【2022年】タングステンバレットシンカーおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も

シンカーにはさまざまな種類があるので、どれにするか悩む方も多いかと思います。今回、釣りラボでは、タングステンバレットシンカーの特徴、おすすめのタングステンバレットシンカー、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品のタングステンバレットシンカーをご紹介します。

ライン・釣り糸 ワーム
スポンサーリンク

タングステンバレットシンカーの選び方

JACKALL(ジャッカル) シンカー JKタングステン カスタムシンカーバレット COLOR_NAME 7.0g(1/4oz) 3個

バレットシンカーは、バスフィッシングやソルトフィッシングでテキサスリグで使用されるオモリのことです。

弾丸のような形状をしているため、スナッグレス性が高く濃いカバーなどにも積極的にアプローチすることができます。

バレットシンカーの素材には大きく分けて鉛とタングステンがありますが、今回は感度と耐久性の高いタングステン素材のバレットシンカーの選び方のポイントや、おすすめの商品をご紹介します。

選ぶポイント1:シンカーの重さ

タングステンバレットシンカーの重さは、7gを基準に選択していきましょう。
どのフィールドでも汎用性が高いウェイトなのでおすすめです。

ディープエリアを攻める場合や操作感を重視したい方は、シンカーの重さをあげていきましょう。
シャローエリアは、3gから5gを選択すればアプローチしやすいのでおすすめです。

釣り場に応じて臨機応変に重さを選択すれば、釣りの効率も上がり自然と釣果も上がるでしょう。

選ぶポイント2:値段

タングステン素材を採用したシンカーは、比重が重いのでシンカーのサイズをコンパクトにできたり、高硬度なので耐久性と感度に優れています。
さまざまなメリットがあるタングステン素材ですが、唯一の欠点が値段が高いことです。

タングステンは、希少金属の金と比重がほぼ一緒なため値段が高くなります。
タングステンの特性を活かせる状況の時は使用し、そのほかの時は鉛素材のシンカーを使用するなど工夫をして選択すれば、ロストを気にすることなく釣りに集中できます。

スポンサーリンク

タングステンバレットシンカーおすすめ人気6選【コスパ最強】

ダイワ(Daiwa) シンカー バザーズ ワームシンカー TG NEWバレット 1/8oz

ここからは実際にタングステンバレットシンカーをご紹介します。
人気ランキング常連のおすすめ商品を6つ厳選しました。
ぜひチェックして参考にしてみて下さい。

JACKALL(ジャッカル)

【ジャッカル】JKタングステンカスタムシンカー バレットCOLOR

このタングステンバレットシンカーは、グリパンカラーを採用しています。
そのことによりワームとシンカーを同化させ違和感を軽減させます。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】バザーズ ワームシンカー TG NEWバレット

新形状を採用しスナッグレス性を追求したタングステンバレットシンカーです。
スリ抜け性能が非常に高いので快適に使用できます。

JACKALL(ジャッカル)

【ジャッカル】タングステン カスタムシンカー

ラインを通す部分に太径チューブを搭載しているので、シンカーとラインの摩擦を防ぎます。
また、ラインを収納できるのでゴミや障害物に対しスナッグレス性が高くなります。
シンカーには重さが刻印されているので、分かりやすい所もおすすめのポイントです。

レイン(Reins)

【レイン】TGスリップシンカー マットカラー仕様

内部に糸切れ防止チューブが付いておりロストを軽減させます。
シンカーは水中で目立ちにくいマットカラーを施しているので、水中でギラつきを抑え魚に違和感を与えません。
タングステンバレットシンカーの良さを全て凝縮しているような商品です。

スミス(SMITH LTD)

【スミス】タングステンバレットシンカーN

ボトムのわずかな地形変化も見逃さない高感度なタングステンバレットシンカーです。
ラインホール内にチューブを搭載しているので、ラインブレイクを防ぐことができます。

オフト(OFT)

【オフト】ビュレットウェイト

淡水から海まで幅広く使用できるタングステンバレットシンカーです。
スリ抜け性能が高いので積極的に攻めることができます。

スポンサーリンク

【2022年新作】おすすめのタングステンバレットシンカー3選

JACKALL(ジャッカル) シンカー JKタングステン カスタムシンカーバレット 8.5g(5/16oz) 2個

最後に2021年以降に発売された、タングステンバレットシンカーを2つご紹介します。
新製品を使い、2022年シーズンの釣りを楽しんでみてはいかがでしょうか。
ぜひチェックして参考にしてみて下さい。

YZD

【YZD】バレットシンカー タングステン

シンカー内部に軟質チューブが入っているので、ラインがしっかり保護されます。
ボトム感度を手元までしっかり伝えてくれるタングステンバレットシンカーです。

CLEYE

【CLEYE】弾丸 タングステン バレットシンカー

高純度のタングステンを使用したバレットシンカーです。
柔らかい保護チューブが内蔵されているので、ライントラブルを防ぎストレスなく釣りを楽しめます。

BackLash

【BACKLASH】フレックスノーズTG(タングステン)

2021年にBACKLASHから発売されたフレックスノーズTG(タングステン)は、ライン保護も内在チューブでしっかり出来るバレットシンカーです。

更に特筆する点は、6面カット構造で、ボトムコンタクトの感覚はもちろんのこと、フォール時やシェイキング時でも、シンカー自らイレギュラーなアクションをとってくれる、バイトの得やすい代物です。

スポンサーリンク

タングステンバレットシンカーについてまとめ

reins(レイン) カラーTGスリップシンカー 8.8g ブラック

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】タングステンバレットシンカーおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • タングステンバレットシンカーの選び方
  • タングステンバレットシンカーおすすめ人気6選【コスパ最強】
  • 【2022年新作】おすすめのタングステンバレットシンカー3選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

フロロ製ショックリーダー
さらに探すならこちら!

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】タングステンシンカーおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も
釣り師さん必見です!近年大注目のタングステンシンカー厳選集!今回、釣りラボでは、タングステンシンカーの特徴、おすすめのタ...
【2022年】バレットシンカーおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も
シンカーにはさまざまな種類があるので、どれにするか悩む方も多いかと思います。今回、釣りラボでは、バレットシンカーの特徴、...
【2022年】アジング用シンカーおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も
鯵を狙うならこちら!今年度激推しのアジング用シンカーはこちら!今回、釣りラボでは、アジング用シンカーの特徴、おすすめのア...
【2022年】ロックフィッシュ用シンカーおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も
ロックフィッシュゲームに挑戦したい方必見!今年度激推しのロックフィッシュ用シンカーはこちら!今回、釣りラボでは、ロックフ...
【2022年】テキサスリグ用シンカーおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も
初心者さんも必見!今知ってほしいテキサスリグ用シンカーはこちら!今回、釣りラボでは、テキサスリグ用シンカーの特徴、おすす...
【2022年】コードレスブロワおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
洗車や掃除に便利なブロワ。コードレスなら屋外の作業も平気です。今回、ツルマガでは、コードレスブロワの特徴、おすすめのコー...
【2022年】ハウスカーおすすめ人気ランキング6選!メリットやコスパ最強製品も
ハウスカーにはさまざまな種類が出回っています。ハウスカーを使うと、収穫した野菜の運搬が楽になります。今回、ツルマガでは、...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

オモリ・シンカー
釣りラボマガジン