ランカーシーバス釣りのコツ・おすすめの時期を解説!釣果UPのタックルも紹介!

ランカーシーバスは警戒心が強い巨大シーバスのこと。ランカーシーバスを釣るためには、釣りやすい場所や時期、天候を見極め、タックルを揃える必要があります。今回、釣りラボでは、ランカーシーバスを釣るために必要な情報を徹底的に解説していきます。

シーバス
スポンサーリンク

ランカーシーバスとは?その特徴は?

ランカーシーバスとは、シーバスの中でランカーサイズのものを意味します。
その最大の特徴は、非常に警戒心が強いということです。
ランカーシーバスについて、くわしく確認していきましょう。

ランカーシーバスと呼ばれるサイズはどれくらいから?

シーバスのランカーサイズとは、具体的に言うと80cm以上のシーバスのことを指します。
警戒心が強く簡単に釣ることができないランカーシーバスですが、日本記録は大分県で釣れた126cmのマルスズキです。
126cmとなると小学生くらいの大きさですが、一度は釣り上げてみたいですね。

どれくらいの確率で釣れる?

ランカーシーバスが釣れる確率は、場所によっても違いますが、大体5%から10%と言われています。
よい場合だと10%前後の確率で釣れる可能性があります。

スポンサーリンク

ランカーシーバス釣りのポイント

シーバス

出典:写真AC

ランカーシーバスを攻略するにはどうすればよいのでしょうか。
ここではポイントをご紹介します。

おすすめの時間帯

ランカーシーバスを狙うには、夜間や朝夕のマズメ時がおすすめです。
この時間帯だと、ランカーシーバスは捕食のために活動的に動いています。
デイゲームでは、セイゴやフッコレベルのシーバスが釣れやすいです。

おすすめの時期

ランカーシーバスが最もよく釣れるおすすめの時期は、秋です。
秋は、産卵前の栄養補給のためシーバスが岸の近くに寄り付き、積極的にベイトを追いかけます。
11月後半から12月前半がベストシーズンです。

冬は産卵のため、シーバスは沖に出ます。
ボートで沖に出たり、堤防など産卵場に近いところでは、ランカーシーバスに出会えるかもしれません。

2月から3月にかけての早春も、釣れやすいシーズンです。
この時期のシーバスは、産卵後の体力回復のため餌場に向かいます。
ベイトへの食いつきはよいのですが、秋とは違いベイトを追う体力がないので、アミなどを捕食することが多いです。

夏のランカーシーバスゲームは、やや難しいと言えます。
シーバスが活動的に回遊する時期なので、表層にいる小型のものが釣れてしまうからです。
ランカーレベルをピンポイントで狙う場合、河川でウェーディングするのがよいでしょう。

おすすめの天候

ランカーシーバスを釣るのにおすすめの天候は、曇りと雨です。
雲がかかってローライトとなったり、水紋・波紋ができることで、ランカーシーバスの警戒心が薄れやすくなります。

大雨後や台風後も、水が濁っているので、ランカーシーバスにアングラーの姿が見つかりにくくなります。
特に台風直後は安全に注意して釣行しましょう。

おすすめの地域

ランカーシーバスに出会うには、どこに行けばよいのでしょうか。
おすすめは、隅田川、中川、多摩川、木曽川などの河川です。

大阪湾や東京湾、名古屋港など港湾部でもランカーシーバスに出会えます。
マズメ時を狙うとよいでしょう。

他にも島根の宍道湖、静岡の浜名湖、岡山の児島湖でもランカーシーバスが釣れたとの報告があります。
また、茨城の涸沼、千葉の養老川はランカーシーバスの聖地とも言われています。

スポンサーリンク

ランカーシーバス釣りの場所・ポイントの選び方

シーバス

出典:写真AC

ランカーシーバスを狙いたいとき、どのような場所を選べばよいのでしょうか。
選び方をご紹介します。

河川でのポイント

河川では、橋脚の明暗の暗部や瀬尻などの深いところにランカーシーバスが潜んでいることが多いです。
ただし、河川はランカー狙いのアングラーから人気の場所なので、ポイントの確保が難しい場合もあります。

また、すでにお伝えした通り、冬はランカーは産卵のため沖に出てしまいます。
河川で狙うのは春・夏・秋にしましょう。

サーフでのポイント

サーフは、ストラクチャーがはっきりと見えないため、河川と比べて難易度が高い場所と言えます。
しかしサーフでは、離岸流やカケアガリなどの変化があるので、その変化を読んでポイントを絞るとよいでしょう。

磯でのポイント

磯の場合、岬のようになっていて、沖に張り出したような場所が狙い目です。
磯で餌釣りをして、ランカーシーバスが釣れたという報告もあります。

港湾部でのポイント

港湾部では、セイゴやフッコなどの小型サイズも多いですが、ランカーサイズもまぎれていることもあります。
大きなベイトフィッシュがいるようなポイントを狙うとよいでしょう。

ボートでのポイント

ランカーシーバスを狙うボートシーバスは、ランカー便とも呼ばれています。
ボートでは、シーバスが捕食するコノシロが溜まる場所をポイントにします。

スポンサーリンク

ランカーシーバス釣りにおすすめのタックル・道具

シーバス

出典:写真AC

ランカーシーバス釣りにおすすめのタックルや道具をご紹介します。

ランカーシーバスゲームにおすすめのロッド

ランカーシーバスゲームでは、M(ミディアム)からH(ヘビー)の硬さのロッドがよいでしょう。

【シマノ】スコーピオン1704R-2

バーサタイルベイトロッドで、ランカークラスのパワーゲームにも対応できます。
80gまでのルアーウェイトに対応しているので、ジョイクロなどのビッグベイトも使うことができます。

ランカーシーバスゲームにおすすめのライン

ランカーシーバスゲームでは、1.2号から1.5号のPEラインがおすすめです。

【バリバス】マックスパワーPE X8

滑らかさと耐久性に優れたPEラインです。
ソルトウォーターからフレッシュウォーターまで様々なシチュエーションに対応しています。

ランカーシーバスゲームにおすすめのリール

ランカーシーバスゲームでは、次のリールがおすすめです。

【シマノ】サステインC3000HG

剛性と耐久性に優れたスピニングリールです。
最大ドラグ力は9kgなので、ランカーサイズがヒットしても安心です。

ランカーシーバスゲームにおすすめのルアー

ランカーシーバス狙いで使うルアーは、15cmから20cm程度のミノーがおすすめです。
シーバスがルアーに食いつかない状況になった場合は、ワームが効果的です。
また、人とは違ったルアーを使うのも有効なので、数種類用意しておくとよいでしょう。

【ダイワ】モアザン モンスターヒッター

156mm39gのビッグサイズのミノーです。
カラーバリエーションも豊富です。

スポンサーリンク

ランカーシーバスの食べ方

シーバス

出典:写真AC

ランカーシーバスはもちろん食べることができます。
ただし、釣った場所の水質が悪いと、シーバスが臭う可能性があるので注意が必要です。

刺身・洗い

ランカーシーバスは、刺身や洗いにすることができます。
捌き方は3枚おろしで、2日ほど寝かせてから食べると美味しいです。

マリネ

シーバスを捌いたら、野菜と一緒にマリネにしてカルパッチョを作ってもよいですね。
味は、洋風にしても和風にしても美味しいでしょう。

ソテー

塩コショウをまぶしてバターで焼くソテーもおすすめです。
簡単なので、料理初心者でもすぐに作れるでしょう。

スポンサーリンク

ランカーシーバスのまとめ

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「ランカーシーバス釣りのコツ・おすすめの時期を解説!釣果UPのタックルも紹介!」というテーマに沿って、「ランカーシーバスとは?その特徴は?」「ランカーシーバス釣りのポイント」「ランカーシーバス釣りの場所・ポイントの選び方」「ランカーシーバス釣りにおすすめのタックル・道具」「ランカーシーバスの食べ方」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼ネットで釣具を買うならAmazonプライム

Amazonプライム会員なら

釣具の配送料が無料になるだけでなく、動画や音楽も利用し放題になります。

初回30日間は無料で試すことができます。
釣具を通販でよく買うという方は、一度体験してみてはいかがでしょうか?

▼「釣具の高価買取」で「新しい釣具の購入資金」をGETするなら【JUST BUY】

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

シーバスとは?その生態・釣り方を徹底解説|ルアー・リール・食べ方
シーバスとは、スズキをルアーフィッシングする際の通称で使われる用語です。今回、釣りラボでは、シーバス(スズキ)について、…
【川釣り入門】釣り方のコツや初心者にもおすすめな道具・仕掛け・餌をご紹介!
川釣りでは、実に様々な種類の魚を釣ることができます。今回、釣りラボでは、川釣りで釣れる魚の釣り方や、釣りのために必要な道…
釣りの時期は魚種によって違う!季節ごとに釣れる魚と釣り方のコツを解説!
釣りの時期は魚の種類によって違います。水温が低い時に活発な魚や、逆の魚と様々です。それを見極めることができれば、釣果が大…
ルアー釣りのやり方を徹底解説!おすすめの仕掛け・タックル・ルアーもご紹介
様々な種類の魚を釣ることができ、釣り初心者にも人気のあるルアー釣り。今回、釣りラボでは、そんなルアー釣りについて、初心者…
磯釣りとは?釣り方のコツやおすすめのタックル・装備・仕掛け・スポットをご紹介
磯釣りとは、磯で行う釣りの総称です。今回、釣りラボでは、磯釣りで知っておくべき仕掛けや、釣れる魚、必要な道具・装備・便利…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣り方・コツ
釣りラボマガジン