【2020年】オフショアジギング用ルアーおすすめ7選!選び方や最新商品もご紹介!

初心者でも大型の魚を船上から狙えることで人気のあるオフショアジギングですが、ルアー(メタルジグ)の種類も豊富で選ぶのが難しく感じる方も多いのではないでしょうか?今回、釣りラボでは、ルアーの選び方から人気商品、最新商品までご紹介します!

ジギング
スポンサーリンク

そもそもオフショアジギングとは?

ダイワ(DAIWA) メタルジグ ソルティガ TBジグ 24cm-200g フラッシュ・パラグロー ルアー

そもそもオフショアジギングとはどのような釣りのことを呼ぶのでしょうか。
オフショアジギングは、岸から離れた場所(船上)で行なうメタルジグを用いたルアーフィッシングのことです。

岸から釣るメタルジグを用いたルアーフィッシングをショアジギングと呼んでおり、ショアジギングと区別するために使われることがあります。

スポンサーリンク

オフショアジギング用ルアーの選び方

シャウト! 104LC ランス 160g #38 AT アルミタチウオ

オフショアジギング用ルアーの選び方について解説します。
オフショアジギングとショアジギングとの最も大きな違いは、ショアジギングに比べメタルジグを遠投することが少ないということにあります。

もともと船の上で行なうジギングなので、メタルジグを飛ばすよりも、海の深いところまでメタルジグを届けることが重要になります。

選ぶポイント1:メタルジグの種類

オフショアジギングに用いるメタルジグを選ぶポイントのひとつめに、メタルジグの種類があります。

メタルジグを提供しているメーカーには、オフショアジギング用として提供しているメーカーもあれば、特にオフショアジギング用としてルアーを提供していないメーカーもあり、オフショアジギング用のメタルジグに特定の種類はありません。

一般的に良く使われるオフショアジギング用のメタルジグは細長い形状をしているものが多いのが特徴です。

セミロングやロングと呼ばれるものがオフショアジギング用として使われています。
飛ぶ距離ではなく、沈んでいく際(フォール)の際のアピールを重視しているからです。

長さは15cm以上で25cm以下などとても長いものもありますが、魚は自分の体長の半分位の長さのルアーにもバイトするので、長すぎるということは無いのです。

もちろん細長くない形状でオフショアジギング用と銘打ったメタルジグ(ルアー)もあります。

選ぶポイント2:メタルジグの重さ

オフショアジギングで使用するメタルジグを選ぶポイントのふたつめに、メタルジグの重さがあります。

オフショアジギングで使用するメタルジグ(ルアー)重さは、一般的には狙う水深の2倍の重さをベースに考えれば良いでしょう。

例えば、20mの深さを狙うのであれば40g、50mの深さを狙うのであれば100gといった具合で、オフショアジギング用であれば300g程度のものも用意されています。

あとは潮の流れが早い場合は重さを重く加減する必要があります。
もちろん50mの深さで150gや200gのメタルジグを使っても問題ありませんが、ロッドにはロッドに適したルアーの重さがあるので、H.P.などで重さは確認しておきましょう。

選ぶポイント3:メタルジグの色・カラー

オフショアジギングに用いるメタルジグの選び方のポイントとして、メタルジグの色・カラーも重要です。

メタルジグのカラーを大別すると、次のようなものがあげられます。

ブルピンの特徴

ブルピンは、ブルー色とピンク色を持つメタルジグ(ルアー)で、定番と言われています。
特に青物を狙うアングラーはブルピンを選ぶ場合が多いです。

ピンクの特徴

ピンクは、ピンクを主体としたカラーで、全体がピンクン物の他にピンクとベージュの組み合わせなどもピンクに含まれます。
ピンクはオフショアの他に、ショアでも好まれるカラーです。

シルバーの特徴

シルバーは、フラッシング機能が非常に高いメタルジグで、青物はもちろんですがロックフィッシュなどにも効果があるカラーです。

ゼブラグローの特徴

ゼブラグローは全体にシマウマのような模様のあるメタルジグでゼブラ模様がグローカラーとなっています。
海では、深くなればなるほど光が届かなくなるので、暗いところでも発光するグロー系のルアーは強烈にアピールします。

レッドゴールドの特徴

レッドゴールドは、赤から黄色(金色)までの色を網羅しているカラーで暗いところでも良く見えるのでマズメ時に効果を発揮します。

グリーンゴールドの特徴

グリーンゴールドは、緑と黄色(金色)をあわせ持つカラーで、色々な状況でも釣果を期待でき、青物からロックフィッシュまで狙えるカラーです。

ライブの特徴

他にはライブと呼ばれ、ベイトフィッシュの色調に合わせたメタルジグ(ルアー)なども提供されています。

これらのカラーとケイムラやグローを組み合わせたものもあり、天候や狙う深さ、マズメ時等の時間等、状況に合わせて複数のカラーを準備するのが良いでしょう。
もちろん、ひとつのカラーのみで頑張るのもありです。

なお、ショアで使うジギング用ルアーについて知りたいという方は、こちらの記事もご覧ください。

スポンサーリンク

おすすめのオフショアジギング用ルアー5選!

シマノ(SHIMANO) メタルジグ オシア スティンガーバタフライ キングスラッシャー 215mm 240g アカキンシャイナー 06T JT-324P ルアー

おすすめのオフショアジギング用ルアー5選をご紹介します。

【ダイワ】ソルティガTBジグ

巨大なブリなどもオフショアジギングで狙うことのできるダイワ独自のレジストウィング構造を持つメタルジグです。

表面にホログラム模様を持ち、ロッドアクションによる動きとホログラムですれた魚を狙うロングタイプのオフショア用のメタルジグです。

【シャウト】ランス

槍に似た形状でまっすぐ進むことを特徴としたセミロングタイプのメタルジグで横方向の動きよりも縦方向の動きを重視しました。

泳ぐ力の弱い小魚が逃げまどうようなアクションを再現することで、ターゲットの魚のバイトを誘います。

【シマノ】オシア スティンガーバタフライキングスラッシャー

左右非対称の形状で、複雑な動きによりターゲットを誘い、細身の形状は引く際の抵抗を低減し軽さを感じます。

重さは120g〜240g、長さは171mm〜215mmとバリエーションもあり、カラーの違いも合わせ、さまざまな状況に対応できます。

【ジャッカル】バンブルズジグセミロング

青物狙いのオフショアジギング用のメタルジグで、片身が盛り上がっている左右非対称の形状で鋭い動きを実現しました。

メタルジグのサイズに合わせたフックが標準で付属しており、メタルジグの基本性能を最大限に発揮します。

【ハヤブサ】ジャックアイスイッチ

万能と言っても良いハヤブサのセミロングタイプのオフショアジギング用のメタルジグで、さまざまなアクションに対応します。

ケイムラやグローなど光を放つカラーを主体とした8種類のカラーバリエーションを持ち重さは100g〜300gと幅広く提供されています。

スポンサーリンク

【2020年新作】おすすめのオフショアジギング用ルアー2選!

JACKALL(ジャッカル) メタルジグ バンブルズジグ セミロング 100g G048 アカキン/マグマウェーブホロ

では、最後に2020年に発売された新作のオフショアジギングルアーを2つご紹介します。

【メジャークラフト】ジグパラ バーチカル タングステン

高い比重のタングステンを用いたメタルジグで、小型ながら重さがあるので、フォール速度も早くボトムをいち早くとることができます。

マダイの他に青物や根魚などにも効果のあるメタルジグで、あらゆるアクションに対応できる形状になっています。

【アブガルシア】ソルティステージ ビジャメタル

シャクッた後にフォールをすることで、弱弱しいベイトフィッシュを表現す前方重心非対称形状のオフショアジギングに向いたメタルジグです。

重さは100g〜200g、長さは144mm〜195mmと長さと重さを兼ね備え、深い海のターゲットにアピールします。

スポンサーリンク

オフショアジギング用ルアーについてまとめ

ハヤブサ(Hayabusa) メタルジグ ジャックアイ スイッチ 100g FS427#7 ケイムラアカキンシルバー

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2020年】オフショアジギング用ルアーおすすめ7選!選び方や最新商品もご紹介!」というテーマに沿って、「そもそもオフショアジギングとは?」「オフショアジギング用ルアーの選び方」「おすすめのオフショアジギング用ルアー5選!」「【2020年新作】おすすめのオフショアジギング用ルアー2選!」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼ネットで釣具を買うならAmazonプライム

Amazonプライム会員なら

釣具の配送料が無料になるだけでなく、動画や音楽も利用し放題になります。

初回30日間は無料で試すことができます。
釣具を通販でよく買うという方は、一度体験してみてはいかがでしょうか?

▼「釣具の高価買取」で「新しい釣具の購入資金」をGETするなら【JUST BUY】

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2020年】オフショアジギングにおすすめのPEライン7選とリーダー5選をご紹介
オフショアジギングとは船の上から大物を狙うことができ、初心者にも人気の釣り方です。今回、釣りラボでは、そんなオフショアジ…
【2020年】オフショアジギングにおすすめなショックリーダー7選!選び方や結び方もご紹介
オフショアジギングとは船の上から大物を狙うことができ、初心者にも人気の釣り方です。今回、釣りラボでは、そんなオフショアジ…
【2020年】オフショアジギングロッドおすすめ11選!初心者〜上級者向け人気商品をご紹介
オフショアジギングでは、最もスタンダードなジギングを楽しむことができます。今回、釣りラボでは、オフショアジギングロッドの…
【2020年】オフショアジギングにおすすめのベイトリール8選!ダイワ・シマノの人気商品も
オフショアジギングで、ベイトリールを使う人が増えています。今回、釣りラボでは、そんなオフショアジギングにおすすめのジギン…
【2020年】おすすめのルアー17選を種類別に紹介!選び方・結び方・付け方も解説
ルアーとは、簡単に言えば擬似餌のことです。このルアーを使ったルアーフィッシングはとても人気があります。今回、釣りラボでは…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Facebook・Twitterにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン