【2022年】シャッドテールおすすめ人気ランキング6選!メリットやコスパ最強製品も

釣り師さん必見です!今是非手に入れたいシャッドテール厳選集はこちら!今回、釣りラボでは、シャッドテールの特徴、おすすめのシャッドテール、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品のシャッドテールをご紹介します。

ワーム

シャッドテールとは?

レイドジャパン (RAID JAPAN) フルスイング 4インチ (FULLSWING 4inch) ホワイトチャート

シャッドテールワームは、幅広く釣りで使用されるソフトベイトです。
淡水では「バス釣り」で使用され、海では「 シーバス」「青物」といった魚種をターゲットに使用されます。

シャッドテールの特徴は以下をご覧ください。

  • 小魚をイミテートした形状
  • ボディにテールを搭載したワーム
  • 水流を受けるように設計されたテールが規則的に左右に揺れる
  • スピナーベイトのトレーラーとして多用される

シャッドテールの選び方

ゲーリーヤマモト ハートテール 5inch GaryYamamoto HEART TAIL 341N/000 5inch

シャッドテールは汎用性が高いので、各メーカーから様々な種類のアイテムが発売されています。

また、100均のダイソーワームシリーズからもシャッドテールが販売されており注目度の高さが伺えます。

ここからは、シャッドテールの選び方や、おすすめの商品をご紹介していきます。
ぜひ参考にしてみてください。

選ぶポイント1: タイプで選ぶ

シャッドテールのタイプには大きく分けて2種類あります。

まず一つ目は、ボディの側面が平らになっているフラットな形状をしたタイプです。
スイミング時にボディをロールさせ、テールも動くのが特徴です。

二つ目はボディが丸みを帯びているラウンド形状をしたタイプです。
こちらのタイプは、テールの動きに特化しており、テールの動きが大きめな特徴があります。

選ぶポイント2:サイズ・カラー

シャッドテールに限らずルアーのサイズとカラーは、ターゲットの魚が捕食しているベイトを意識して選択しましょう。

マッチザベイトという言葉があるように、捕食しているベイトとかけ離れたサイズとカラーのルアーを選択すると賢い魚は口を使ってくれません。

釣り場でベイトフィッシュを意識し、シャッドテールのサイズとカラーを上手に合わせて選択していきましょう。

シャッドテールおすすめ人気6選【コスパ最強】

O.S.P オーエスピー ドライブシャッド Feco対応 4inch OSP DoLive Shad ▼181 ワイルドシャイナー 4inch

それでは実際におすすめの「シャッドテール」をご紹介していきます。
人気ランキング上位の商品から、コスパに優れたものを6つ厳選しました。
購入を検討している方は、 ぜひ参考にしてみてください。

レイドジャパン (RAID JAPAN)

【レイドジャパン】フルスイング

ボディバランスを徹底的に追求して開発されたシャッドテールです。
バランスが良いので超低速リトリーブ時にも、ボディ全体をダイナミックに揺らしながらスイムをしてくれます。

ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO)

【ゲーリーヤマモト】ハートテール

多くのアングラーから絶大な支持を受けるシャッドテールです。
シャッドテールの頂点とも言える王道のワームです。

ボディ全体に浅いリブが搭載されているので、優れた水噛みを実現し、ボディ全体でボブリングアクションをします。

オーエスピー(O.S.P)

【O.S.P】ドライブシャッド

安定した姿勢でフォールをしてくれるシャッドテールです。
フォール時に自発的アクションをし、生命感溢れる動きをしてくれるので、幅広い使い方ができる優秀なワームです。

初心者の方でも扱いやすいためおすすめのアイテムです。

JACKALL(ジャッカル)

【ジャッカル】アンモナイトシャッド

ボディにラトルホールが搭載しているので、音でもアピールができるシャッドテールです。
テールの付け根辺りにくびれを持たせることで水噛みをよくし、スイミング時にしっかりとテールが動いてくれます。

アピール力が非常に高く、集魚能力に優れているのでおすすめです。

エコギア(Ecogear)

【エコギア】パワーシャッド

力強いウォブリングアクションを得意とするシャッドテールです。
淡水・ソルト問わず使用でき、ジグヘッドリグが相性が良くおすすめです。

細身のボディシルエットを採用し、無駄なパーツを搭載せずシンプルな形状なので、魚に違和感を与えず喰わせに特化しています。

コアマン(COREMAN)

【コアマン】CA-02 アルカリシャッド

シーバスアングラーから高評価を得ているシャッドテールです。
ヘッド部分が平らな形状をしており、ジグヘッドとの相性が抜群にいいです。

ボディの長さが短いため、テールの振動が全体に伝わり、大きくローリングする特徴があります。

【2022年新作】おすすめのシャッドテール2選

JACKALL(ジャッカル) ワーム アンモナイトシャッド 4.5インチ キンクロシャッド

最後に2021年以降に発売された「シャッドテール」を2つご紹介します。
新製品を使い、2022年の釣りを楽しんでみてはいかがでしょうか。
ぜひチェックしてみてください。

JACKALL(ジャッカル)

【ジャッカル】デッドスローラー

障害物に潜むデカバスを攻略するために開発されたシャッドテールです。
その名の通りデッドスローアクションを得意とします。

水の抵抗を最大限生み出すように設計されたマルチリブが、安定したアクションを生み出しピンスポットでネチネチと誘うことができます。

レイン(Reins)

【レイン】バブリングシャッド

ボディにリブを搭載しているので、しっかりと水を噛み絶妙なバイブレーションを生み出すシャッドテールです。
シーバスに有効なアイテムなので、ぜひチェックしてみてください。

シャッドテールについてまとめ

エコギア(Ecogear) ルアー パワーシャッド 4インチ #158 スーパーホログラム/ピンクグロウ(夜光)

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】シャッドテールおすすめ人気ランキング6選!メリットやコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • シャッドテールとは?
  • シャッドテールの選び方
  • シャッドテールおすすめ人気6選【コスパ最強】
  • 【2022年新作】おすすめのシャッドテール2選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】シーバス用シャッドおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も
シーバス釣りに挑戦したい方必見!近年大注目のシーバス用シャッド厳選集!今回、釣りラボでは、シーバス用シャッドの特徴、おす...
【2022年】バス釣り用シャッドおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も
バス釣りに挑戦したい方必見!今手に入れたいバス釣り用シャッドはこちら!今回、釣りラボでは、バス釣り用シャッドの特徴、おす...
【2022年】青物用スピンテールジグおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も
スピンテールジグで青物釣りに挑戦する場合、何を選ぶべきなのでしょうか。今回、釣りラボでは、青物用スピンテールジグの特徴、...
【2022年】スピンテールジグおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も
「スピンテールジグ」のルアーにはさまざまな種類があるので、どれにするか悩む方も多いかと思います。今回、釣りラボでは、スピ...
ワームに関する記事一覧
ワームに関する記事一覧です。釣りラボマガジン(TSURI LABO)では、ワームに関連する様々な記事を多数掲載しておりま...