アジングで遠投したいならキャロライナリグがおすすめ!釣り方&タックルを紹介!

アジングの基本はジグ単の釣りですが、沖の深場や潮目を狙いたいときには遠投ができるキャロライナリグがおすすめ!今回、釣りラボでは、キャロライナリグの特徴や釣り方を動画で分かりやすく解説します。また最適タックルのおすすめ商品も紹介します。

スポンサーリンク

そもそもキャロライナリグとは?

とは?

出典:写真AC

キャロライナリグとはバス釣りで使われる仕掛けの一種です。
アメリカのサウスキャロライナで使われだした仕掛けなのでキャロライナリグと呼ばれます。

仕掛け自体は簡単な作りで、ショックリーダーにシンカーを通してスイベルをセットした先にジグヘッドを付けた仕掛けです。

スポンサーリンク

アジングでキャロライナリグはどんな場面で使える?

アジング

出典:写真AC

もともとバス釣りの仕掛けであるキャロライナリグはアジングの世界でも人気が出てきています。
アジングでのキャロライナリグはどのような場面で使えるのか紹介したいと思います。

アジの着き場がわからないとき

まずはアジがどこにいるのか分からない、着き場が分からないときです。
特に日中などはポイントが分からない場面があると思います。

そういう時にキャロライナリグを使うと、通常の仕掛けと比べて飛距離が出る分広範囲を探ることができます
キャロライナリグでアジの着き場を探りましょう。

沖の潮目を狙ってキャロを使って遠投したいとき

沖の潮目には多くの魚が集まります。
また、潮目沿いにいるアジは大型であることも多く釣りで狙うべきポイントとなります。

しかし通常のアジングで使うジグ単では飛距離が出ず、諦めた経験がある方も多いと思います。
そんな場面で大活躍するのがキャロライナリグです。

キャロライナリグを使うと今まで届かなかった沖に向かって遠投することができます
今まで諦めていた沖の潮目ポイントもアジングのフィールドにすることができます。

サーフや地磯などで遠投したいとき

通常のアジングではあまり訪れることがないサーフや地磯でもキャロライナリグが使えるポイントとなります。
思い切り遠投することで潮通しの良いポイントまで届かせることができます

今までアジングのフィールドではなかったサーフや地磯でもアジングを楽しむことができるようになります。

スポンサーリンク

アジングでキャロライナリグを使うメリット・デメリット

アジング

出典:写真AC

アジングでキャロライナリグを使うことによって釣りの幅が広がります。
しかし、メリットだけではありませんので注意が必要です。

ここでアジングでキャロライナリグを使うメリットとデメリットを紹介します。
しっかりとメリット・デメリットを知って、どのような場面で効果的かを知りましょう。

アジングに限らずどのような釣りでもそうですが、状況に合わせて使いこなすことが釣果へ繋がるポイントです。

キャロライナリグを使うメリット

アジングでキャロライナリグを使うメリットは何と言っても飛距離が出せることです。
単体のジグヘッドだと飛距離を出そうとするとジグ自体のウエイトを上げなければなりません。

ウエイトを上げたジグはアクションも鈍くなりがちでなかなか釣果に繋がりません。
キャロライナリグはリグの重さがある分、ジグヘッドの重量を落としながら飛距離を出すことができます。

キャロライナリグを使うことでジグのアクションを損なうことなく遠投をすることができるというのがアジングでキャロライナリグを使うメリットです。

キャロライナリグを使うデメリット

遠投ができて広範囲を探れる便利なアジングでのキャロライナリグですが、キャロライナリグを使うデメリットも存在します。
それは、仕掛けの長さの分絡まりやすいという点です。

特に夜の風が強い日にキャロライナリグを使う場合は注意が必要です。
仕掛けが絡むことも想定しておきましょう。

スポンサーリンク

キャロライナリグの使い方・釣り方を解説!

出典:写真AC

アジングの幅が広がるキャロライナリグですが使い方には少しコツが必要になります。
キャロライナリグの使い方を簡単に解説していきます。

  1. キャスト後しばらくカウントして仕掛けを沈めていく
  2. ラインの糸ふけ分を巻き取る
  3. シャクリとフォールを繰り返す
  4. トゥイッチを入れて誘う

キャロライナリグは全体的にゆっくりと仕掛けが沈みます
いつもよりカウントを多くするなどして調整していきましょう。

キャロライナリグを使ったアジの誘い方参考動画も数多くアップされていますので参考にしてみるのも良いと思います。

ZDBTgYJlrpw
スポンサーリンク

キャロライナリグのおすすめタックルを紹介!

タックル

出典:写真AC

アジングでキャロライナリグを使ってみたいという方に、おすすめのタックルを紹介します。
通常のアジングとは少し異なったタックル選びになりますので参考にしてみてください。

シンカーおすすめ3選

キャロライナリグの中核となるシンカー(中通しオモリ)から紹介します。
シンカーを通すショックリーダーにはフロロカーボンラインがおすすめです。

ティクト(TICT)

【ティクト】Mキャロ Ver.2

アジングのキャロライナリグと言えばティクトのMキャロです。
バックスライドフォールという沖に向かってフォールする動きが特徴で、簡単にレンジキープができる商品です。

高評価の口コミ・評判をピックアップ!

  • 風の強い日でも使いやすい。
  • シャクると浮きやすく、アタリが取りやすくなる。
  • ジグ単では届かない場所にアジがいる場合に重要なアイテム。

低評価の口コミ・評判をピックアップ!

  • 上手く投げないとキャロとリーダー、ジグヘッドが絡んでしまう。
ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】月下美人 アジングシンカーⅡ

夜の釣りが多いアジングで視認性を上げるためにグロー(蛍光)カラーを採用したシンカーです。
1.5g~7.5gまで7種類のバリエーションがあるので自分に合わせたセッティングができるようになっています。

高評価の口コミ・評判をピックアップ!

  • 使いやすい。
  • 色がグローで投げやすく、根を掛けにくい。
  • フォール速度が早く、手際よく探りが可能。

低評価の口コミ・評判をピックアップ!

  • 蛍光が弱い。
  • ストッパーの穴が小さく、ストッパーを差し込みづらい。
  • 塗装が厚みが違い、ラバーキャップの口径が同じで、差し込みにくい。
  • オレンジのゴムの穴が小さく、ラインが通りにくい。
オーシャンルーラー(OceanRuler)

【オーシャンルーラー】アクティブシンカーキャロ

簡単取り外しのシンカー

後付けタイプのアクティブシンカーで、ワンタッチで取り外し・取り付け交換をすることができます。
重心が中心でなく、上下左右非対称の形をしていることでラインが常に直線に保たれて細かいアタリもしっかり感じることができます

こんな人におすすめ

  • アジングをよくする方で、キャストの精度を高めたい方
  • シンカーの位置をよく変える釣り方をする方

ロッドおすすめ4選

キャロライナリグを使うアジングは仕掛けの重量分を考えてロッドを選ぶ必要があります。
強度が強い遠投用のアジングロッドを選ぶと良いでしょう。

キャロライナリグを使う際のおすすめロッドを紹介します。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】月下美人 AIR AGS AJING 710L

アジングロッドの定番である月下美人の中でキャロライナリグを遠投することに特化したモデルです。
チューブラートップを採用することでキャロライナリグを鋭く動かすことができます。

シマノ(SHIMANO)

【シマノ】ソアレ エクスチューン

ソアレXTUNES610はソアレシリーズの中でもキャロライナリグのように重量のある仕掛けでも的確に操作できるモデルです。
アジングで大切な感度も損なわない高感度モデルでもあります。

ティクト(TICT)

【ティクト】スラムUTR

Mキャロで有名なティクトが発売するMキャロを使うために調整されたアジング用ロッドです。
遠投ができるモデルながら自重は軽く、操作性が抜群なロッドです。

オリムピック

【オリムピック】コルト 21GCORS-642L-HS

バーサタイルなアジングロッド

コルト 21GCORS-642L-HSは、2021年に各種シャフトメーカーであるオリムピックから発売された、バーサタイルに使用出来るアジングロッドです。

ブランクス硬度は弾力性の強い、バッドに乗せたキャストしやすい設計になっておりますが、相反してハードソリッドティップが搭載されますので、アジ特有の金属的バイトをしっかりキャッチ出来る、硬質ティップを兼ね備えています。

こんな人におすすめ

  • 軽めのルアーをキャストしやすいロッドを探している方
  • アジ釣りの達人で、金属的バイトに敏感に反応するロッドを求めている方

リールおすすめ3選

キャロライナリグを使う場合のリールは通常のアジングと同様に2000番台がベースになります。
遠投を考えてハイギアセッティングのリールを選ぶのがおすすめです。

シマノ(SHIMANO)

【シマノ】ツインパワー C2000SHG

シマノの定番リールであるツインパワーもキャロライナリグでのアジングにおすすめのリールです。
2000SHGはハイギアモデルなので遠投にもってこいのリールとなっています。

高評価の口コミ・評判をピックアップ!

  • 品質や巻き心地などに不満はなく、買って後悔しないレベル。
  • ステラには敵わないが、この価格帯なら完成度は高い。
  • 頑丈さはSWに譲るが、全ての番手で十分使える。
  • メタルボディの質感やねっとりした巻き感に感動。
  • NO.2リールとして軽くてストレスなく使いやすい。
  • 巻き心地も良く、ブリの釣果も問題なし。
シマノ(SHIMANO)

【シマノ】19 ヴァンキッシュ

軽量化にこだわりながら耐久性も高いシマノのリールです。
機能もステラと同等のスペックのものを採用しているのでコストパフォーマンスにも優れた一品です。

高評価の口コミ・評判をピックアップ!

  • 軽くて使いやすい。
  • トラブルレスで巻き感も良い。
  • 総合力も高い。

低評価の口コミ・評判をピックアップ!

  • ハンドルが重く、グリスがギチギチになる。
ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】月下美人 EX 1003 RH

ダイワのアジング用リールである月下美人の最上位モデルEXです。
特に1003RHはキャロライナリグを遠投することを想定して作られた遠投・大型アジ用モデルです。

高評価の口コミ・評判をピックアップ!

  • アジングに最適で、PE0.2でもライントラブルがない。
  • 掛けた後のドラグファイトも安心して、高級品の見た目と性能を持つ。
  • ハイエンドで性能に申し分なく、自分好みにカスタムもできる。

低評価の口コミ・評判をピックアップ!

  • ロッドとの組み合わせが難しい。
  • MXに比べ、多少高価。換えスプールも高価。
スポンサーリンク

アジングのキャロライナリグについてまとめ

アジング

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「アジングで遠投したいならキャロライナリグがおすすめ!釣り方&タックルを紹介!」というテーマに沿って、

  • そもそもキャロライナリグとは?
  • アジングでキャロライナリグはどんな場面で使える?
  • アジングでキャロライナリグを使うメリット・デメリット
  • キャロライナリグの使い方・釣り方を解説!
  • キャロライナリグのおすすめタックルを紹介!

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2023年】キャロ仕掛けアジング用ロッドおすすめ人気10選!選び方や新製品もご紹介
キャロ仕掛けを使ったアジングにはどのようなロッドを選ぶべきなのでしょうか?今回、釣りラボでは、キャロ仕掛けアジング向けロ...
キャロライナリグの作り方と使い方を徹底解説!パーツ・アクションも解説
ヒラメ、ロックフィッシュ、アジング、バス釣りなどにおすすめのキャロライナリグ。今回、釣りラボでは、そんなキャロライナリグ...
【2023年】ヘビキャロにおすすめのロッド26選!選び方や代用ロッドもご紹介
ヘビキャロとは、琵琶湖などの広い場所での釣りにおすすめのリグ。そのリグの威力を引き出すには、硬めのロッドです。今回、釣り...
【2023年】ヘビキャロ用ワームおすすめ12選!選び方や釣果を上げるポイントも解説
琵琶湖やオープンエリアでのヘビキャロはとても人気ですが、ワームは種類が多くて迷ってしまいますよね。今回、釣りラボでは、こ...
【2023年】ヘビキャロリールおすすめ11選!初心者でも失敗しない選び方も
ヘビキャロでリールに最も必要な要素は、飛距離を出すこと!そこで今回、釣りラボでは、ヘビキャロベイトリールの選び方をわかり...
【2023年】投手用硬式グローブおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
ピッチャーの皆さん必見!今年度激推しの投手用硬式グローブはこちら!今回、スポウィズでは、投手用硬式グローブの特徴、おすす...
【2023年】外野手用硬式グローブおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
外野手の方必見!今年度激推しの外野手用硬式グローブ厳選集!今回、スポウィズでは、外野手用硬式グローブの特徴、おすすめの外...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

リグ
釣りラボマガジン