【2024年】フライパックロッドおすすめ人気ランキング9選!メリットやコスパ最強製品も

いつでもどこでも釣りがしたい!フライパックロッド厳選集!今回、釣りラボでは、フライパックロッドの特徴、メリット、おすすめのフライパックロッド、コスパ最強製品、2024年シーズンに向けた新製品のフライパックロッドをご紹介します。

スポンサーリンク

フライパックロッドを使うメリットとは?

アブガルシア(Abu Garcia) パックロッド スピニング ズームサファリ (ZoomSafari) ZMSS-605L

フライとは、虫や小魚に似せた毛バリのことです。
このフライを使った釣りを、フライフィッシングと言います。

そして、フライフィッシングで使うロッドのことをフライロッドと言います。
ロッドの中でも、4ピースや5ピースなどコンパクトになるものをパックロッドと言います。

フライフィッシングは、移動しながらの釣りになることも多いです。
軽くて携帯性の高いロッドが扱いやすいでしょう。

ではフライパックロッドには、どのようなメリットがあるのか見てみましょう。

メリット1:持ち運びしやすい

フライパックロッドは、4ピースや5ピースなどコンパクトになるので持ち運びに便利です。
なんといっても、抜群の携帯性が特徴です。

フライフィッシングは渓流などで行うため、移動しながら釣りをする場面も多いでしょう。
フライパックロッドなら、移動する際にたためるので邪魔になりません。

メリット2:収納しやすい

フライパックロッドのメリットとして、収納力があげられます。
ロッドは長いと、収納に困ってしまいます。
ですが、パックロッドは、とてもコンパクトになります。

家でもリュックの中でも、収納場所に困ることはありません。
パックロッドならば予備に持っていても、かさばらないのが良いです。

スポンサーリンク

フライパックロッドの選び方

M MAXIMUMCATCH Maxcatch V-Switch 両手スイッチロッド フライロッド カーボン4ピースロッド (Switch Travel フライロッド(5ピース), 10'6"ft 5/6wt)

フライフィッシングでは、コンパクトになるパックロッドがおすすめです。
どのようなフライパックロッドを選んだら良いのか、選ぶポイントを見てみましょう。

選ぶポイント1:長さ

フライフィッシングをする場所によって、選ぶパックロッドの長さが変わります。
渓流でヤマメやイワナをターゲットにする場合は、6~7ftくらいが取り回しやすくおすすめです。

本流や海などの広い場所の場合は、魚も大型で力強いものになるので、8~9ftくらいの長さのロッドがおすすめです。

選ぶポイント2:調子

ロッドの調子も選ぶポイントの一つになります。
ロッドの調子とは、ロッドのどこから曲がるかで決まります。

曲がる場所によって、「ファースト」「ミディアム」などと呼ばれます。
「ファースト」はロッドの先の部分から曲がります。
「ミディアム」はロッドの胴部分から曲がります。

ファーストは、先端部分から曲がるので、少し反発力があり、ミディアムは真ん中から曲がるので、反発力は少なく魚に違和感を与えず釣りができます。

初心者の方は、ミディアムから始めるのがおすすめです。

スポンサーリンク

【2024年最新】フライパックロッドおすすめ人気9選|コスパ最強

ティムコ(TIEMCO) ユーフレックス Jストリーム JS792-4

現在販売されているフライロッドの中から、おすすめのフライパックロッドをご紹介します。
コスパ最強ロッドもありますので、是非参考にしてみてください。

アブガルシア(Abu Garcia)

【アブガルシア】ズームサファリ ZMSS-605L

コンパクトなサファリロッド

アブガルシアのズームサファリは、ショア・オフショア両方使えるマルチピースロッドです。

5ピースになるので、持ち運びもとてもコンパクトです。
長さ6.0ft、パワーはL(ライト)で、ファーストアクションになります。

こんな人におすすめ

  • 釣り用品を車に積んで移動することが多い方
  • フライフィッシング初心者の方
ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】ロッホモア フライコンボ F803-4

ダイワのフライロッドです。
ロッホモアF803-4は4ピースに分かれていて、軽量コンパクト設計です。

収納、持ち運びにも優れています。
コンボタイプで、リールも付属しています。

天龍(Tenryu)

【天龍】フェイテス パッカー FP703-6

天龍のフライパックロッド「FP703-6」は、携帯性に優れた6ピース設計です。
長さ7ftは渓流部でも扱いやすく、ライン#3はヤマメ、オイカワ釣りにおすすめです。

シマノ(SHIMANO)

【シマノ】パックロッド トラスティック

シマノの手軽なバーサ PacRod

シマノのバーサタイルパックロッド「トラスティック」です。
専用のロッドケースと袋付きで保管にも持ち運びにも便利です。

富士ステンレスフレームとアルコナイトガイド搭載です。
3番目のピースは2タイプの長さを選択可能となっていて状況に合わせて変更できます。

こんな人におすすめ

  • 釣りとキャンプを同時に楽しむ方
  • 移動中や狭い場所での釣りに向いた携帯性を求める方
M MAXIMUMCATCH

【M MAXIMUMCATCH】Maxcatch V-Switch 5ピース

コンパクトで高性能なトラベルロッド

5ピーススイッチ旅行フライパックロッドです。
10.6ftのロッドが5ピースになるので、コンパクト設計で持ち運び便利です。

IM10カーボン中速ロッドブランク搭載です。
グリップにはAAグレードのフルウエルコルクハンドルを採用しています。

アクションはミディアムファーストアクションです。

こんな人におすすめ

  • 旅行先でフライフィッシングを楽しみたい方
  • コンパクトな設計の釣り竿が欲しい方
ティムコ(TIEMCO)

【ティムコ】ユーフレックス インファンテ740-4 オイカワSP

オールラウンド仕様のフライロッド

ティムコのフライロッド、2021年モデルです。
オイカワSPはオイカワはもちろん、ヤマメ・イワナ釣りにもおすすめです。

グリップ・リールシートもコンパクトかつ軽量仕様、ブランクは中弾性ブランクを採用しています。

こんな人におすすめ

  • オイカワヤマメイワナ釣りをする初心者の方
  • キャンプやハイキングなどアウトドアの際、手軽に釣りを楽しみたい方
ティムコ(TIEMCO)

【ティムコ】ユーフレックス Jストリーム JS792-4

ティムコの4ピースフライパックロッドです。
長さ7.9ft、#2ライン対応で、渓流でのヤマメ・イワナ釣りに最適です。

ミディアムスローアクションで初心者にもおすすめです。

バリバス(VARIVAS)

【バリバス】iD(イワイドリフト) ID783-4

フライフィッシングに最適なロッド

iD(イワイドリフト) ID783-4は、2014年にバリバスから発売された、フライフィッシャーマンにはもっともメジャーな岩井渓一郎さん全監修のフライロッドになります。

日本の渓流の平均幅に合わせ、8ftブランクスを4本マルチピース分割コアに設定し、持ち運びと専用ハードケース付属の携行性の高さをコンセプトに、現在も生産される人気のフライロッドです。

こんな人におすすめ

  • 移動が多く、手軽にフライフィッシングを楽しみたい方
  • 渓流釣りにおいて、高い携行性が求められる方
ノーブランド品

【ダイワ】ロッホモア フライコンボ

手軽なフライ釣りセット

2021年販売された、ダイワのフライ入門セット「ロッホモア フライコンボ」です。
ロッド・リール・ライン・ロッドケースがセットになっていて、リーダーとフライを揃えればすぐに釣りを始められます

4ピース仕様で持ち運びにも便利で、ケース付きなので収納にも困りません。

こんな人におすすめ

  • フライフィッシングを始める初心者の方
  • 持ち運びに便利なコンパクトなフライロッドを探している方
スポンサーリンク

フライパックロッドについてまとめ

シマノ(SHIMANO) パックロッド トラスティック S610L モバイルロッド シーバス ロックフィッシュ アジ メッキ タイカブラ バス

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2024年】フライパックロッドおすすめ人気ランキング9選!メリットやコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • フライパックロッドを使うメリットとは?
  • フライパックロッドの選び方
  • 【2024年最新】フライパックロッドおすすめ人気9選|コスパ最強

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

フライパックロッド
さらに探すならこちら!

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2024年】コスパ最強パックロッドおすすめ13選!ダイワ・シマノの人気商品からハイエンドまで
パックロッドは釣りをより気軽なものにしてくれる非常に便利なものです。今回、釣りラボでは、パックロッドの特徴、活躍の場面、...
【2022年】フライロッドおすすめ16選!選び方やメーカーごとの人気製品もご紹介
フライロッドは、実に様々なメーカーから専用のロッドがリリースされています。今回、釣りラボでは、そんなフライロッドの選び方...
【2024年】3番フライロッドおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も
近年フライフィッシングの主流!3番フライロッド厳選集!今回、釣りラボでは、3番フライロッドの特徴、おすすめの3番フライロ...
【2024年】4番フライロッドおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も
フライフィッシングを始めるならまずここから!4番フライロッド厳選集!今回、釣りラボでは、4番フライロッドの特徴、おすすめ...
【2024年】ダブルハンドフライロッドおすすめ人気ランキング6選!メリットやコスパ最強製品も
大型魚を狙いたい方必見!ダブルハンドフライロッド厳選集!今回、釣りラボでは、ダブルハンドフライロッドの特徴、メリット、お...
【2024年】軽いバッシュおすすめ人気ランキング6選!メリットやコスパ最強製品も
持ち鉾びにも便利!今年度激推しの軽いバッシュはこちら!今回、スポウィズでは、軽いバッシュの特徴、メリット、おすすめの軽い...
【2024年】軽いサッカースパイクおすすめ人気ランキング6選!メリットやコスパ最強製品も
様々なメーカーが取り扱っているサッカースパイク。軽いものをお探し方必見!今回、スポウィズでは、軽いサッカースパイクの特徴...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

フライロッド
釣りラボマガジン