【2022年】キャスティングタイラバ向けロッドおすすめ8選!選び方や人気新製品も

キャスティングタイラバとは、タイラバをキャストして真鯛を狙う釣りのこと。それに合ったロッドを選べば、釣果がアップします。今回、釣りラボでは、キャスティングタイラバに向いているロッドの選び方や人気商品を紹介していきます。

タイラバロッド タイラバ

キャスティングタイラバとはどんな釣り?

ダイワ(DAIWA) タイラバロッド 紅牙 AP(エアポータブル) C69MHS-S AP 釣り竿

キャスティングタイラバという釣りをご存じでしょうか。
その名の通りタイラバをキャストしてマダイを狙っていく釣りです。

タイラバは基本的にキャストせずに上下の動きでマダイを誘う釣りです。
対してキャスティングタイラバはタイラバをキャストすることで横・斜めにタイラバを動かしマダイを狙います

キャスティングタイラバの強みは広範囲を探ることができること、周りとアプローチを変えることで釣果に繋がることです。

キャスティングタイラバのロッドの選び方

シマノ(SHIMANO) ロッド 20 炎月(エンゲツ) SS キャスティング S66M 投げやすさ重視

キャスティングタイラバロッドは通常のタイラバロッドとはスペックが異なります。
通常のタイラバロッドはベイトモデルが主流ですが、キャスティングタイラバはキャストしやすいようにスピニングモデルが主流です。

各メーカーのタイラバロッドシリーズの中でもキャスティングモデルが設定されています。
キャスティングタイラバのロッドの選び方を紹介します。

長さは6~7フィート

通常のタイラバは基本的に船から落とす釣りです。
ですのでタイラバロッドは短めの5~6フィートが基準の長さとして多くラインナップしています。

しかし、キャスティングタイラバのロッドはキャスティング性能も重要となってきますので、通常のタイラバロッドより少し長めの6~7フィートを選ぶのが良いでしょう。
タイラバの遠投性能が上がりますし、船からのタイラバゲームの場合は波の動きを吸収してくれる役割があります。

船メインのキャスティングタイラバで取り回しの良さを重視するなら6フィート、サーフメインでの飛距離重視であれば7フィート以上を選ぶと良いでしょう。

ルアーウェイトは40g前後

タイラバの重量は幅広く軽いものでは30グラム程のタイラバから、重いものでは150グラムを超えるタイラバもあります。
浅場には軽いタイラバ、深場や流れが速い時は重いタイラバを使うことが多くあります。

キャスティングタイラバはキャストのしやすさを考慮して重量は30~50グラム前後のタイラバが多くラインナップされています
基本的にはキャスティングタイラバの重量に合わせてロッドパワーを選んでいく必要があります。

30~50グラムのタイラバを使いやすいのはおおよそL~MLクラスのロッドパワーとなります。
キャスティングタイラバ用ロッドを選ぶときは参考にしてください。

キャスティングタイラバのおすすめロッド4選

エバーグリーン ポセイドン スパリッドマスター PSMS-70L/M

タイラバロッドと言えばダイワの紅牙やシマノの炎月シリーズがありますが、おすすめしたいロッドはそれだけではありません。
キャスティングタイラバにおすすめのロッドを4本紹介します。

初心者向けのキャスティングタイラバロッドと上級者向けのキャスティングタイラバロッドを紹介します。
ご自身のレベルに合わせて参考にしてみてください。

初心者向けのキャスティングタイラバのロッド2選

まずは、初心者向けのおすすめキャスティングタイラバロッドを2つご紹介します。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】紅牙 エアポータブル

紅牙エアポータブルは汎用性・携帯性に優れたタイラバロッドです。
これからキャスティングタイラバを始めようという初心者でも手を出しやすい価格設定でコストパフォーマンスに優れた一本です。

シマノ(SHIMANO)

【シマノ】炎月SS S66M

シマノのタイラバブランドである炎月シリーズのキャスティング用モデルがS66Mです。
タイラバの投げやすさを重視したしなやかなロッドはキャスティングタイラバ初心者でも扱いやすいロッドと言えます。

上級者向けのキャスティングタイラバのロッド2選

続いて、上級者向けのおすすめキャスティングタイラバロッドを2つご紹介します。

エバーグリーン(EVERGREEN)

【エバーグリーン】ポセイドン スパリッドマスター PSMS-70

エバーグリーンのタイラバロッドの中でも、底をとった後は斜めや横に巻いて狙っていくキャスティングタイラバに特化させたモデルがスパリッドマスターPSMS-70です。
飛距離を出す柔軟さを持ちながらシャローでも戦えるパワーを持っているので、この一本でサイズアップを狙っていけます

アブガルシア(Abu Garcia)

【アブガルシア】エラディケーター セブン スペシャル

ラディケーターセブンスペシャルはカーボンフルソリッドの超高感度タイラバロッドです。
250gまでのヘビーウェイト対応なので、流れのはやい場所でのキャスティングタイラバでも流されることなくしっかりと狙っていくことができます。

【2021年〜2022年新作】キャスティングタイラバのロッド4選

アブガルシア(Abu Garcia) ロッド スピニング エラディケーター セブン スペシャル ESSS-74UL60-FS-L 船竿 マダイ タイラバ スピニングロッド 1ピース 宮崎船長 フルソリッド

最後に、2020年以降に発売されたキャスティングタイラバ向けのロッドを2本紹介します。
釣りのタックルは日々進化を続けています。

最新のタックルを装備して2021年シーズンのキャスティングタイラバを楽しんで見てはいかがでしょうか。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】紅牙 AIR タイプC

2021年3月に発売されたダイワのタイラバ用ロッド紅牙AIRのタイプCはキャスティングタイラバ用にチューニングされたモデルです。
軽量・高感度のロッドでありながらキャスティングタイラバにぴったりの遠投性能を持っているので広く探りたい場面にばっちりハマるキャスティングタイラバロッドです。

JACKALL(ジャッカル)

【ジャッカル】ビンビンスティックHS BS-S69ML-HS

ジャッカルのタイラバロッドであるビンビンスティックはソリッドティップを採用しており、その名の通り超高感度が特徴のロッドです。
キャスティングタイラバ向きのモデルも高感度で掛け調子の仕様となっているので積極的に狙っていく方におすすめしたい一本です。

シマノ(SHIMANO)

【シマノ】炎月XR S70M+

2021年度発売のシマノ製ハイスペックモデルです。

落とし込み、振り込みだけでなく、スパイラルガイドも搭載しているので、右巻き・左巻きに関わらず、しっかりとしたキャストにも対応しています。
キャスト時にありがちな糸絡みも対策されていますので、ストレスなく釣りに専念出来ます。

また、キャスト後は、硬めのブランクスを採用しているので、狙ったレンジをリトリーブでき、魚を掛けた後は、真鯛の強烈な突進力を受け止めきれる胴を持ち合わせたモデルです。

アブガルシア(Abu Garcia)

【アブガルシア】XLSS-992M40

ソルティーステージ プロトタイプ ライトショアジギング XLSS-992M40は、2021年にアブガルシアから発売された、ライトショアジギングロッドになります。

昨今人気の、手軽にマダイをキャッチ出来る、ショアから深場を攻略するキャスティングタイラバや、ブラーマダイゲームなどで使用されることが多いSLJロッドの中でも、当ロッドは、ベリーの弾性が強く、大遠投からのドテラスイミングで、ボトムからミドルレンジの大マダイを確実に獲る事が出来るロッドです。

キャスティングタイラバのロッドについてまとめ

ダイワ 21 紅牙 AIR C610MS TG・N

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】キャスティングタイラバ向けロッドおすすめ8選!選び方や人気新製品も」というテーマに沿って、

  • キャスティングタイラバとはどんな釣り?
  • キャスティングタイラバのロッドの選び方
  • キャスティングタイラバのおすすめロッド4選
  • 【2021年〜2022年新作】キャスティングタイラバのロッド4選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

キャスティングタイラバロッド
さらに探すならこちら!

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】タイラバロッドおすすめ人気22選!コスパ最強商品から最高峰ハイエンド製品まで
マダイを釣る時に利用するタイラバロッド。今回、釣りラボでは、タイラバロッドの選び方、マダイ以外に釣れる魚、人気メーカー、...
【2022年】シマノのタイラバロッドおすすめ人気ランキング11選!特徴や新製品もご紹介
シマノのタイラバロッドは、多くの釣り好きに愛される釣具であり、非常に人気・評判が高いです。今回、釣りラボでは、シマノのタ...
タイラバロッドの代用にできるロッドの条件とは?おすすめの商品や注意点も解説
タイラバロッドは他のロッドで代用できるのでしょうか?今回、釣りラボでは、タイラバロッドの特徴を紹介するとともに、代用でき...
【2022年】ダイワのタイラバロッドおすすめ人気ランキング12選!特徴や新製品もご紹介
ダイワのタイラバロッドは、多くの釣り好きに愛される釣具であり、非常に人気・評判が高いです。今回、釣りラボでは、ダイワのタ...
【2022年】ディープタイラバロッドおすすめ人気ランキング9選!選び方や新製品もご紹介
ディープタイラバロッドには何を選ぶべきなのでしょうか?今回、釣りラボでは、ディープタイラバロッドの特徴、おすすめのディー...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

タイラバロッド
釣りラボマガジン