【2022年】ネコリグワームおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も

ワームにはさまざまな種類があるので、どれにするか悩む方も多いかと思います。今回、釣りラボでは、ネコリグワームの特徴、おすすめのネコリグワーム、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品のネコリグワームをご紹介します。

ワーム リグ

ネコリグワームの選び方

レイドジャパン ウィップクローラー 5.5インチ #023シナモン

ネコリグとは、ワームの先端にネイルシンカーを差し込みワームの中心にフックを刺して使用するリグです。

あまりによく釣れるため、「根こそぎ釣れるリグ」と言われ略してネコリグと呼ばれるようになりました。

名前の通り、食わせ能力が非常に高くワームがクネクネとボトムでアクションをし、ナチュラルに魚を誘うことができます。

スレた魚やプレッシャーの高いフィールドにおいて最後の手と言っても過言ではないです。

バス釣りのトーナメントでもプロが使用する定番テクニックです。

ここからネコリグワームの選び方のポイントを紹介します。

ネコリグ初心者の方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

選ぶポイント1:ワームの種類

ネコリグで使用するワームは主にストレート系ワームです。

各メーカーから販売されるネコリグ用ワームもストレート系ワームが多いです。

ネコリグでストレートワームを使用すると、シンカーを入れた側がボトムに付き立って泳ぎます。

アクションをするとボディ全体をくねらせてアピールすることが可能です。

選ぶポイント2:ワームのサイズ

ネコリグのワームは小さくて3インチクラスから、長いものでは10インチ以上のロングワームを使用します。

小さく短いワームは数釣りを楽しめ、プレッシャーの高いフィールドでの食わせに有効です。

大きく長いワームはアピール力が高いため魚のサイズを選び、デカバスに触れる確率も高くなります。
またワームの重さもあるため、ベイトタックルで使用できます。

釣りたいサイズや目的に応じて選択するといいでしょう。

選ぶポイント3:ワームのカラー

ワームには数え切れないほどのさまざまなカラーがあります。

水質やコンディションに合わせて使い分けが重要になります。

水が綺麗な場所では、魚に違和感を与えない透き通ったナチュラル系カラーが有効です。

水が濁っている場所では、チャートや黒などの目立つ色がオススメです。

カラーローテーションを繰り返し、反応の良いカラーを見つけましょう。

ネコリグワームおすすめ人気6選【コスパ最強】

JACKALL(ジャッカル) フリックシェイク 3.8インチ 土ミミズ

ここから実際におすすめのネコリグワームを6つご紹介します。

ネコリグは食わせ能力が高いうえ、ワームのロストが多いです。

そこでここでは、コスパがよく人気ランキング常連の商品を選びました。

ぜひ参考にしてみて下さい。

レイドジャパン

【レイドジャパン】ウィップクローラー

ワームの移動距離を抑える設計なため、ネチネチと誘えます。
魚が低活性な時などに有効です。

JACKALL(ジャッカル)

【ジャッカル】フリックシェイク

ストレート系ワームの王道で、大人気な名作ワームです。

真っ直ぐではなく微妙に歪んだ形状が、本物のミミズのような動きを演出します。

DUO(デュオ)

【デュオ】レアリス リグルクローラー

扁平ボディと中空テールを備えているため、水中でくねくねと揺らしながらフォールし、本物のミミズのような演出をしてくれます。

20本入りで低価格なためおすすめです。

ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO)

【ゲーリーヤマモト】カットテール

ゲーリーマテリアルという素材で作られており、柔らかく塩を多く配合しているため、魚が加えた時に違和感をあたえないのが、この素材の特徴です。

食わせ能力が高いワームなので、初心者の方におすすめです。

イッセイ(ISSEI)

【一誠】スパテラ

ネコリグの生みの親、村上晴彦さんのメーカーが発売しているワームです。

リブの深溝が水を多く掴み、アクションした際に水を掻き回す力を大きくします。
さらにテールが微波動を生み出し、魚にアピールしてくれます。

レイン(Reins)

【レイン】レインズスワンプ

他のストレートワームに比べボディが細めなのが特徴です。
この細さが魚へのプレッシャーを減らします。

またカバーなどの障害物の回避能力の高さも優秀です。

20本入りなので、ワームのロストも気にせず釣りを楽しめます。

【2022年新作】おすすめのネコリグワーム3選

DUO(デュオ) ワーム レアリス リグルクローラー4.8インチ F031 ミミズ

次に2021年2022年に発売された新製品から、おすすめのネコリグワームを2つご紹介します。

新作を使いどんどん釣果をあげていきましょう。

ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO)

【ゲーリーヤマモト】ヤマミミズ

実績抜群の超生命体マテリアルと呼ばれる、ゲーリー素材を採用しています。

頭からテールまで太さの違いがないノンテーパーワームというのがコンセプトになっています。
アクションがボディ全体にロールをしながら伝わるというのが特徴になっています。

豊富なカラーがありますので、フィールドの状況に合わせて選んでみて下さい。

JACKALL

【ジャッカル】ヤミーフィッシュ3.8

これまで3インチしか発売されていませんでしたが、3.8インチも登場しました。

重さが9gあるため飛距離はかなりでます。
陸っぱりの釣りにおいて、かなりのアドバンテージになります。

細長いフォルムなので、小魚や虫などを演出して使用してみましょう。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】スティーズ ネコストレート

スティーズ ネコストレートは、2020年にダイワが基本に立ち返って動きを突き詰めた、ネコリグ専用ストレートワームになります。

ネイルシンカーホールも採用され、ノーシンカーだけでなく、ずる引きによるシェイキングや、フリーフォールによるシューティング、カバーへの垂直落下も難なくこなし、インチを使い分けながら攻め切ることが出来ます。

ネコリグワームについてまとめ

GaryYamamoto/ゲーリーヤマモト カットテールワーム 5inch 208 ウォーターメロン/BK/RD 10ヶ入

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】ネコリグワームおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • ネコリグワームの選び方
  • ネコリグワームおすすめ人気6選【コスパ最強】
  • 【2022年新作】おすすめのネコリグワーム3選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】シマノのリールおすすめ人気ランキング11選!特徴やコスパ最強の新製品も
シマノのリールは、多くの釣り好きに愛されるリールであり、ダイワのリールに並んで非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、...
【2022年】ダイワのリールおすすめ人気ランキング12選!特徴やコスパ最強の新製品も
ダイワのリールは、多くの釣り好きに愛されるリールであり、非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、ダイワのリールの特徴、...
【2022年】リールおすすめ人気ランキング17選|選び方・使い方・糸巻きのやり方
リールは、釣りをするに当たって必要不可欠な釣具です。今回、釣りラボでは、リールの選び方・種類・使い方・糸の巻き方・下巻き...
【2022年】おすすめのルアー17選を種類別に紹介!選び方・結び方・付け方も解説
ルアーとは、簡単に言えば擬似餌のことです。このルアーを使ったルアーフィッシングはとても人気があります。今回、釣りラボでは...
【2022年】おすすめコスパ最強のエギングロッド22選|ダイワ・シマノの人気商品は?【初心者必見】
エギングに必須の万能竿であるエギングロッド。初心者から上級者まで幅広いユーザーに利用されています。今回、釣りラボでは、エ...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

ワーム
釣りラボマガジン