【2022年】タングステンシンカーおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も

釣り師さん必見です!近年大注目のタングステンシンカー厳選集!今回、釣りラボでは、タングステンシンカーの特徴、おすすめのタングステンシンカー、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品のタングステンシンカーをご紹介します。

ワーム リグ
スポンサーリンク

タングステンシンカーの選び方

JACKALL(ジャッカル) シンカー JKタングステン カスタムシンカーバレット COLOR_NAME 10.5g(3/8oz) 2個

これまでのシンカーといえば、鉛素材で出来たものを主流に使用していました。
海釣りでは20号や30号のシンカーはほとんど鉛素材でした。

しかし近年ではメリットだらけのタングステン素材に注目が集まり、今ではタングステンシンカーが主流になってきました。

タングステン素材は比重が重く高硬度であることが特徴で、この特性を活かしシンカーのサイズを小さくすることできます。

シンカーが小さくなると小型のワームにも使用できるメリットや、魚に対してシンカーの違和感を軽減できるメリットがあります。

ここからはタングステンシンカーの選び方をご紹介します。

選ぶポイント1:タングステンシンカーのタイプ

タングステン素材を採用したシンカーはたくさんありますが、最近よく使用される3タイプをご紹介します。

バレットシンカー

バレットシンカーはテキサスリグやキャリライナリグで使用されるシンカーです。
弾丸のような見た目からバレットシンカーと呼ばれ、この形状はスナッグレス性能が高いのが特徴です。

障害物に対しアプローチする場合は、シンカーの耐久性とすり抜け性能も重要です。
そのことからタングステン素材とバレットシンカーの相性がよくリピーターも多いです。

ティアドロップシンカー

ティアドロップシンカーはダウンショットリグで使用するシンカーです。
ボトムに対しアプローチをするので、タングステンシンカーの感度のよさを活かし使用されます。

ネイルシンカー

ネイルシンカーはネコリグやワームのウェイト調整で使用されるシンカーです。
タングステンシンカーはウェイトが重くなっても、シンカーのサイズをコンパクトにすることができるので、ネイルシンカーではよく使用されます。

選ぶポイント2:値段

タングステンシンカーの唯一の欠点と言えば値段が高いところです。
その理由は、タングステンと金は比重がほぼ一緒で希少金属に分類されるためです。

タングステンシンカーの特性を活かせるボトムやカバーなどを攻略する際には使用し、その他ではタングステンシンカーより比較的安い鉛素材のシンカーを使用するなど工夫して使用すればお財布に優しいです。

スポンサーリンク

タングステンシンカーおすすめ人気6選【コスパ最強】

ダイワ(Daiwa) シンカー バザーズ ワームシンカー TG NEWバレット 1/8oz

ここからは実際におすすめのタングステンシンカーを6つご紹介します。
タングステンシンカーのランキング上位のアイテムや、コスパがよく人気な商品を厳選しています。

タングステンシンカーのご購入を検討している方、ぜひ参考にしてみてください。

JACKALL(ジャッカル)

【ジャッカル】JKタングステンカスタムシンカー バレットCOLOR

ワームとシンカーを同化させ魚に違和感を与えさせないため、グリパンカラーで塗装されてます。
このカラーは水馴染みがとてもいいのでおすすめです。
また、シンカーとしての性能も申し分なく障害物の回避能力も非常に優秀です。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】バザーズ ワームシンカー TG NEWバレット

空気抵抗を抑える新形状なので、すり抜け性能が非常に高いシンカーです。
濃いカバーや地形変化の激しいボトムでも、スナッグレス性能が高いためテキサスリグを快適に扱えます。
ワームとシンカーのロストを軽減できますので初心者の方におすすめの商品です。

JACKALL(ジャッカル)

【ジャッカル】タングステンカスタムシンカーネイル

タングステン素材を採用しているので、シルエットがコンパクトでワームに刺しても形状を崩しにくいです。
また、サビることがないのでワームを痛めることなく使用できます。

フィッシュアロー(Fish Arrow)

【フィッシュアロー】フリリグシンカータングステン

フリーリグ専用のシンカーです。
小型サイズでティアドロップ形状なのでフリーリグで使用した際も、ワームの動きに緩急あるメリハリをつけることができます。

ウェイトの種類も5g、7g、10g、14g、18gと豊富なラインナップなので、釣り場の状況に対して合わせて選択してみましょう。

JACKALL(ジャッカル)

【ジャッカル】タングステンカスタムシンカー

このシンカーは感度や操作感のほかスナッグレス性能など、全てにおいて優秀なダウンショットシンカーです。
また価格も安くコスパに優れているためおすすめです。

エバーグリーン(EVERGREEN)

【エバーグリーン】EGタングステンバレットシンカー

シンカー内部に空洞があり、ラインの結び目を隠すことができます。
これによりシンカーとワームに一体感を出し、障害物やゴミに対して回避能力が上がります。
またシンカーの表面にウェイトの表記が刻印されているため、ボックスの中から選ぶ際もわかりやすいシンカーです。

スポンサーリンク

【2022年新作】おすすめのタングステンシンカー3選

JACKALL(ジャッカル) JKタングステンカスタムシンカーネイル 2.2g(1/13oz)4個入

最後に2022年最新のタングステンシンカーを2つご紹介します。
近年、各メーカーから発売される新製品は斬新なアイデアを採用しているため、いち早く最新の情報をキャッチすることで、他のアングラーと釣果の差を出せます。

ぜひ参考にしてみてください。

JACKALL(ジャッカル)

【ジャッカル】カスタムシンカーネイル ヘビーウェイト

ジャッカルで人気なネイルシンカーの「ヘビーウェイトモデル」です。
ボトムやストラクチャーに対し感知能力が高いので、ディープエリアのネコリグに最適です。

バレーヒル(ValleyHill)

【バレーヒル】TGシンカー18 ステイブル

独特の形状にパイプを搭載しているため、根がかりを軽減することができるシンカーです。
スイミング系やテキサスリグで使用できるほか、パイプをカットすればフリーリグでも使用できます。

さまざまなシーンで使用できるので、ボックスの中に入れておきたいアイテムです。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】スリムゼロ フリリグSS

バザーズワームシンカーTG スリムゼロ フリリグSSは、2020年にダイワから発売されたタングステン素材から成型されたフリリグシンカーです。

同モデルの他形式と同様に、シンカーの小型化とウェイトアップ、キャスト飛距離に貢献出来、カバーやウィード、ストラクチャー類のすり抜けも良く、根掛り率の低減化も大きな強みになります。

スポンサーリンク

タングステンシンカーについてまとめ

Fish Arrow(フィッシュアロー) フリリングシンカー タングステン 1/2oz 14g.

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】タングステンシンカーおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • タングステンシンカーの選び方
  • タングステンシンカーおすすめ人気6選【コスパ最強】
  • 【2022年新作】おすすめのタングステンシンカー3選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

タングステンシンカー
さらに探すならこちら!

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】タングステンバレットシンカーおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も
シンカーにはさまざまな種類があるので、どれにするか悩む方も多いかと思います。今回、釣りラボでは、タングステンバレットシン...
【2022年】アジング用シンカーおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も
鯵を狙うならこちら!今年度激推しのアジング用シンカーはこちら!今回、釣りラボでは、アジング用シンカーの特徴、おすすめのア...
【2022年】ロックフィッシュ用シンカーおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も
ロックフィッシュゲームに挑戦したい方必見!今年度激推しのロックフィッシュ用シンカーはこちら!今回、釣りラボでは、ロックフ...
【2022年】テキサスリグ用シンカーおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も
初心者さんも必見!今知ってほしいテキサスリグ用シンカーはこちら!今回、釣りラボでは、テキサスリグ用シンカーの特徴、おすす...
【2022年】タングステンのジグヘッドおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も
釣り師さん必見!近年大注目のタングステンのジグヘッド厳選集!今回、釣りラボでは、タングステンのジグヘッドの特徴、おすすめ...
【2022年】電動の芝刈り機おすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
芝刈り機の中でも、電動のものをお探しですか?そんな方は必見。今回、ツルマガでは、電動の芝刈り機の特徴、おすすめの電動の芝...
【2022年】エンジン式高圧洗浄機おすすめ人気ランキング6選!メリットやコスパ最強製品も
エンジン式の高圧洗浄機の人気が近年上がっています。今回、ツルマガでは、エンジン式高圧洗浄機の特徴、おすすめのエンジン式高...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

オモリ・シンカー
釣りラボマガジン