【2022年】スプーンルアーおすすめ人気ランキング6選!メリットやコスパ最強製品も

トラウトゲームでよく使われているスプーンルアーの形状はさまざまあります。今回、釣りラボでは、スプーンルアーの特徴、おすすめのスプーンルアー、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品のスプーンルアーをご紹介します。

ルアー
スポンサーリンク

スプーンルアーとは?

ダイワ(DAIWA) トラウト チヌークS トレブルフック 10g FRS ルアー

スプーンルアーは渓流で行うトラウトフィッシングで良く使われるルアーですが、川釣りでも海釣りでも使うことができ、ニジマスやヤマメなどのトラウトだけでなく、シーバスや青物も狙える万能ルアーです。

スプーンルアーの使い方は、基本はただ巻きです。
着水すればゆらゆらと沈んでいくシンキング仕様になっているのが特徴です。

名前の通り食器のスプーンが由来となっています。
ゆっくりと水中に沈んでいくスプーンに食いつく魚の様子を見たことが、スプーンルアーの起源だと言われています。

【2022年】おすすめのルアー17選を種類別に紹介!選び方・結び方・付け方も解説
ルアーとは、簡単に言えば擬似餌のことです。このルアーを使ったルアーフィッシングはとても人気があります。今回、釣りラボでは...
スポンサーリンク

スプーンルアーの選び方

ダイワ(DAIWA) スプーン クルセイダー 激アツSALT 10g アカキンイワシ ルアー

まずは、スプーンルアーの選び方を簡単に紹介します。

選ぶポイント1:重さで選ぶ

スプーンルアーは軽いものでは0.8g程度のものから重いものは10g程度あります。
渓流釣りなどで使うスプーンルアーの重さは5gを基準に、フィールドの状況や狙う魚に合わせて決めましょう。

軽いスプーンルアーは水に浮きやすく、重いスプーンルアーは水に沈みやすく、よく飛びます。
水深が浅い時や、魚がスレている時は5gより軽いものを、深いところを探りたい時や広範囲に攻めたい時は5gより重いものを選ぶと良いでしょう。

エリアトラウトの場合、管理釣り場によってはルアーの重さに規定があることがあるため、しっかり確認してから購入しましょう。

選ぶポイント2:色で選ぶ

トラウトフィッシングで使うスプーンルアーは、基本的にはフラッシング効果の高い金色や銀色がおすすめです。
水が濁っている時や、夜釣りの時にはピンクやチャート系、シルエットがはっきりする黒色が有効です。

釣り場の状況に合わせてカラーを選ぶようにしましょう。

また、同じ色のルアーを投げ続けると魚は学習して食いつかなくなるので、カラーローテーションをするようにしましょう。

ルアーをマニキュアや油性ペンで塗装して、使いたい色のルアーを自作する方もいます。

スポンサーリンク

スプーンルアーおすすめ人気6選【コスパ最強】

スミス(SMITH LTD) スプーン ドロップダイヤ 25mm 1.8g ゴールド #02 ルアー

それでは、おすすめのスプーンルアーを売れ筋ランキング上位の人気商品を中心に6つ紹介します。
スプーンルアーを購入する際の参考にしてみてください。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】チヌークS

発売以来多くのトラウトアングラーから支持されてきた、ネイティブトラウト用の定番スプーンルアーです。
「よく飛び・よく沈み・よく泳ぐ」と3拍子揃ったベーシックな泳ぎが特徴で、様々な状況に対応することができます。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】クルセイダー 激アツ

肉厚、コンパクト設計になっており、流れの速い河川においても素早く沈めることができます。
飛距離も出やすくなっているため、狙ったポイントに確実に落とすことができます。

スミス(SMITH LTD)

【スミス】ドロップダイヤ

表面にダイヤカットを施したスプーンルアーです。
動きの振り幅はやや小さく、細かい動きに合わせてダイヤカットの多面がリフレクトします。
乱反射を演出して魚を誘います。

スミス(SMITH LTD)

【スミス】D-Sライン

盛り上がったフロントから高低差のあるテールへと湾曲させたS字ベンドフォルムを採用しています。
微速からの泳ぎ出しと、レンジキープ力に優れています。

シマノ(SHIMANO)

【シマノ】カーディフ ロールスイマー

ローリングアクションがしやすいスプーンルアーです。
飛距離も伸びるようになっているため、ボトムから表層まで幅広く使うことができます。
カラーバリエーションが非常に豊富で、価格も安くコスパ優秀なので初心者におすすめです。

JACKALL(ジャッカル)

【ジャッカル】コサジ

シンプルな形状ながら幅広いアクションに対応しており、トラウト、バスはもちろん、ウグイやニゴイなどの淡水魚も釣れる万能なスプーンルアーです。
巻くだけでヒラヒラとしたアクションを演出してくれます。

スポンサーリンク

【2022年新作】おすすめのスプーンルアー2選

スミス(SMITH LTD) スプーン D-Sライン

続いて、2021年以降に発売されたスプーンルアーの新製品を2つ紹介します。
新作のスプーンルアーを使って2022年の釣りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

パズデザイン(Pazdesign)

【パズデザイン】CHIDORI

CHIDORIはパズデザインが新たにローンチしたブランド、「TAGIRI」から登場した新作ルアーです。
ボディは細く小さいミニマム設計になっています。
上流部から下流に目掛けて、キャストしてゆっくりと巻くだけで千鳥アクションをしてくれるため、初心者でも扱いやすくなっています。

Endo Craft

【エンドウクラフト】credo DC

ダイヤカットを施したスプーンルアーです。
裏面にカップが無くフラットな形状になっているため、キャスティング時の負担を軽減し、安定した飛距離が出せるようになっています。

スポンサーリンク

スプーンルアーについてまとめ

シマノ(SHIMANO) カーディフ エリアスプーン ロールスイマー 2.5g TR-0017 03S ピンク 804204 ルアー

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】スプーンルアーおすすめ人気ランキング6選!メリットやコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • スプーンルアーとは?
  • スプーンルアーの選び方
  • スプーンルアーおすすめ人気6選【コスパ最強】
  • 【2022年新作】おすすめのスプーンルアー2選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】おすすめのルアー17選を種類別に紹介!選び方・結び方・付け方も解説
ルアーとは、簡単に言えば擬似餌のことです。このルアーを使ったルアーフィッシングはとても人気があります。今回、釣りラボでは...
【2022年】ビッグスプーンルアーおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も
ビッグバスを狙いたいなら迷わずビッグスプーンを使いましょう!今回、釣りラボでは、ビッグスプーンルアーの特徴、おすすめのビ...
ルアー釣りのやり方を徹底解説!おすすめの仕掛け・タックル・ルアーもご紹介
様々な種類の魚を釣ることができ、釣り初心者にも人気のあるルアー釣り。今回、釣りラボでは、そんなルアー釣りについて、初心者...
【2022年】おすすめの定番シーバスルアー18選!ダイワ・シマノの人気商品も
近年大人気のシーバス釣りには欠かせないシーバスルアー。今回、釣りラボでは、シーバスルアーの選び方、種類、人気メーカー、定...
【2022年】釣れるおすすめの最強ヒラメルアー14選!釣り方や仕掛けもご紹介
ヒラメのルアーフィッシングは、サーフや船釣りにおいて人気がとても高いです。今回、釣りラボでは、ヒラメの釣り方、時間帯、ル...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

ルアー
釣りラボマガジン