか。

5~7g

縁になっていて深い場所や流れの早い場所で、安定してルアーを泳がせたいときに使用するのが5〜7gクラスの重いルアーになります。
沈む速度も早いので、狙ったポイントに早くルアーを到達させることができます。

アマゴ釣り用ルアーおすすめ人気6選【コスパ最強】

[青嵐ルアー] スプーン トラウト 渓流 ルアー スプーン セット2.8g 3.5g 4.2g 源流 ネイティブ 管理場 ヤマメ イワナ 広幅対応

様々な釣具店から様々なルアーが発売されています。
種類がありすぎて迷ってしまいます。

そこで釣りラボでは人気の商品からおすすめの商品を紹介します
ぜひ、渓流釣りタックル選びの参考にしてください。

オルルド釣具

【オルルド釣具】スピナー

【オルルド釣具】から発売されているアピール力に優れているスピナーです。
ただ巻きだけでしっかりアピールすることができ、渓流ロッドとの相性も良いルアーです。

青嵐ルアー

【青嵐ルアー】スプーン トラウト 渓流 ルアー

ルアー開発、製造を専門に手掛ける【青嵐ルアー】が販売するスプーンのセット商品です。
重さも4.2gと扱いやすく、カラーも豊富で渓流のあらゆる状況下でも効果を発揮してくれます。

NightArmy

【ナイトアーミー】トラウトミノー シンキングタイプ

釣具やアウトドア商品を幅広く手掛ける【ナイトアーミー】の商品です。
シンキングタイプのミノーでカラーはヤマメ、ニジマスカラーの2種類です。
表層、中層、ボトム付近、どの層でも安定してルアーを泳がせることができます

VMSIXVM

【VMSIXVM】ボトムノックスイマー

【VMSIXVM】が開発した少し変わった形のミノーです。
タングステンウェイトを内蔵することにより、川底の餌を捕食する小魚を演出してくれます。

CONTYU

【Contyu】シンキング フラット ルアー 50mm 4.7g

【Contyu】から発売されているヤマメカラーのミノーです。
ただ巻きでもしっかりアクションを起こしてくれるので、初心者にも扱いやすいルアーです。

momoルアー

【momoルアー】AR-S

【momoルアー】のスピナーのセット商品です。
着水直後から猛烈にアピールしてくれるので、アマゴの捕食スイッチが入りやすくなります。

【2022年新作】おすすめのアマゴ釣り用ルアー3選

ナイトアーミー 釣具ルアー 3.5g トラウトミノー 5色 ルアーセット シンキングタイプ 渓流ミノー (Aカラー)

年々進化する渓流ルアー 。
四国を流れる仁淀川や天城山から沼津まで流れる狩野川など、日本には多種多様な河川があります。

同じ条件の河川が一つもない中でアングラーたちは日々思考を凝らして奮闘しています。
アングラーたちもルアー選びには神経を使っていることでしょう。
2022年にも魅力的なルアーが発売されました。

レイチューン(Ray Tune)

【レイチューン(Ray Tune)】ミッドダイバー RX48MDF

【レイチューン】から発売されている商品は操作性を重視して作られています。
流心に入っても必要なレンジをキープしてくれます。
流速に煽られてレンジがキープできないというアングラーの声を反映させた商品です。

momoルアー

【momoルアー】トラウトスプーン

【momoルアー】のヤマメカラーのスプーンセットです。
裏面に凹凸があり、過度のフラッシングをさせない作りになっています。
さりげないアピール力でアマゴの興味を惹きます。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】ドクターミノー2 42S ライムグリーン

ドクターミノー2 42S ライムグリーンは、2020年にダイワからカラー追加で発売された、シンキングミノーになります。

渓魚の中では、岩魚やヤマメよりも警戒心の強いアマゴには、パステル系のカラーが有効になり、ボトム付近をゆっくりとトレースすることで、違和感を与えずにフッキングに持ち込むことが出来ます。

アマゴ釣り用ルアーについてまとめ

ボトムノックスイマー 渓流 ルアー VMSIXVM ボトムミノー ボトムトゥイッチミノー 5色10色セット 30mm タングステン内臓 底に付いたヤマメやイワナに シンキング バンピング ノック 渓流 イワナ ヤマメ

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】アマゴ釣り用ルアーおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • アマゴ釣り用ルアーの選び方
  • アマゴ釣り用ルアーおすすめ人気6選【コスパ最強】
  • 【2022年新作】おすすめのアマゴ釣り用ルアー3選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】シマノのリールおすすめ人気ランキング11選!特徴やコスパ最強の新製品も
シマノのリールは、多くの釣り好きに愛されるリールであり、ダイワのリールに並んで非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、...
【2022年】ダイワのリールおすすめ人気ランキング12選!特徴やコスパ最強の新製品も
ダイワのリールは、多くの釣り好きに愛されるリールであり、非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、ダイワのリールの特徴、...
【2022年】リールおすすめ人気ランキング17選|選び方・使い方・糸巻きのやり方
リールは、釣りをするに当たって必要不可欠な釣具です。今回、釣りラボでは、リールの選び方・種類・使い方・糸の巻き方・下巻き...
【2022年】おすすめのルアー17選を種類別に紹介!選び方・結び方・付け方も解説
ルアーとは、簡単に言えば擬似餌のことです。このルアーを使ったルアーフィッシングはとても人気があります。今回、釣りラボでは...
【2022年】おすすめコスパ最強のエギングロッド22選|ダイワ・シマノの人気商品は?【初心者必見】
エギングに必須の万能竿であるエギングロッド。初心者から上級者まで幅広いユーザーに利用されています。今回、釣りラボでは、エ...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

ルアー
釣りラボマガジン