【2022年】ダウンショットシンカーおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も

シンカーにはさまざまな種類があるので、どれにするか悩む方も多いかと思います。今回、釣りラボでは、ダウンショットシンカーの特徴、おすすめのダウンショットシンカー、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品のダウンショットシンカーをご紹介します。

ライン・釣り糸 ワーム
スポンサーリンク

ダウンショットシンカーの選び方

VARIVAS(バリバス) ノガレス TGグレネード ダウンショットシンカー 0.9g 4個

ダウンショットシンカーはその名の通り「ダウンショットリグ」で使用されるオモリのことです。
フックから5㎝~20㎝程ラインを伸ばした位置にダウンショットシンカーをセットします。

ワームとシンカーが離れることでナチュラルなアクションを演出できるため、非常に喰わせに特化したリグです。

今回は、ダウンショットシンカーの選び方や、おすすめの商品をご紹介します。

選ぶポイント1:種類

ダウンショットシンカーには大きく分けて3つのタイプがあります。
まずは、それぞれの特徴を理解し選択していきましょう。

ラウンドタイプ

丸型の形状をしたダウンショットシンカーです。
ダウンショットシンカーの中で、一番ベーシックな形をしたタイプです。

水の抵抗を受けやすい形状なため、ゆっくりフォールするのが特徴です。
またボトムなどの変化を感じ取るのに優れています。

スティックタイプ

その名の通り、棒状の形をしたダウンショットシンカーです。
水の抵抗を受けにくいため、フォールスピードが速いのが特徴です。
また、スナッグレス性も高いため障害物のある場所に有効です。

ティアドロップタイプ

ナス型の形状をしたダウンショットシンカーです。
ラウンドタイプとスティックタイプの真ん中に位置するタイプです。

障害物の回避能力が高く、ボトム着底後は安定感に優れているので汎用性が高いのが特徴です。

選ぶポイント2:素材

ダウンショットシンカーの素材には、主に鉛とタングステンが使用されています。
この2つの中でおすすめするのは、「タングステン素材」です。

理由はタングステンは比重が大きいため、鉛に比べシンカーのサイズをコンパクトにできるからです。
また、鉛に比べ感度も非常に優れています。

シンカーのサイズが小さいとボトムに沈む岩やウィードといった、障害物を回避しやすくなるため根掛かりしづらくなります。

タングステンの唯一の欠点が、鉛より値段が高いところです。

選ぶポイント3:シンカーの重さ

ダウンショットシンカーの重さは、汎用性が高くさまざまなレンジに対応する1.3g程を基準に重さを選択していきましょう。
釣り場の状況や、狙いたいレンジに合わせて臨機応変に選択してみましょう。

スポンサーリンク

ダウンショットシンカーおすすめ人気6選【コスパ最強】

JACKALL(ジャッカル) シンカー JK タングステンカスタムシンカー スティックダウンショット ラウンドアイ 7.0g(1/4oz) 3個

それでは実際に、おすすめのダウンショットシンカーをご紹介します。
実績が高い商品や、ランキング上位の人気商品を6つ厳選しました。
ぜひチェックしてみて下さい。

バリバス(VARIVAS)

【バリバス】ノガレス TGグレネード

焼結タングステン素材を採用したダウンショットシンカーです。
感度のよさはもちろん、特殊な形状なため濃いカバー攻略にも適しています。

JACKALL(ジャッカル)

【ジャッカル】タングステンカスタムシンカースティック

タングステン素材を採用したスティックタイプのダウンショットシンカーです。
ウェイトのラインナップが豊富なため、さまざまな状況に対応します。

ザップ(Zappu)

【ザップ】ピンフリーショット

ボトムでの着底姿勢を安定させる設計がされたダウンショットシンカーです。
光沢を抑えた質感なので、ギラつきを抑え魚の警戒心を軽減します。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】バザーズワームシンカー

ハリス止めタイプなので、簡単にセットできるダウンショットシンカーです。
タングステン素材を採用しているので、コンパクトなサイズを実現しています。
また、モスグリーンカラーなので水馴染みがよくシンカーが目立ちません。

カツイチ(KATSUICHI)

【デコイ】ダウンシンカー コツコツ君

ラウンドタイプのダウンショットシンカーです。
性能はもちろん、値段も大変リーズナブルなのでコスパに優れた商品です。

スタジオ100

【スタジオ100】タングステン ドロップショットシンカー

ローリングスイベルを搭載しているので、ライントラブルを防ぎ快適に釣りを楽しめます。
また着底後の安定感が優れているので、ワームのポテンシャルを損なうことなく発揮してくれます。

スポンサーリンク

【2022年新作】おすすめのダウンショットシンカー3選

ザップ(Zappu) ピンフリーショット 1/8oz (3.5g) 4個入

最後に2022年最新のダウンショットシンカーを2つご紹介します。
新製品を使い、他のアングラーと釣果の差をつけましょう。
ぜひ参考にしてみて下さい。

AGOOL

【AGOOL】ダウンショット ドロップショット シンカー

スティック型のダウンショットシンカーです。
水の抵抗を軽減するため、根掛かりがしにくくボトムの察知感度が高いです。
また幅広いウェイトのシンカーが入っているので、さまざまな状況で対応できるのも嬉しいポイントです。

YZD

【YZD】タングステン ドロップ ダウンショットシンカー

ドロップ型のダウンショットシンカーです。
スイベルを搭載しているので、ライン絡みを軽減してくれ効率よく釣りができます。
低重心形状なので、安定した姿勢を維持してフォールしてくれます。

オルルド釣具

【オルルド釣具】ドロップショット シンカー タイプスティック

ドロップショット シンカー タイプスティック は、安価なフィッシングギア提供でおなじみのオルルド釣具から、2021年に発売になったダウンショットシンカーです。

スティックタイプのシンカーですので、ラウンドタイプと比較しても沈降スピードは速く、手返し良く探りを掛ける事が出来、自動ハリス止め仕様ですので、シンカーチェンジも手早く行えます

スポンサーリンク

ダウンショットシンカーについてまとめ

ダイワ バザーズワームシンカーTG ペアーハリス止め 1/32oz

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】ダウンショットシンカーおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • ダウンショットシンカーの選び方
  • ダウンショットシンカーおすすめ人気6選【コスパ最強】
  • 【2022年新作】おすすめのダウンショットシンカー3選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

シーバス向けのシンキングペンシル
さらに探すならこちら!

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ダウンショットリグの作り方と使い方を徹底解説!結び方・アクションもご紹介
ロックフィッシュ、アジング、バス釣りなどにおすすめのダウンショットリグ。今回、釣りラボでは、そんなダウンショットリグにつ...
【2022年】最強ダウンショット用ロッドおすすめ人気10選!選び方や専用ロッドも
ダウンショット用ロッドには何を選ぶべきなのでしょうか?今回、釣りラボでは、ダウンショット用ロッドの特徴、おすすめのダウン...
【2022年】アジング用シンカーおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も
鯵を狙うならこちら!今年度激推しのアジング用シンカーはこちら!今回、釣りラボでは、アジング用シンカーの特徴、おすすめのア...
【2022年】ロックフィッシュ用シンカーおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も
ロックフィッシュゲームに挑戦したい方必見!今年度激推しのロックフィッシュ用シンカーはこちら!今回、釣りラボでは、ロックフ...
【2022年】テキサスリグ用シンカーおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も
初心者さんも必見!今知ってほしいテキサスリグ用シンカーはこちら!今回、釣りラボでは、テキサスリグ用シンカーの特徴、おすす...
【2022年】スイートコーン缶詰おすすめ人気ランキング6選!人気の商品やレシピも
粒状のままのもの、クリームタイプに加工されたものなどスイートコーン缶詰にはさまざまな種類があります。今回、ベストハックで...
【2022年】高級なトマトおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
たまには高級なトマトを使って料理をしてみたいですよね。今回、ベストハックでは、高級なトマトの特徴、おすすめの高級なトマト...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

オモリ・シンカー
釣りラボマガジン