【2022年】ライトキャロシンカーおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も

釣り師さん必見です!今年度激推しのライトキャロシンカーはこちら!今回、釣りラボでは、ライトキャロシンカーの特徴、おすすめのライトキャロシンカー、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品のライトキャロシンカーをご紹介します。

リグ
スポンサーリンク

ライトキャロシンカーの選び方

カツイチ(KATSUICHI)デコイ CS-1B飛ビキャロシンカーブラック2.5g

ライトキャロは、ナチュラルにワームを漂わせることができるため、超絶フィネス的要素を持ち、プレッシャーが高いフィールドやスレた魚に対して有効なリグの一つです。

ライトキャロで釣果を出すには、使用するワームが重要と思われがちですが、シンカー選びもとても重要です。

シンカーの形状や重さを、釣り場にアジャストさせることで、高い釣果を叩き出すことができます。

今回はライトキャロシンカーの選び方や、おすすめの商品をご紹介していきます。
まずは、シンカーの選び方を見ていきましょう。

選ぶポイント1:重さで選ぶ

ライトキャロで使用するシンカーの重さは「7g以下」が一般的です。
3g〜5g辺りがライトキャロシンカーで最も汎用性がある重さです。

シャローエリアや、ここぞという場所で使用する場合は「1g〜2g」が有効になります。
ディープエリアでは「6g〜7g」のシンカーが飛距離を出しやすく、沈下スピードも速いので有効になります。

選ぶポイント2:シンカーの素材で選ぶ

ライトキャロシンカーの素材は「鉛」と「タングステン」の2種類があります。
鉛素材は、タングステンに比べ安価なので手に入れやすいです。
しかし、すぐ変形したりするので長くは使用できません。

タングステン素材は、比重が重いため、鉛素材のシンカーと重さが一緒でもコンパクトにすることができます。

シンカーが小さいと、魚からのシンカーの違和感を軽減させるほか、障害物のスリ抜け性能もよくなります。

また、感知能力も優れているので、ライトキャロで使用するには最適なシンカーと言えます。

スポンサーリンク

ライトキャロシンカーおすすめ人気6選【コスパ最強】

Bait Breath(ベイトブレス) ラウンドキャロシンカー 1.5g

それでは実際におすすめの「ライトキャロシンカー」をご紹介していきます。
人気ランキング上位のものから、コスパに優れた商品を2つ厳選しました。
ぜひ参考にしてみてください。

カツイチ(KATSUICHI)

【カツイチ】デコイ CS-1B飛ビキャロシンカーブラック2.5g

ライトゲーム専用に開発されたライトキャロシンカーです。
リグ絡みが少なく快適に釣りをすることができるアイテムです。

また、低比重な無鉛スズ合金を採用しているので、潮流変化を掴みやすく、レンジキープ力に長けています。

Bait Breath(ベイトブレス)

【ベイトブレス】ラウンドキャロシンカー 1.5g

樹脂タングステン素材を採用したライトキャロシンカーです。
丸型の形状をしているので、魚に違和感を与えにくくなっています。

また、根掛かり回避能力とドラッキング時のボトムトレース感度にも優れています。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】月下美人 TGアジングシンカー

ティアドロップ型の形状を採用したライトキャロシンカーです。
空気抵抗を受けにくい形状なため、軽量なシンカーでも抜群の飛距離を出すことができます。

また、ラバーキャップも同封されているので非常に使い勝手が良いです。

JACKALL(ジャッカル)

【ジャッカル】JKタングステンシンカー キャロライナ ラウンド

ラウンド形状を採用したライトキャロシンカーです。
素材には高比重タングステンを採用しているので、ボトム感知能力に優れるほか、岩場の隙間などに挟まりにくくなっています。

JACKALL(ジャッカル)

【ジャッカル】キャロライナ スティック

製品名にある通り、棒状の形状をしたライトキャロシンカーです。
この形状はスリ抜け性能が非常に高く、根掛かりのリスクを軽減してくれます。

また、タングステン素材を採用しているので、コンパクトなシルエットを実現しています。

ティクト(TICT)

【ティクト】Mキャロ Ver.2

バックスライドフォールを得意とするライトキャロシンカーです。
アクションを加えると、リグは沖へ向かって引っ張られるように沈んでいきます。
そのためレンジキープをさせやすくなっています。

また、アタリがしっかり手元に伝わる高感度設計になっているので、サーチ力も優れています。

スポンサーリンク

【2022年新作】おすすめのライトキャロシンカー2選

ダイワ(Daiwa) シンカー アジング メバリング 月下美人 TGアジングシンカー 2g 850308

最後に2021年以降に発売された「ライトキャロシンカー」を2つご紹介します。
新製品を使い、2022年の釣りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

YZD

【YZD】バレットシンカーセット

シンカーに軟質チューブが内蔵されたキャロライナシンカーです。
シンカーとラインが擦れるのを防ぎ、ラインブレイクを軽減させます。

鉛素材を採用しているので、非常に安価なのでロストを気にすることなく、積極的にアプローチを仕掛けることが可能になります。

オーエスピー(O.S.P)

【O.S.P】シンカーウィップ シャッドキャロ用

シャッドキャロライナリグ専用設計のシンカーです。
マットブラックカラーのタングステン素材を採用しているので、水中でのギラつきを抑えます。

また、貫通ワイヤー方式を採用しており、シンカーを完全固定させることができます。

スポンサーリンク

ライトキャロシンカーについてまとめ

JACKALL(ジャッカル) シンカー JKタングステンシンカー キャロライナ ラウンド 5.0g (3/16oz) 3個入

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】ライトキャロシンカーおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • ライトキャロシンカーの選び方
  • ライトキャロシンカーおすすめ人気6選【コスパ最強】
  • 【2022年新作】おすすめのライトキャロシンカー2選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】ヘビキャロシンカーおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も
釣り師さん必見です!今年度激推しのヘビキャロシンカーはこちら!今回、釣りラボでは、ヘビキャロシンカーの特徴、おすすめのヘ...
【2022年】ライトキャロ用ロッドおすすめ人気ランキング10選!選び方やコスパ最強製品も
ライトキャロに最適なロッドは一体何なのでしょうか?今回、釣りラボでは、ライトキャロ用ロッドの特徴、おすすめのライトキャロ...
【2022年】おすすめ釣りライト15選!首掛け式やヘッドライトなど選び方も解説
特に夜釣りの際に大活躍する釣り用ライトですが、機能性や形などに様々な種類があり、どれを選べば良いのか迷ってしまいますよね...
【2022年】アジング用シンカーおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も
鯵を狙うならこちら!今年度激推しのアジング用シンカーはこちら!今回、釣りラボでは、アジング用シンカーの特徴、おすすめのア...
【2022年】ロックフィッシュ用シンカーおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も
ロックフィッシュゲームに挑戦したい方必見!今年度激推しのロックフィッシュ用シンカーはこちら!今回、釣りラボでは、ロックフ...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

オモリ・シンカー
釣りラボマガジン