【2020年】シーバスワームおすすめ8選!選ぶポイントや釣り方・仕掛けをご紹介

シーバス釣りにワーム(ソフトルアー)を使う人が増えています。今回、釣りラボでは、そんなシーバスワームの選び方、おすすめシーバスワーム6選、2020年の新作2選、仕掛け・ジグヘッドのおすすめ、釣り方・アクションをご紹介。ぜひご覧ください。

ワーム シーバス
スポンサーリンク

シーバス釣りにワームを使うメリット

シーバス

出典:写真AC

和食でも洋食でも、いろいろな美味しい食べ方のあるシーバス(スズキ)。

シーバスはルアーにも食いついてくれるため、ルアーフィッシングを楽しむことができますが、中でもワームを使うとさまざまなメリットがあります。

素材がやわらかく、食いついたときの違和感が少なめです。
また、他のルアーよりも種類が豊富に出ているため、破損を気にせず使えます。

では、どのようなワームを使うと釣果が期待できるのか、具体的に見ていきましょう。

スポンサーリンク

シーバスワームの選び方

シーバス

出典:写真AC

まず、シーバスワームの選び方についてご紹介します。
ルアーには、ハードルアーとソフトルアーがありますが、今回はよりアタリの良いソフトルアーに限定してご説明していきます。

選ぶときのポイントは3つです。
ワームの種類、色、匂いです。
では、それぞれのポイントについて解説していきます。

選ぶポイント1:ワームの種類

1つ目のポイントは、ワームの種類です。
ワームは、いろいろな形状のものが販売されており、どれがよいのか迷ってしまいます。
その中で、シーバス釣りに最もおすすめなワームを4種類ご紹介します。

ストレートワーム

あまり飾りがなく、まっすぐな形状のものをストレートワームと呼びます。
ゴカイやミミズといった虫や、細い小魚をイメージして作られています。

ピンテールワーム

細身のボディに、細くとがったテールがついている形状のものをピンテールワームと呼びます。
こちらもミミズや小魚をイメージして作られています。

シャッドテールワーム

まっすぐのボディに、フィンのような小さなテールがついた形状のものをシャッドテールワームと呼びます。
カタクチイワシなどの、小さな魚をイメージして作られています。

ワインドワーム

よく揺れて、生き生きと泳いで見えるようなひれやテールのある形状のものをワインドワームと呼びます。
シーバスや青物、タチウオなどを狙うワインドという釣り方で用いられるワームです。

選ぶポイント2:ワームのカラー・色

次に、ワームのカラーについて見ていきましょう。
シーバス釣りに適したカラーを4種類ご紹介します。

ナチュラルカラー

ナチュラルカラーとは、本物の小魚のような色のことです。
視界のよいデイゲーム時や、水が澄んでいる場所で使うのがおすすめです。

アピールカラー

アピールカラーとは、黄色やピンクなどの目立つ色のことです。
ナイトゲームで、かつ水が濁っている場所で使うのがいいでしょう。

グローカラー

グローカラーとは、暗いところで光る色のことです。
夜釣りなどの時間帯で、かつ水が濁っている場所で使うと効果的です。

反射フィルム入り

反射フィルム入りとは、ラメが入ったもののことです。
光が当たってきらきらすることで、小魚が水を切って泳いでいるかのように見せられるため、デイゲームでの使い方に適しています。

選ぶポイント3:ワームの匂い

3つ目のポイントは、ワームの匂いです。
ワームに匂いがついていることで、水中で魚を集める効果があります。
より生き餌に近い状態でのルアーフィッシングを楽しむために、匂い付きのワーム活用することをおすすめします。

スポンサーリンク

シーバスワームおすすめ6選!

シーバス

出典:写真AC

シーバス釣りにおすすめのワームを6つご紹介します。
先ほどご説明したワームの形状別にご紹介しますので、参考にしてみてください。

おすすめのストレートワーム1選

ストレート系のワームのおすすめ商品を1つご紹介します。

【バークレイ】ガルプ!SWサンドワーム 2インチ G2SQSW2

砂漠のモンスター(sand worm)のような見た目で、匂い付きのストレートワームです。
アマゾンのサンドワーム人気ランキングでも高い評価を得ています。

おすすめのピンテールワーム2選

ピンテールワームのおすすめ商品を2点ご紹介します。

【イッセイ】イッセイ海太郎(Issei Umitaro) ワーム カタクチワーム 4.5インチ

本物のカタクチイワシとそっくりの見た目で、柔らか素材できびきびとアピールしてくれます。

【コアマン】CA-03 ミニカリ

多色揃いのコアマンワームシリーズの中で一番釣果が期待できる、バチ抜け狙いのカラーです。

おすすめのシャッドテールワーム2選

シャッドテールワームのおすすめ商品を2点ご紹介します。

【Croch】バイブレーションジグヘッド

5色のシャッドテールワームが2つずつ入って10個入りとなっています。
ジグヘッド、フック付きで便利な一品です。

【マーズ】r32マイクロウェーブ

発色が美しくてよく釣れる、マーズのシャッドテールワームです。
r32シリーズは、シャッドテールワームのほかピンテールも評価されています。

おすすめのワインドワーム1選

ワインド系のワームのおすすめ商品をご紹介します。

【ダイワ】モアザン ミドルアッパー

大型のシーバスが釣れる、評価の高いワームです。

スポンサーリンク

【2020年新作】シーバスワームおすすめ2選

シーバス

出典:写真AC

2020年に発売されたシーバスワームの中から、おすすめの商品を2つご紹介します。

【エコギア】パワーシャッド4インチ

食いつきがよく、本数と価格のバランスの良いエコギアのパワーシャッドシリーズ4インチの新作です。

【ジャクソン】クイックシャッド 3.5インチ KLP キラキラピーチ

テール部分が高く跳ね上がり、生きのいい水中アクションが期待できる形状になっています。

スポンサーリンク

シーバスワームの仕掛けにはジグヘッドがおすすめ

シーバス

出典:写真AC

これまでご紹介してきたシーバス釣りのワームは、仕掛けにジグヘッドを使うことをおすすめします。
ジグヘッドはおもりとフックが一体化しており、ワームを水中で動かしたときのアクションが自然になるためです。

ジグヘッド選びのポイントや、おすすめのジグヘッド、ジグヘッドとワームの付け方についてご説明します。

ジグヘッドを選ぶポイント

ジグヘッドを選ぶときのポイントは2つあります。
ジグヘッドのサイズと、重さです。
それでは、それぞれについて見ていきましょう。

選ぶポイント1:ジグヘッドのサイズ

ジグヘッド選びのポイントの1つ目は、サイズです。
2インチ以下の小型のものから、3インチ、4インチのもの、5インチ以上のものもあります。
シーバス釣りのリグには、だいたい3インチから5インチ程度の大きさが適しています。

選ぶポイント2:ジグヘッドの重さ

ジグヘッド選びのポイントの2つ目は、重さです。
重さ別では、10g以下のもの、10~20gのもの、20g以上のもの、と大きく3種類あります。
これは、釣る場所や、ターゲットであるシーバスがどの深さにいるかによって使い分けるとよいでしょう。

軽量のものは、浅い川やナイトゲームでの釣りにおすすめです。
ノーシンカーリグを使うと、弱った獲物のように見せかけることができ、シーバスを刺激します。

中程度の重さのものは、水深3~5メートルほどの深さにいるシーバスを狙います。

重量なものは、水深5メートルほどの深さや遠くに投げるときに使います。

おすすめのジグヘッド2選

シーバス釣りにおすすめのジグヘッドを2つご紹介します。

【コアマン】PH-03 パワーヘッドミニ

すっきりしたデザインで、ジグを刺しやすく使いやすい一品です。

【オーナー】静ヘッド JH-61 14g

音を立てずに獲物にアピールする「静」シリーズの中で、シーバス釣りに適したサイズのものがこちらです。

ジグヘッドとワームの付け方

ジグヘッドにワームをどう付けるか、付け方をご紹介します。
シンプルにワームのみ付けてもいいですし、よりしっかりキャッチするためにアシストフックを付ける方法もあります。

ジグヘッドとワームの付け方は、以下の動画を参考にしてみてください。

ワームの付け方!初心者必見!オフセットフック・ジグヘッドの綺麗な刺し方を丁寧に解説

スポンサーリンク

シーバスワームを使った釣り方・アクション

出典:写真AC

シーバスワームを使った釣り方や、アクションの仕方をご紹介します。

ワームの使い方・アクション

シーバスは一年中釣れる魚であり、水深もバリエーション豊かに狙えるので、さほどアクションの難易度が高いターゲットではありません。
まずはシャッドテールワームなどでただ巻きをしてから、反応が薄いようでしたらテクニックを追加していきましょう。
左右にルアーを振りながら動かすダートアクションをするなど、大きな動きをしたいときはワインドワームがおすすめです。

ワームのアクションについては、以下の動画をぜひ参考にしてみてください。

ワーム アクション!水中映像!!釣り初心者必見 動かし方!バス仕掛け ゲイリーヤマモト gary yamamoto ヤマセンコー

シーバスを狙う場所

シーバスを狙う場所としては、以下のような場所がおすすめです。

  • 海:サーフ、海釣り公園などの沖合、護岸、磯場など
  • 河川:河口、浅瀬になった干潟部分など
スポンサーリンク

シーバスワームについてまとめ

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2020年】シーバスワームおすすめ8選!選ぶポイントや釣り方・仕掛けをご紹介」というテーマに沿って、「シーバス釣りにワームを使うメリット」「シーバスワームの選び方」「シーバスワームおすすめ6選!」「【2020年新作】シーバスワームおすすめ2選」「シーバスワームの仕掛けにはジグヘッドがおすすめ」「シーバスワームを使った釣り方・アクション」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

シーバスとは?その生態・釣り方を徹底解説|ルアー・リール・食べ方
シーバスとは、スズキをルアーフィッシングする際の通称で使われる用語です。今回、釣りラボでは、シーバス(スズキ)について、…
【2020年】おすすめシーバスロッド7選!コスパ最強の製品から万能竿までご紹介
近年大人気のシーバス釣りには欠かせないシーバスロッド。初心者向けの釣竿としても人気です。今回、釣りラボでは、シーバスロッ…
【2020年】おすすめの定番シーバスルアー14選!ダイワ・シマノの人気商品も
近年大人気のシーバス釣りには欠かせないシーバスルアー。今回、釣りラボでは、シーバスルアーの選び方、種類、人気メーカー、定…
【2020年】おすすめのシーバスリール12選!選び方やコスパ最強の製品をご紹介
シーバス釣りに大活躍のシーバスリール。今回、釣りラボでは、シーバスリールの選び方(番手・ギア比・スピニング・ベイト・PE…
ダイワのおすすめシーバスロッド10選|スピニング・ベイト・振出しロッドをご紹介
釣具の総合メーカーとして多くの釣り人に愛用されているダイワ(DAIWA)。今回、釣りラボでは、ダイワのシーバスロッドにつ…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Facebook・Twitterにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン