【2022年】鉛オモリおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も

釣り師さん必見です!釣りの必須アイテム!今知ってほしい鉛オモリ厳選集はこちら!今回、釣りラボでは、鉛オモリの特徴、おすすめの鉛オモリ、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品の鉛オモリをご紹介します。

オモリ・シンカー ライン・釣り糸

鉛オモリの選び方

ヨーヅリ(YO-ZURI) 雑品・小物: [ST]ガン玉 C/S入

エサやルアーを水中に早く沈めるために使い、汎用性の高さから多くの釣りに使用されるのが鉛オモリです。
バレット型やナス型など、多くの形のものがあり、こだわる方は自分で加工して自作のオモリを作る方もいます。

色については、基本的に鉛色をしていますが、塗装して自分だけのカラーリングにすることもできます。

そんな鉛オモリの選び方について簡単に紹介します。

選ぶポイント1:鉛オモリの号数

鉛オモリの選ぶポイントの最も大切なポイントが重りの号数(重さ)です。
ちょい投げ釣りには8~10号程度ですが、船釣りでは80号を超えるようなオモリを使うこともあります。

行う釣りに合わせた鉛オモリの号数を選ぶようにしましょう。

選ぶポイント2:鉛オモリのタイプ

鉛オモリには、それぞれの形状に合わせて種類があります。
大きく、中通しタイプ・環付きタイプ・胴突きタイプ・カミツブシタイプ・天秤タイプです。

レインを中に通したり、仕掛けの先につけたりと、付ける場所や役割によって選ぶ鉛オモリのタイプが変わります。
こちらも、釣りに合わせて鉛オモリをチョイスすることが大切なポイントです。

鉛オモリおすすめ人気6選【コスパ最強】

フジワラ(FUJIWARA) 蛍光ビニール ナス 6号

それでは実際におすすめの鉛オモリを6つ紹介します。
ランキング上位の人気鉛オモリはもちろん、性能重視やコスパ重視など、幅広い面から評価した6つを選んでいます。

これから釣りを始める方も、新しく鉛オモリを購入して快適な釣りを楽しみたい方も、ぜひ参考にしてみて下さい。

DUEL(デュエル)

【デュエル】ヨーヅリ ガン玉

ラインに挟み込むタイプのガン玉鉛オモリです。
浮き釣りには必ず必要となり、他の釣りにおいても手軽に重量の調節ができるオモリなので、一つ持っておくと便利です。

フジワラ(FUJIWARA)

【フジワラ】蛍光ビニール ナス

よくあるナス型のオモリに、ゴムのコーティングを施して色付けしたオモリです。
ゴム層に厚みがあるので、よくある塗装品と比べて耐久性が高いのが特徴です。

第一精工

【第一精工】中通しおもり

中通しタイプの一般的な鉛オモリです。
0.3号から2号まで細かくグラム設定しており、状況に合わせたオモリをチョイスすることができます。

価格も購入しやすい価格帯に設定されているので、とりあえず数種類の号数を購入しておくことをおすすめします。

第一精工

【第一精工】クッションシンカー

鉛オモリの上下にウレタンゴム製のラインが通っており、アワセ切れの心配がない商品です。
しっかりと喰ってから合わせる必要のある釣りには、抜群の効果を発揮します。
特にチヌ釣りにおいては活躍する鉛オモリです。

【関門工業】鯛玉オモリ 徳用パック

オモリにネクタイと呼ばれるラバー素材をセットすることで鯛を狙う、タイラバ用の鉛オモリです。
徳用パックとなっており、オモリ7粉入りで2000円を切る価格で購入できるので、コストパフォーマンスの良い鉛オモリです。

第一精工

【第一精工】釣り用板オモリ

仕掛けを変えずに重量だけ変えたい、という場面で活躍するのが第一精工の板オモリです。
仕掛けに貼り付けるだけで重量調整をすることができるので、手返しの良い釣りを楽しむことができます。

【2022年新作】おすすめの鉛オモリ3選

第一精工 釣り用オモリ 中通し 1.2号 22129 シルバー

次に2021年、2022年に発売された最新の鉛オモリを2つ紹介します。
新作の鉛オモリを使って、快適な釣りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

GUOOL

【GUOOL】鉛オモリ

環境のことを考えて、環境保護鉛材料という鉛で作られたオモリです。
重さは71g(19号相当)となっており、多くの釣りで使用できる汎用性の高い重量となっています。

Catfish Sumo

【Catfish Sumo】ナマズミ フラット

側面がフラットな形状をすることで、底にしっかりと固定することができる鉛オモリです。
インサートがついており、ラインを通すことができるのでロールがおこることなく、ラインも損傷することがありません。

Berkley(バークレー)

【バークレイ】Swivel Sinker グローカラー

2021年にバークレイから発売されたSwivel Sinker グローカラーは、各種の釣りで応用が効くグローコーティングの鉛シンカーです。

深場狙いのハードロックフィッシュではフリーリグ、ナイトゲームでのボトム狙いのチニングなど使用用途は幅広く、発光することで遠目の魚にもアピールが出来る鉛シンカーです。

鉛オモリについてまとめ

第一精工 シンカー(おもり) クッションシンカー 10号 釣り シルバー

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】鉛オモリおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • 鉛オモリの選び方
  • 鉛オモリおすすめ人気6選【コスパ最強】
  • 【2022年新作】おすすめの鉛オモリ3選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】シマノのリールおすすめ人気ランキング11選!特徴やコスパ最強の新製品も
シマノのリールは、多くの釣り好きに愛されるリールであり、ダイワのリールに並んで非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、...
【2022年】ダイワのリールおすすめ人気ランキング12選!特徴やコスパ最強の新製品も
ダイワのリールは、多くの釣り好きに愛されるリールであり、非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、ダイワのリールの特徴、...
【2022年】リールおすすめ人気ランキング17選|選び方・使い方・糸巻きのやり方
リールは、釣りをするに当たって必要不可欠な釣具です。今回、釣りラボでは、リールの選び方・種類・使い方・糸の巻き方・下巻き...
【2022年】おすすめのルアー17選を種類別に紹介!選び方・結び方・付け方も解説
ルアーとは、簡単に言えば擬似餌のことです。このルアーを使ったルアーフィッシングはとても人気があります。今回、釣りラボでは...
【2022年】おすすめコスパ最強のエギングロッド22選|ダイワ・シマノの人気商品は?【初心者必見】
エギングに必須の万能竿であるエギングロッド。初心者から上級者まで幅広いユーザーに利用されています。今回、釣りラボでは、エ...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

オモリ・シンカー
釣りラボマガジン