【2022年】バス釣り用シンカーおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も

バス釣りをするなら必見!今年度ぜひ手に入れたいバス釣り用シンカーはこちら!今回、釣りラボでは、バス釣り用シンカーの特徴、おすすめのバス釣り用シンカー、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品のバス釣り用シンカーをご紹介します。

バス釣り ワーム
スポンサーリンク

バス釣り用シンカーの選び方

ダイワ(Daiwa) シンカー バザーズ ワームシンカー TG NEWバレット プロパック 1/4oz

バス釣り用シンカーにはさまざまな形状や材質があり、それぞれ特徴があります。

その特徴を理解すると、シンカーの選び方や釣りの効率が上がり釣果があがるでしょう。

しかし、現在バス釣り用シンカーは、各メーカーからさまざまな商品が販売されています。

シンカーの種類、使えるリグ、悩まれている方もいるのではないでしょうか。

そんな方のために今回はバス釣り用シンカーについて、選び方のポイントと種類ごとにご紹介します。

選ぶポイント1:シンカーの種類・特徴

まずは、バス釣りでよく使用されるシンカーの種類と特徴を覚えましょう。

バレットシンカー

バレットシンカーはその名の通り、弾丸の形状をしたシンカーです。

バス釣りにおいてテキサスリグやキャロライナリグ、パンチングで使用する時に使います。

先端が尖ったバレット形状は、カバーなどの障害物の回避能力が高いシンカーです。

ダウンショットシンカー

ダウンショットシンカーは、ダウンショットリグ専用のシンカーです。

ラウンドタイプ、スティックタイプ、ティアドロップタイプの3種類のタイプがあります。

スプリットショットシンカー

スプリットショットシンカーは、ラインにシンカーを挟み込む丸型のシンカーです。

スプリットショットリグに使用されます。

セッティングが楽で、バス釣り初心者の方にはおすすめのシンカーです。

ネイルシンカー

ネイルシンカーは、小さく細長いネジのような形状をしたシンカーです。

ワームにシンカーを差し込んで、主にネコリグに使用されます。

ワームの重さや泳ぎの姿勢などを調整する時にも使用され、汎用性の高いシンカーです。

シンカーの重さも細かくラインナップされています。

選ぶポイント2:シンカーの重さ

バス釣り用シンカーの重さを選ぶ際に重要なポイントは、状況・ワーム・リグに合わせて選んでいくことです。

サーチ目的やワームの操作感を重視したい時は、シンカーを重くしたほうがいいです。

また風が強い状況の時も、アクションをつけるのが難しいので重いシンカーを選択しましょう。

浅いレンジを巻きたい時や、サイトのアプローチをする場合などは軽めのシンカーを選択するといいです。

状況に合わせて重さの使い分けをしていきましょう。

スポンサーリンク

バス釣り用シンカーおすすめ人気6選【コスパ最強】

カツイチ(KATSUICHI)デコイ コツコツ君 DS-1 3/16

それでは実際に、おすすめのバス釣り用シンカーをご紹介します。

実績が高く人気な商品を厳選しています。

バス釣り初心者の方、ぜひ参考にしてみて下さい。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】バザーズ ワームシンカー TG NEWバレット

バレットシンカータイプです。

障害物に対し回避能力に優れたシンカーです。

カツイチ(KATSUICHI)

【デコイ】ダウンシンカーコツコツ君

操作性や感度がよく、価格も安価なため非常にコスパがいい商品です。

ProsFactory(プロズファクトリー)

【プロズファクトリー 】ラバースプリットショット

特殊なラバーが貼ってあることで、ラインを傷つけないのが特徴です。

スプリットショットリグで細いラインを使用する時でも、ラインブレイクが軽減されます。

JACKALL(ジャッカル)

【ジャッカル】タングステンカスタムシンカーネイル

鉛素材よりもシルエットが小さいタングステン素材を採用しています。

シンカーの先が細く設計されており、ワームに刺しても形状を崩しにくいです。

フィッシュアロー(Fish Arrow)

【フィッシュアロー】フリリグシンカータングステン

タングステン素材を採用しているので、小型サイズのシンカーです。

ティアドロップ形状なのでフリーリグで使用した際も、ワームの動きに緩急あるメリハリをつけることができます

JACKALL(ジャッカル)

【ジャッカル】タングステンカスタムシンカー

操作感、感度、スナッグレス性能、全てにおいて優秀なダウンショットシンカーです。

また価格も安くおすすめです。

スポンサーリンク

【2022年新作】おすすめのバス釣り用シンカー3選

ProsFactory(プロズファクトリー) ラバースプリットショット2g 1/16oz

次に、バス釣り用シンカーの新製品をご紹介します。

最近では、画期的なシンカーが続々と登場しています。

2022年シーズンは新作のシンカーを使い、新しい釣りのスタイルを開拓してみてはいかがでしょうか。

ぜひ参考にしてみて下さい。

カツイチ(KATSUICHI)

【カツイチ】デコイ スイッチヘッド

シンカーの向きを変えることで、スナッグレスモードとスタックモードに切り替えが可能なシンカーです。

さまざまなワームカラーになじむガンブラックカラーで、魚に違和感を与えないでしょう。

JACKALL(ジャッカル)

【ジャッカル】スルーネイル

ネイルシンカーで今までにない小型サイズです。

ウェイトは0.1gから細かくラインナップされています。

1インチ前後のワームにも対応可能で、釣りの幅が広がるでしょう。

バリバス(VARIVAS)

【バリバス】TGスリムシンカークイックチェンジャー

2021年にバリバスから発売されたTGスリムシンカークイックチェンジャーは、ボトムコンタクトに抜群のサーチ性能を見せる、フリーリグ用シンカーになります。

デルタ型突起が点でストラクチャーを捉えやすく、フィールドや攻めたいポイントで、シンカー重量チェンジをフックを外さずに行えますので、手返し良く撃って行けるシンカーです。

スポンサーリンク

バス釣り用シンカーについてまとめ

JACKALL(ジャッカル) JKタングステンカスタムシンカーネイル 1.8g(1/16oz)5個入

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】バス釣り用シンカーおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • バス釣り用シンカーの選び方
  • バス釣り用シンカーおすすめ人気6選【コスパ最強】
  • 【2022年新作】おすすめのバス釣り用シンカー3選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

バス(ブラックバス)釣りのコツを徹底解説!おすすめのルアー・仕掛けなどもご紹介
釣り初心者で、バス釣りに挑戦したいが難易度が高いと考えてる方も多いのではないでしょうか?今回、釣りラボでは、バス釣り初心...
オモックの作り方や釣れる魚を徹底解説!シーバス・ヒラメ・トラウト・青物
オモリとフックという簡単な材料で作れてしまうオモック。今回、釣りラボでは、オモックで釣れる魚や自作方法、なぜオモックで魚...
【2022年】ジグヘッドおすすめ13選!選び方・付け方・結び方・自作方法もご紹介
アジングなどをする際に活躍するジグヘッド。今回、釣りラボでは、ジグヘッドの選び方、自作の可否、ラインとの結び方、ワームへ...
【2023年】アジングにおすすめの最強ジグヘッド人気ランキング9選!選び方や結び方もご紹介
アジングの際、欠かせないのがジグヘッドです。今回、釣りラボでは、そんなアジングで使うジグヘッドについて、釣果への影響、選...
釣りのオモリの必要性と選び方は?種類ごとの使い分けや付け方もご紹介!
釣りにオモリは必須。けれど、その種類は豊富すぎて、なにを選べばいいのかわからないのが本音ですよね。今回、釣りラボでは、釣...
【2022年】ワンタッチテントおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
アウトドアのさまざまなシーンで活躍するワンタッチテント。今知っておきたい情報はこちら!今回、キャンプライクでは、ワンタッ...
【2022年】ポップアップテントおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
ピクニックなどで手軽に設営できるポップアップテント。今回、キャンプライクでは、ポップアップテントの特徴、おすすめのポップ...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

オモリ・シンカー
釣りラボマガジン