【2022年】テキサスリグ用シンカーおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も

初心者さんも必見!今知ってほしいテキサスリグ用シンカーはこちら!今回、釣りラボでは、テキサスリグ用シンカーの特徴、おすすめのテキサスリグ用シンカー、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品のテキサスリグ用シンカーをご紹介します。

リグ ワーム
スポンサーリンク

テキサスリグ用シンカーの選び方

reins(レイン) カラーTGスリップシンカー 8.8g ブラック

テキサスリグ用シンカーは通称バレットシンカーと呼ばれており、その名の通り弾丸の形状をしています。
先端が尖ったバレット形状は、カバーなどの障害物の回避能力が高い特徴を持っています。

バス釣りではテキサスリグやキャロライナリグで使用する時に使います。
また海釣りでも、ロックフィッシュゲームでキジハタ・カサゴ・メバル・アイナメなど根魚の魚にもテキサスリグを組む際に使用されるシンカーです。

ここからテキサスリグ用シンカーの選び方のポイントを紹介します。

選ぶポイント1:シンカーの素材

テキサスリグ用シンカーには主に3つの素材があり、タングステン・真鍮・鉛です。
現在はタングステン素材が主流で、多くのアングラーが使用しています。

タングステンを使用するメリットは、ボトムの変化などの感度がよく、根がかりがしづらく、また飛距離も抜群にでます。

テキサスリグ用シンカーを選ぶ際は、タングステン素材を選択しましょう。

選ぶポイント2:シンカーの重さ

テキサスリグシンカーの重さを選ぶ際に重要なポイントは、状況・ワーム・リグに合わせて選んでいくことです。

サーチ目的やワームの操作感を重視したい時は、シンカーを重くしたほうがいいです。
また風が強い状況の時も、アクションをつけるのが難しいので重いシンカーを選択しましょう。

浅いレンジを巻きたい時や、サイトのアプローチをする場合などは軽めのシンカーを選択するといいです。
釣り場の状況に対して、臨機応変に重さの使い分けをしていきましょう。

スポンサーリンク

テキサスリグ用シンカーおすすめ人気6選【コスパ最強】

JACKALL(ジャッカル) シンカー JKタングステン カスタムシンカーバレット COLOR_NAME 10.5g(3/8oz) 2個

シンカーの選び方のポイントを理解したところで、次は実際におすすめのテキサスリグ用シンカーをご紹介します。

ネットや店頭を見ても数えきれない程の種類があり、迷われている方もいると思います。
そんな方のために、テキサスリグ用シンカーの中で実績が高く人気な商品を厳選しました。
ぜひ参考にしてみてください。

レイン(Reins)

【レイン】TGスリップシンカー マットカラー仕様

テキサスリグ用シンガーで最もオールラウンドなシンカーです。
シンカー内部にラインが切れるのを防止するチューブが付いており、安心して使用できます。
また豊富な重さをラインナップしているため、どんなフィールドでも合わせて選択することが可能です。

JACKALL(ジャッカル)

【ジャッカル】JKタングステンカスタムシンカー バレットCOLOR

ワームとシンカーを同化させるため、グリパンカラーを採用しています。
このカラーは水馴染みがとてもいいので、魚にシンカーの違和感を感じさせません。

性能も申し分ないためおすすめのシンカーです。

エバーグリーン(EVERGREEN)

【エバーグリーン】EGタングステンバレットシンカー

シンカー内部に空洞があり、ラインの結び目を収納することができます。
これによりシンカーとワームに一体感を生むことができ、ゴミや障害物に対して回避能力が上がります。

またシンカーには重さの表記が刻印されているため、ボックスの中から選ぶ際もわかりやすいシンカーです。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】バザーズ ワームシンカー TG NEWバレット

すり抜け性能が非常に高いシンカーです。

濃いカバーや地形変化の激しいボトムでも、根がかりにくくテキサスリグを快適に扱えます。
ワームとシンカーのロストを軽減できますので、初心者の方におすすめです。

タカミヤ(TAKAMIYA)

【タカミヤ】FALKEN R バレットシンカー

9個入りで非常にリーズナブルな値段で販売されており、多数の好評価を得ているシンカーです。

素材は鉛ですが、障害物に対する回避能力も優れています。
重さのラインナップも他のテキサスリグ用シンカーに比べたら豊富で、選択の幅が広がります。

オフト(OFT)

【オフト】ビュレットウェイト

スナッグレス性能に非常に優れたシンカーです。
ロックフィッシュゲームではロストが多いのでおすすめの商品です。
根がかりしやすそうな場所でもアプローチでき釣果もあがるでしょう。

スポンサーリンク

【2022年新作】おすすめのテキサスリグ用シンカー3選

エバーグリーン(EVERGREEN) シンカー EG タングステンバレットシンカー 3/16oz (5.0g) 4個

最後に2022年最新のテキサスリグ用シンカーを紹介します。

近年販売されるシンカーは、今までにない斬新的なアイデアを採用した商品が多いです。

最新の情報をキャッチして、でかい魚もキャッチしていきましょう。

ぜひ参考にしてみてください。

イッセイ(ISSEI)

【一誠】ULTRAスリヌケシンカー

従来のテキサスリグ用シンカーはすり抜け性能が高いですが、このシンカーは更に回避能力を高めるため、八角系の形状を採用しました。

障害物に対しシンカーの当たる角度と引張られる角度が緩やかなため、ロックせずすり抜け性能が高くなっているのが特徴です。

また強度を出すためメッキ塗装を施しており、優れた耐摩擦性と硬度を実現しています。

カツイチ(KATSUICHI)

【カツイチ】デコイ スイッチヘッド

シンカーの向きを変えることで、スナッグレスモードとスタックモードに切り替えが可能なシンカーです。
またさまざまなワームカラーになじむガンブラックカラーを採用しており、魚に違和感を与えないでしょう。
2種類の使い方ができるので、釣りの幅が広がりビッグフィッシュを捕らえる確率があがるでしょう。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】2WAY SINKER

2WAY SINKERは、2021年にダイワから発売になった、フリーリグとテキサスリグの両リグを2WAYで使い分けることが出来るシンカーになります。

ロックフィッシュやバスフィッシングで多用されるリグですが、フィールドに併せて使い分けることが出来、マッドカーキカラーコートが鉛表面の柔らかさを緩和し、シンカー根掛りも防止してくれます。

スポンサーリンク

テキサスリグ用シンカーについてまとめ

ダイワ(Daiwa) シンカー バザーズ ワームシンカー TG NEWバレット 3/8oz

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】テキサスリグ用シンカーおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • テキサスリグ用シンカーの選び方
  • テキサスリグ用シンカーおすすめ人気6選【コスパ最強】
  • 【2022年新作】おすすめのテキサスリグ用シンカー3選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

テキサスリグ用シンカー
さらに探すならこちら!

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

テキサスリグの作り方と使い方を徹底解説!おすすめのワーム・シンカーもご紹介
バス釣りやロックフィッシュ釣りにおすすめのテキサスリグ。今回、釣りラボでは、そんなテキサスリグについて、テキサスリグの作...
【2022年】アジング用シンカーおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も
鯵を狙うならこちら!今年度激推しのアジング用シンカーはこちら!今回、釣りラボでは、アジング用シンカーの特徴、おすすめのア...
【2022年】ロックフィッシュ用シンカーおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も
ロックフィッシュゲームに挑戦したい方必見!今年度激推しのロックフィッシュ用シンカーはこちら!今回、釣りラボでは、ロックフ...
【2022年】ネコリグシンカーおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も
ネコリグシンカーは、根こそぎ取れてしまうからという意味でその名が付きました。今回、釣りラボでは、ネコリグシンカーの特徴、...
【2022年】バス釣り用シンカーおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も
バス釣りをするなら必見!今年度ぜひ手に入れたいバス釣り用シンカーはこちら!今回、釣りラボでは、バス釣り用シンカーの特徴、...
https://camp-like.jp/tent/1102
...
429 Too Many Requests
...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

オモリ・シンカー
釣りラボマガジン