【2022年】おすすめのビッグベイト15選!おすすめのロッド・リールもご紹介

シーバス・バス釣りの際に使われることが多いビッグベイト。今回釣りラボでは、そんなビッグベイトの魅力やおすすめのビッグベイト10選をブランド別に紹介します。2022年の新製品2選や、ビッグベイトにおすすめのタックルも紹介するので、ぜひ最後までご覧ください。

ルアー バス釣り

ビッグベイトとは

GAN CRAFT(ガンクラフト) ルアー 鮎邪ジョインテッドクロー178 F #01邪鮎.

ビッグベイトとは、簡単にいうと、大きいルアーのことです。

大きさは150mm以上のものを指すことが多く、200mm以上の大きなものもあります
リップ付きタイプと、リップレスタイプがあります。

リップ付きは、感度が良いですが、リップレスタイプは、感度が少ない分、動きがナチュラルになります。
初めてのビッグベイトの方は、小さめのものから投げてみると良いでしょう。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

シーバス・バス釣りに最適!

ビッグベイトは、シーバスやバス釣りに最適のルアーです。
特に大物を狙いたいならビッグベイトは最適なルアーになります。

シーバス釣り

シーバスで70cm位の大物や良型を狙いたいなら、ビッグベイトが最適です。
ビッグベイトを泳がせるだけで、大型のシーバスが追ってきます。

バス釣り

ビッグベイトはバス釣りにも最適です。
泳がせているだけで大物が釣れ、通常のバスより強い引きを楽しめます。
大きいバスを釣り上げると、達成感も大きいです。

ビッグベイトのメリット・デメリット

ビッグベイトはとても有能なルアーですが、大きいだけに、メリットやデメリットがあります
ビッグベイトの性質をよく理解しておくと、効果的に使うことができるでしょう。

ビッグベイトのメリット

ビッグベイトのメリットは、大物が釣れること、大物とのファイトが楽しく、釣り上げた時の満足感が大きいことです。

シーバス釣りでは、ビッグベイトを使うことで、狙いではないセイゴやフッコがかかってしまうことを避けられます。

ビッグベイトのデメリット

ビッグベイトのデメリットは、大物しか釣れないこと、ポイントに大物しか居ない場合、釣果が全く上がらない可能性があること、キャスト時とても重く、遠投しにくいことや、長時間使うととても疲れてしまいやすいことです。

【ブランド別】おすすめのビッグベイト11選!

GAN CRAFT(ガンクラフト) ルアー ジョインテッドクロー改148 エイムス 15SS #AS06 イナッコ

ビッグベイトは大物を狙う時に適していて、ビッグベイトの良さを活かせば釣りの戦略の幅が広がります。

ブランド別におすすめのビッグベイトを10種類選びました。
これからの作戦の1つとして、ビッグベイトを加えてみてくださいね。

ガンクラフトのおすすめビッグベイト2選

ガンクラフトは、「見ていて楽しい、使っていて楽しい、持っていて楽しい」をコンセプトに、「釣れるルアー」を開発しているブランドです。

アングラー目線で作られているからこそ、独創性を持ちながら、釣れる良いルアーを提供できるのでしょう。

【ガンクラフト】ジョインテッドクロー 178

ガンクラフトと言えば、「ジョイクロ」だと思われている方も多い元祖S字形のリップレスルアーです。

アクションは簡単で、ただ巻きをするだけで、S字形の動きをしてくれます。
S字形の動きとは、くねくねとS字を描くように動くアクションのことです。

S字形のアクションは、獲物の動きと似ているため、バスを引き寄せやすいのです。
バスはもちろんですが、シーバスなど海での釣りにも適しています。
初心者にもおすすめのビッグベイトです。

【ガンクラフト】ジョインテッドクロー改 148

ジョインテッドクローの軽量版です。
重さも35gと軽量なので、Hのロッドでもぎりぎり投げることが可能です。

サイズダウンしたことで、振り幅が少し狭くなり、ハイピッチなS字を描きます。
ハイピッチなS字のお陰で、狭いポイントやスレたビッグバスにも確実にアピールでき、威力を発揮します。

ジョインテッドクローと使い分けするのも戦略が広がります。

ジャッカルのおすすめビッグベイト2選

世界中のアングラーを相手に、独自性や面白さのある釣りグッズを展開しているジャッカルのビッグベイトをご紹介します。

【ジャッカル】ビッグベイト ガンタレル 160mm 70g

バスの攻撃本能を引き出すビッグベイトをお探しなら、ガンタレルをおすすめします。
ガンタレルの見た目はブルーギルそのもので、ただ巻きでも十分にアピール力がありますが、一番のポイントはリトリーブからのトゥイッチによる180°振り向きターンです。

振り向きターンはまるで威嚇するような動きで、バスのリアクションバイトを誘うことができます。

トゥイッチをどこで使うか、考えながら使うのも楽しいですね。
攻撃的にバスと戦いたいなら、ガンタレルをお使いください。

【ジャッカル】ビッグベイト チビタレル 43.5g 130mm

スモールフィールドに合わせてリサイズしたガンタレルの縮小版です。

ガンタレルシリーズの強さは、誘いの中にトゥイッチを入れることで180°振り向きターンし、バスに威嚇できるリアクションバイト狙いです。

ガンタレル、ギガンタレルと共に大きさも使い分ければ、戦略の幅が広がります。
1つ買うとつい、他のサイズもほしい、と思ってしまうことでしょう。
飾っておくだけでも存在感のある、チビタレル、お1ついかがですか。

シマノのおすすめビッグベイト2選

シマノは、90年もの歴史と伝統の積み上げから、ユーザーの「理想」を形にすることを大切にしているメーカーです。
まさに理想的なビッグベイトをご紹介します。

【シマノ】バンタム ビーティーフォース 190mm 50g ZT-119Q

完成度の高い、サーフェス系リップ付きビッグベイトをお探しでしたら、シマノのルアービッグベイトバンタムビーティーフォースをおすすめします。

しっぽ部分からはキャスト後すぐのファーストリトリーブで泡とスプラッシュがシュワシュワと出てルアー後方をカモフラージュします。

ワイドリップによる強波動とロールウェイトによる低音ラトルがバスを威嚇し、リアクションバイトを狙えます。

表層狙いなら、ぜひバンタムビーティーフォースをお使いください。

【シマノ】バンタム Btスラプター ZR-818S

追ってくるのに食いついてくれない、というバスには、シマノルアーバンタム ビーティスラプターをおすすめします。

ビーティースラプターは、バイトのきっかけを作るのがとてもうまいのです。
ただ巻きから、リトリーブスピードを変えると、水面方向に軌道を変え、ベイトが逃げ惑う様子を表現できます。

ネイルシンカーでスローフローティング〜スローシンキングに調整することができます。
1つのビッグベイトでいくつもの動きが可能なビーティースラプターを、タックルボックスに加えてみませんか。

エバーグリーンのおすすめビッグベイト2選

エバーグリーンは、「使える」道具を提供したいという考え方のもと、製品テストを繰り返すことで、丁寧にもの創りをしているブランドです。
こだわり抜かれた技が光るビッグベイトを御覧ください。

【エバーグリーン】ティンバーフラッシュ

エバーグリーンティンバーフラッシュは、ウッド製の手作りリップ付きビッグベイトです。
アクションは、スローリトリーブで強烈な水押しや、サウンド&テールスプラッシュがあります。

よりバーサタイルに釣ることができるよう、深いところにいるバスにもアピールさせられる、最大1.2mの潜行能力が設計されています。

見た目にもこだわり、アルミのキラキラをよりベイトフィッシュに似るように加工しています。
手作りでこだわり抜かれたビッグベイトで、バーサタイルに戦ってみませんか。

【エバーグリーン】ビッグベイト エスドライブ

エバーグリーンのビッグベイト、エスドライブは、リップレスジョイントであることが特徴です。

普通に巻くだけで、極めてナチュラルにS字を描いてくれます。
あまりにナチュラル過ぎて、バスはエスドライブをえさだと思ってしまい、自然にパクリ。

水押アピールが強いので、シーバスにも有効なビッグベイトです。

デプスのおすすめビッグベイト2選

デプスはビッグバスをターゲットに高性能ルアーを世に送り出し続けているブランドです。
ビッグベイトにもデカバスにストイックなデプスらしさが現れています。

【デプス】ビックベイト サイレントキラー 175mm 2.5oz

サイレントキラーには、リアルなソフトシェルが使われています。
ソフトシェルを使うことで、独自の着水音が出て、限りなく本物に近い柔らかな波動と質感を実現しました。

前面部、後方部と素材が違うことにより、ただ漂っているだけでもバスを誘ってくれます。
放置でも釣れるビッグベイトをお探しの方にはサイレントキラーをおすすめします。

【デプス】ビッグベイト スライドスイマー SS 6.2oz 250mm

スライドスイマーは、記録級サイズしか釣れないビッグベイトです。
6.2oz(約176g)の大きなビッグベイトは、使うロッドもアングラーも選びます。
使いこなせば、リアクションバイトを誘発し、ビッグバスはあなたのものです。

アクションは、ただ巻きでS字形字アクションをし、中層をヌルヌルと蛇行する無警戒なベイトになりきります。
またただ巻き中にロッドを大きく煽ると、驚き水面に飛び出すベイトになります。

記録級サイズのビッグバスを狙うなら、スライドスイマーをお試しください。

【2021年〜2022年新作】おすすめビッグベイト4選

続いて、2020年に発売された新製品のビッグベイトを2つご紹介します。

【ジャッカル】ダウズスイマー 220SF コペトンスイマー

既に人気を博している3連ジョイント構造のビッグベイト「ダウズスイマー 220SF」に、2020年に新しいカラーが追加されました。
特徴は、キャスト時の安定した姿勢と左右に滑らかにS字を描いて泳ぐアクション、まるで生きているかのようにバスにアピールするテールパーツです。
追加カラーは視認しやすいこちらのコペトンスイマーのほか、マルハタジンライムとマルハタ落ち鮎の3種類です。

【デプス】ニュースライドスイマー 115

弱波動とソフトサウンドというコンセプトで生み出されたスライドスイマーシリーズから2020年にリリースされたのは、今までとは一味違うコンパクトなビッグベイトです。
注目したいのは、ABS樹脂製中空構造のコアをソフトシェルで包み、微細な波動を発生させるスプリングウェイトシステムを頭部に組み込んだというボディバランスです。
加えてジョイント部が肉厚になっており、アクションさせればナチュラルかつキレのある動きでバスを魅了します。

【ジャッカル】ダウズスイマー180SF

3連のジョイントボディはナチュラルなスラロームや切れのあるダートを演出し、バスにアピールし、また安定した飛行姿勢でロングキャストを行うことができます。
本物の魚のようなテールで、安定したリトリーブを行うことができます。

アゴ下にシンカーを装着できるアイを配置し、好みのレンジになるようにシンカーの重さを調節できます。

フック用のアイはスイベルタイプで、激しいファイトでもバスがばれることを少なくしています。

【ジャッカル】ダウズスイマー 180SF RTミラーオイカワ

2021年、ジャッカルから発売のビッグベイトになります。

ダウズスイマー 180SF RTミラーオイカワは、ジャッカルのビッグベイトの中でも一番人気のカラーになります。
天然魚そのものを彷彿させる泳ぎは、ブラックバスだけではなく、シーバスへも応用可能です。

ロッドアクションで過激なスライドダートをしますので、しっかりとした専用ロッドでコントロールするのが釣果アップのコツです。

【ラパラ】ストーム アラシ グライドベイト

ストーム アラシ グライドベイトは、2019年にラパラから発売された、2ozオーバーのブラッグバス用ビッグベイトになります。

ただ巻きが前提のビッグベイトルアーの中にあって、このルアーはサイトフィッシングに適したアクション性を兼ね備えており、早巻き、STOP&GO、ターンをロッドアクションで自在にコントロールが可能になっています。

ビッグベイトにおすすめのタックル

JACKALL(ジャッカル) ビッグベイト ガンタレル 160mm 70g RTハーフミラーヘラ ルアー

ビッグベイトにおすすめのタックルは、強いタックルです。
重い仕掛けをキャストするには、硬めのロッドと強いリール、そして太めのラインが必要です。

ロッド・釣竿

ビッグベイトを使う場合、ロッドや釣り竿には、硬めのベイトロッドを使いましょう。
お持ちのベイトロッドを使いたい場合、Hクラス以上なら使えるロッドがあるかもしれません。

ビッグベイトように専用ロッドを用意する場合、XHなどの専用ロッドをおすすめします。
XHなら、大きいビッグベイトでもキャスト可能です。

2ozならHクラスジグロッド、2~4ozなら、XHパワーのロッド、6oz超えのビッグベイトならジャイアントベイトロッドというのが目安です。

【ヤマガブランクス】バリスティック ベイト 710XH

ビッグベイトは重いけれど、しっかりキャストしたい、という方にはバリスティックベイト710XHビッグベイトをおすすめします。

バリスティックベイト710XHビッグベイトは、4 1/4oz(120g)までのルアーに対応し、ビッグベイトの使用を想定して作られたシーバスロッドです。

重さのあるビッグベイトを自在にキャストし、操作できるスペックと、扱いやすさを両立させています。

重いビッグベイトをうまくキャストするなら、バリスティックベイトをお使いください。

【メジャークラフト】DAYSベイト2ピース DYC-702X

DAYSベイト2ピースDYC-702Xは、ルアーウェイト⅜oz(10.5g)〜3oz(85g)まで対応しており、ビッグベイトのフルキャストが可能な釣竿です。

以前からある、DAYSをブラッシュアップし続けているうちに、釣ることのみに特化したため、シンプルなブランクスにたどり着きました。

シンプルなブランクスの内部には4軸方向にカーボン繊維を張り巡らせたので、シャープな軽さとトルク、パワーがあります。

感度もよく、バスの僅かなバイトを逃しません。
アマゾンでも、60クラスが釣れても余裕で抜き上げられ、168gの重さのパラムを投げても大丈夫だったという声もあります。

ビッグベイトのロッドにしてはコスパもよく、初めてのビッグベイトゲームにおすすめです。

【シマノ】エクスプライド 175H-SB/2

シマノのロッドエクスプライド175H-SB/2は、エクスプライドに最近追加されたばかりの新しいロッドです。

ルアーウェイト1/2oz(14g)〜2oz(56g)まで対応しているでデカバス設計です。
ビッグベイトゲームには絶対欲しい飛距離や精度を磨き上げており、扱いやすい釣竿です。
本場アメリカでも使えるストロングパワーを味わってみませんか。

リール

ビッグベイトを使いたいときは、リールはベイトリールで、ローギアのものがおすすめです。
ローギアのものは、巻き抵抗が強く、ビッグベイトには適しています。

【メガバス】LAUDA 58R 33651

ビッグベイトを投げるためには、ローギアのリールがトラブルも起きにくく良いとされています。
メガバスのラウダは、幅広いウェイトに対応しており、ギア比5.8:1のローギアです。

使いやすさにも重点が置かれており、ブレーキの強さをノンブレーキでもマグネットブレーキでも完全に制御でき、ブレーキの強さをワンタッチで変えられ、ライントランブルが起きにくい設計がされていて、贅沢な仕様になっています。

バーサタイルなリールですから、是非タックルの1つに加えてみてはいかがでしょう。

【ダイワ】リール スイッチヒッター LBD

「ビッグベイトならリールはローギア」と言われても、急いで巻き取らなきゃいけないときもある、という方にはダイワリールのスイッチヒッターLBDをおすすめします。

スイッチヒッターLBDは、ローギアとハイギアを切り替えられるという便利なリールです。
海水対応もされており、飛距離も伸ばせるので、シーバスゲームにもピッタリです。
ハイギア、ローギアどちらも使いたい方におすすめのリールです。

ライン(PE・ナイロン・フロロカーボン)

ビッグベイトは、重いのでラインが切れてしまうことが一番心配です。

ラインは太めPEラインの2〜3号かナイロンライン5号程度、フロロカーボン20lb以上がおすすめで、PEラインの場合はリーダーに20lb程度のフロロカーボンを直結すると切れにくいです。

【クレハ】シーガーPE X8 200m

海釣り用ですが、バス釣りでも活躍するPEラインです。

伸びにくく合わせやすい高感度のグランドマックス素材を使用し、8本組なので強度も抜群です。
ビッグベイトでの釣りにもとても使いやすいラインです。

ビッグベイトを遠くに飛ばしたい時には、シーガーPEX8をおすすめします。

【バークレイ】ナイロンライン 150m クリア Trilene Z

伸びにくく強い、でも、乗せやすくて遠投しやすい、ビッグベイトに適したナイロンラインは、バークレイナイロンライントライリーンZです。

ナイロンラインといえば、伸びやすく、合わせにくいというイメージが強いのではないでしょうか。

トライリーンZなら伸びにくいから合わせやすく、直線、結束どちらも最高クラスの強さです。

ナイロンラインは沈みにくいのでストラクチャーを攻める時にはとても使いやすいです。
ビッグベイトにナイロンラインを使うならトライリーンZをお試しください。

【クレハ】シーガー R-18フロロリミテッド 100m 20lb

ビッグベイトに使えるフロロカーボンラインといえば、クレハシーガーR-18 フロロリミテッドです。

耐摩耗性、結節強度、高感度性能は多くのアングラーを納得させています。

1回巻けば10釣行は使えるとのことですから、100mの短さでもコスパが良いのではないでしょうか。

もちろん、シーバスにもバスにも使えます。
ビッグベイトだけではなく、PEラインのリーダーに使うアングラーも多いです。

ビッグベイトのラインに迷ったら、R-18フロロリミテッドをお使いください。

スナップ

スナップを使うと交換したいと思った時に、すぐビッグベイトを交換できます
ビッグベイトをいくつか持っていって、ポイントに合うビッグベイトを見極めたいときなど、スナップを付けていると便利です。

【ボンバダ】オーヴォ BOMBADA

ボンバダは、世界の釣り旅をマテリアルに変えて送り出すブランドです。
スナップヌーヴォは、先進の熱処理技術により、世界最強クラスの圧倒的強度を実現しています。

軽量なので、ビッグベイトのアクションに影響を与えにくいです。
アングラーの行動を考え抜いたエッグシェイプデザインは、スナップを素早く交換しやすくなっています。

バスが違和感を感じないように、カモフラージュカラーを使用する念の入れようです。
小さいけれど、細かい配慮が行き届いたビッグベイト用スナップをお探しの方はスナップヌーヴォをお試しください。

【スタジオオーシャンマーク】オーシャンスナップ (OS3S)

ラインとビッグベイトを簡単にガッチリ結びつけたいならオーシャンスナップがおすすめです。

プライヤーなしで簡単接続できます。
ラインの結束部には、ノットの披露が少ない形状をしています。
ビッグベイトのスナップにはオーシャンスナップがおすすめです。

収納ケース

ビッグベイトは大きさがあるので、保管方法に迷いますよね。
ビッグベイトは、かなり長さがあるものもあり、狭いところに無理やりしまうと大事なテール部分が曲がってしまうなどのトラブルも起きます。

ビッグベイトは値が張るものも多いですからなるべく大切に扱いたいところです。

【MEIHO】バーサス VS-3010NDDM

長いルアーや高さのあるルアー、つまりビッグベイトの保管にピッタリの収納ケースです。

バーサスをいくつか揃えておけば、ビッグベイト以外のルアーケースとしても使うことができます。

釣行に行く際は、タックルボックスの中にバーサスを入れるだけでOKです。
バーサスを使いこなし、大切なビッグベイトをしっかり保管しましょう。

ビッグベイトのノット・結び方

JACKALL(ジャッカル) ビッグベイト チビタレル 43.5g 130mm RTスポーンギル

ビッグベイトをセッティングするにはどのようなノットで結ぶと良いでしょうか。

ビッグベイトには太いラインを結ばなければならないので、パロマーノットやユニノットなどの通常のノットで結ぶと、締め込みが弱くなります。
TNノットで結ぶことをおすすめ致します。

詳しくは動画を御覧ください。

ビッグベイトの自作方法

シマノ(SHIMANO) ビッグベイト バンタム ビーティーフォース 190mm 50g チャートギル 132 ZT-119Q ルアー

ビッグベイトを作ってみたいと思われる方もいるのではないでしょうか。
ビッグベイトの自作方法を簡単にご紹介致します。
ビッグベイトの材料は、木材、接着剤、ヒートン、オモリ、カラースプレーなどです。

使う道具は、糸鋸、木工用ヤスリ、サンドペーパー、ドリル、彫刻刀などです。
殆どの材料や道具は100均で揃えることも可能です。

自作方法

  1. 木に下絵を描きます。
  2. 木をのこぎりで切ります。
  3. ヤスリをかけます。
  4. ケガキ線を引きます。
  5. ヒートンを取り付けます。
  6. オモリをつけます。
  7. 塗装します。

こちらのYouTubeでも解説されています。

ビッグベイトまとめ

シマノ(SHIMANO) ルアー バンタム Btスラプター ZR-818S 006 ベイトギル

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】おすすめのビッグベイト15選!おすすめのロッド・リールもご紹介」というテーマに沿って、

  • ビッグベイトとは
  • 【ブランド別】おすすめのビッグベイト11選!
  • 【2021年〜2022年新作】おすすめビッグベイト4選
  • ビッグベイトにおすすめのタックル
  • ビッグベイトのノット・結び方
  • ビッグベイトの自作方法

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】シマノのリールおすすめ人気ランキング11選!特徴やコスパ最強の新製品も
シマノのリールは、多くの釣り好きに愛されるリールであり、ダイワのリールに並んで非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、...
【2022年】ダイワのリールおすすめ人気ランキング12選!特徴やコスパ最強の新製品も
ダイワのリールは、多くの釣り好きに愛されるリールであり、非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、ダイワのリールの特徴、...
【2022年】リールおすすめ人気ランキング17選|選び方・使い方・糸巻きのやり方
リールは、釣りをするに当たって必要不可欠な釣具です。今回、釣りラボでは、リールの選び方・種類・使い方・糸の巻き方・下巻き...
【2022年】おすすめのルアー17選を種類別に紹介!選び方・結び方・付け方も解説
ルアーとは、簡単に言えば擬似餌のことです。このルアーを使ったルアーフィッシングはとても人気があります。今回、釣りラボでは...
【2022年】おすすめコスパ最強のエギングロッド22選|ダイワ・シマノの人気商品は?【初心者必見】
エギングに必須の万能竿であるエギングロッド。初心者から上級者まで幅広いユーザーに利用されています。今回、釣りラボでは、エ...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

ルアー
釣りラボマガジン