【2024年】ソルトフライロッドおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も

海でもフライロッドは使える!ソルトフライロッド厳選集はこちら!今回、釣りラボでは、ソルトフライロッドの特徴、おすすめのソルトフライロッド、コスパ最強製品、2024年シーズンに向けた新製品のソルトフライロッドをご紹介します。

スポンサーリンク

ソルトフライロッドの選び方

SAGE Igniter 697-4-ソルトフライロッド アウトフィット 6wt 9フィート6インチ

ソルトフライフィッシング(海でのフライフィッシング)は、通常のフライフィッシング(渓流でのフライフィッシング)とは異なり、遠投することが求められます。

広大な大海原では深場にキャストすることで、対象とする魚種が多くなります。

そのためソルトフライロッドは遠投ができるものを選ぶ必要があります。

そこで本記事ではソルトフライロッドを選ぶときのポイントをまとめました。

https://tsuri-labo.jp/item/rod/fly-rod

選ぶポイント1:ロッドの番手

フライロッドは番手が大きくなるほど、重いラインやフライが扱えます。

ロッドに記載されている番手とラインの番手は合わせるのが一般的で、メバルやシーバスを狙うときには6〜10番、それ以上の大物を仕留めたいときには10〜15番のソルトフライロッドがいいでしょう。

選ぶポイント2:ロッドの長さ

ソルトフライロッドの長さは8フィート〜9フィート位の長さのものが扱いやすいと言われています。

遠心力を生かし、ロッドのふり幅を大きくすることで、より遠くまでフライを運ぶことができます。

選ぶポイント3:ロッドのアクション

アクションとはロッドの曲がり方のことです。

ファストアクション、ミディアムアクション、スローアクションとロッドのアクションには3種類あります。

ファストアクションはロッドの先端部分が曲がるタイプのロッドです。

ファストアクションの特徴は、穂先の素早い反動力によって力強いキャストができ、パワーがロッドの先端に伝わり易いので遠投することに長けています。

ただし、キャストするタイミングが取りにくいという難点があります。

スローアクションはロッド全体が曲がるタイプのロッドです。

ロッド全体の反動力でフライを飛ばすことができるので、タイミングが取りやすいですが、ロッドの先端部にパワーを伝えにくいというデメリットがあります。

ミディアムアクションはファストアクションとスローアクションの中間のアクションです。
初心者の方やロッド選びに迷った時にはミディアムアクションから試すのもいいかもしれません。

選ぶポイント4:ロッドのグリップ

ロッドのグリップにはシングルグリップとダブルグリップがあります。

シングルグリップは片手でも操作でき、比較的軽いフライを用いるときに有効です。

ダブルグリップはリールの上下にグリップが配置されていて両手で操作します。

11ft以上のロッドに多く、両手で操作するためにパワフルで豪快なキャストとファイトが楽しめます。

スポンサーリンク

【2024年最新】ソルトフライロッドおすすめ人気8選|コスパ最強

オービスヘリオス2 8-weightフライロッド9 ' -- Tip Flex 8ft 6in/Mid Flex

ソルトフライフィッシングのおすすめ商品を紹介します。

近年人気が高まっているソルトフライフィッシングを楽しんでもらうために各メーカーも様々な商品を発売しています。

リバーピーク(river peak)

【river peak】エアニンフ フライロッド 10FT

10フィートの長さはロングキャストに最適な長さです。

ミディアムフライアクションで初心者にも扱いやすく、感度は良好。

振りぬけの良さに定評のある商品です。

Sage

【SAGE】Igniter 697-4-ソルトフライロッド

超高速のアクションに適したロッドです。

最先端のKonneticHD テクノロジーが最大の特徴で、パワーに特化しているためパワフルなバトルが楽しめます。

Orvis

【orvis】weightフライロッド9

ロッド長が8フィート6インチで、ソルトフライに適したロッド長です。

仕舞寸法は78.7㎝と持ち運びに便利なので車に入れてもかさばりません。

女性の方にも扱いやすいロッドです。

シマノ(SHIMANO)

【G. Loomis】IMX-PRO フライロッド

手作りロッド、独特のぬくもり

本来淡水用に開発されたロッドですが、海で使うこともできます。
とてもカジュアルなデザインでワシントン州ウッドランドで手作りされた商品です。
手作りならではのぬくもりのあるロッドは、使用する人を虜にすることでしょう。

こんな人におすすめ

  • 手作りのロッドに興味があるリールの使用感を楽しみたい方
  • 海という厳しい環境に対応できるロッドをお探しの方
Orvis

【Orvis】両手フライロッド

正確なキャストのためのフライリール

ダブルハンドグリップでリールシートはフライフィッシングに適したダウンロック方式です。

Helios 3構造技術で設計・開発された商品で、より正確なキャストができるようになりました。

優れた両手機能を発揮させ、繊細な釣りが楽しめます。

こんな人におすすめ

  • フライフィッシングをよくする方
  • 正確なキャストが必要な釣りをする方
Sage

【SAGE】セージXスペイフライロッド

sageが自信を持って進める商品です。

グリップのフィット感には定評があります。

4段階にばらせるので、持ち運びに便利。

長時間の釣行にも適しています。

Gary Loomis

【Gary loomis】エッジFly Rods by Gary Loomis

Garyの制作チームが最高のパフォーマンスを追及して作られた商品です。

世界初のカーボンファイバー製のグリップは長時間の釣行でも疲れを感じさせません。

細部までこだわったソルトフライロッドです。

Redington

【Redington】Trailblazer フライロッド

コンパクトなソルトロッド

軽量化を追及して作られたソルトフライロッドです。

6段階にばらせるので持ち運びに便利で、旅行鞄に簡単に収納することができます。

7フィート6インチと長さはやや短めですが、メバルやアジをターゲットにするときには丁度いいサイズです。

こんな人におすすめ

  • 旅行先で釣りをすることが多く、持ち運びが便利なロッドを探している方
  • メバルやアジなど、小型の魚をターゲットにする釣りをする方
スポンサーリンク

ソルトフライロッドについてまとめ

Orvis Mission 両手フライロッド

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2024年】ソルトフライロッドおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • ソルトフライロッドの選び方
  • 【2024年最新】ソルトフライロッドおすすめ人気8選|コスパ最強

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

ソルトフライロッド
さらに探すならこちら!

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】フライロッドおすすめ16選!選び方やメーカーごとの人気製品もご紹介
フライロッドは、実に様々なメーカーから専用のロッドがリリースされています。今回、釣りラボでは、そんなフライロッドの選び方...
【2024年】3番フライロッドおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も
近年フライフィッシングの主流!3番フライロッド厳選集!今回、釣りラボでは、3番フライロッドの特徴、おすすめの3番フライロ...
【2024年】4番フライロッドおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も
フライフィッシングを始めるならまずここから!4番フライロッド厳選集!今回、釣りラボでは、4番フライロッドの特徴、おすすめ...
【2024年】フライパックロッドおすすめ人気ランキング9選!メリットやコスパ最強製品も
いつでもどこでも釣りがしたい!フライパックロッド厳選集!今回、釣りラボでは、フライパックロッドの特徴、メリット、おすすめ...
【2024年】ダブルハンドフライロッドおすすめ人気ランキング6選!メリットやコスパ最強製品も
大型魚を狙いたい方必見!ダブルハンドフライロッド厳選集!今回、釣りラボでは、ダブルハンドフライロッドの特徴、メリット、お...
【2024年】ガーデンパラソルおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
日よけ雨よけに便利で、ワンランク上のお庭づくりにおすすめのガーデンパラソル。今回、ツルマガでは、ガーデンパラソルの特徴、...
【2024年】充電式ドライバーおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
DIYや家具の組み立てなどで必要不可欠な電動ドライバー。充電式なら便利ですよね。今回、ツルマガでは、充電式ドライバーの特...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

フライロッド
釣りラボマガジン